S川流れ

R345…S川の流れを何回走ったことだろうか?
S川流れとはどこからどこまでなのだろうか。
カン川~クワ川間と認識していましたが、会館内には狐崎~鳥越山間と謳ってありました。 
      今度、キッチリ11キロを測ってみよう。
カン川は集落名で、川は葡萄川が海に注いでいます。クワ川は集落も存在し川名もお同じです。
それはさておき、100回、200回の次元ではないことだけは確かです。
ここのお手洗いにも何度お世話になっただろうか(笑)
999_FUJI-DSCF0623_DSCF0623.JPG
それでも数えるくらいしか良視界をあったことはないです。この日の夕日も最高だったでしょうね。
999_FUJI-DSCF0624_DSCF0624.JPG
馬鹿丁寧に日の入り時刻も掲示していますよ。
先日はA島がよく見えました。
999_FUJI-DSCF0620_DSCF0620.JPG
直接距離18キロと云われていますが、簡単に泳いで行けるような錯覚をおこすほどでしたよ。
普通の方はこれで行って下さい!(爆)
999_FUJI-DSCF0853_DSCF0853.JPG
なんとS渡島まで見えました。
999_FUJI-DSCF1591_DSCF1591.JPG
少し分かり難いかもしれませんが…。
S渡の弾崎と姫崎の間の湾をR津湾と言いますが、その湾が抉れているような感じですので、遠くから見ると島が2つに割れたように見えるんです。
はっきり見た事があるのは、まだ4、5回ですが…。
A島、S渡島…そして、新しい島が出来たのかなとビックリしましたが、
同乗のお客さんにお聞きしたところ「Y彦山脈」なんだそうです。
999_FUJI-DSCF0636_DSCF0636.JPG
一番左側は新潟H港のようです。
山北からS渡島、村上から弥彦がみえるのですから、素晴らしい視界ですよね。
たまにこんな景色で走れると、飽きないで眠くもならないのだがなぁ~(笑)

こちらの投稿もお勧め!