定休日のお昼

この日は、いつものシュガー勝氏店に伺いました。

山形ラーメン道『味噌部門』銅賞が、応援しているお店だけに個人的には非常に嬉しく、放映後の翌週定休日にお邪魔しようと考えていた訳であります。

もう、ここの常連になってから彼是38年になります。

私がハイスクールの2年時、センチメンタル17歳時です(岩崎宏美爆)

味噌ラーメンにガチ嵌りしたのが、中学時代の「どさん子」

「ソーラン軒」の味噌ラーメンもやばい程旨いと思って食べたジュニアハイスクール時代。蒲鉾体育館でのプロレス観戦後、或いは、お祭りでいつもよりも
門限が遅くとも大丈夫だった日には、伺ったのを覚えています。

大人への階段を上りつつあった時代ですね(爆)

中学になるまでは、完全なる中華そば派でしたが、どさん子さんには一時期嵌りました。

100円ラーメンに連続並んだ事を懐かしく思います。

1時間程で3連食ですよ!麵量だけでも150gは最低でもあったと憶測しますが、450gをジュニアハイスクール時に食べたのですから、まぁまぁ大したものでしょ?(爆)

「くるまや」にも良く行きました。〆のラーメンです!訪店回数は、最低でも三桁は確実です!泥酔して食べたのを翌日覚えていない事がほとんどでした(爆)味噌ラーメンと餃子を食べていたみたいですよ(核爆)

私をこれまでの体格にしてくれた一番の理由だと思います(核冗談爆)

あとは、勝氏の味噌ラーメンと双璧は、「札幌や」の味噌ラーメンです。
亡きご主人、本当に良い方で、色々アドバイスを貰ったり、可愛がって貰いましたよ!(感謝)奥さんは更に良い方で、あのご主人と夫婦としてのバランスが最高だったのではと今更ながら感じています。

飲食店を経営する夫妻のバランスって、かなり重要です。

ただでさえ美味しいのに、あのバランスが更に隠し味を引き出していると思っていました。


まあ、そんな事はともかくも、シュガー勝氏が、こちらの厨房に立って商売を始めたのが自ずと38年前になる訳であります。

一年持たずに閉店しまうお店も稀にあり、それこそ3年持たせるのは容易では無いと云われる時代と言うのに、38年とは流石だと思います。私なんかはまだブンハンの19年です。

まあ、19年でもまずまず自負できる次元ですよね?(手前味噌爆)

私は勝氏店に38年通い続ける理由は、紛れも無く美味しいからと言うのがまずもって一番(当然)

そして、店主の勝氏の事が好きだからです!

あとは、私がいつも言っている「お互い様の関係」は非常に大きかったですね。

それこそ開店数年後の大昔の話になりますが、私は親父の経営する炉端焼きで20歳~25歳の5年間働いていました(既出)

勝氏は家族、そして、スタッフの数名を連れて、よく利用してくれていたのでした(感謝)

その後、私は琴平荘に移動します(平成2年7月1日)

そして、大海町から三瀬に引っ越しても勝氏店に通い続けます(当然)

その当時の勝氏店は、ほぼ一人勝ち状態と言うか飛ぶ鳥を落としていました(核爆)

今の店舗前の通りは、昔、羽後から越後への大動脈でもありました。

午前11時~午前2時までの15時間営業で、ほぼ切れる事なくお客さんが入っていた時代です!(仰天)大型トラックも深夜になり交通量が激減すると、路上駐車して食べていましたからね(凄)

既出になりますが、私が後継ぎの琴平荘に移動したのを知って、
炉端焼きに続いて、利用して貰いました(激感謝)

家族&メインスタッフ、そして、山大生のバイト君達も集めての大盤振る舞いでした。

あの頃の宿泊料金は、一泊二食付きで、8000円~でした。

ほとんどのお客様が8000円。夏の海水浴客だと1万円くらい出してくれるお客様もいました。

老人会等は、団体割引、或いは連泊割引と言う事で、一泊7000円~7500円でした。

それでも、勝氏の内儀は、折角海に行くのだから、美味しい物を出してくれと言う事で、低料金の8000円では予約しませんでしたよ(流石)

酒類の持ち込みも皆無。

そう言えば、平成に入ってからでしょうかね!?

酒類の持ち込みを許可する旅館、ホテルが増えたのが…。

まあ、許可した訳では無いですが、見て見ぬ振りをしていたに過ぎないでしょう(苦笑)

お客側が勝手に持ち込んで、部屋で呑んでいたと分析されます。

部屋ではOK、宴会場にはNGみたいな暗黙の承知みたいものもあったのかもしれませんね(苦笑)

これは、旅館、ホテルサイドにしたら最悪です。

料理からの利益は自ずと薄利、飲み物から儲けなければどうにもなりませんからね!

まあ、厨房(料理)は25%と言われた時代ですから、単純に1万円で宿泊のお客様のお膳は、夜と朝で2500円程度掛けていた訳です。

っうか、それ以上掛けるとやっていけないと言うのが正直なところでしょうか!設備投資の返済、人件費が一番大変。

私のところは、温泉旅館でもありませんでしたし、家族営業なので、もう少し原価を掛けていましたよ!

中華そばで3割。500円の中華そばであれば、原価が150円と言われた時代でしたね。

今は3割では、お客さんを満足させる事は非常に厳しいと思います。

大昔は、ほとんど捨てる物でスープを取っていたので、それで成り立ちましたが、豚ガラ、鶏ガラ、豚骨でもただでくれる肉屋はまずありません。

4割掛けてしまったら、それこそ多売できるお店ならば、なんとかやって行けるでしょうが、基本的に4割掛けは経営的に黄色信号から赤信号と言っても過言では無いと思います。

今は35%前後と分析と言うか、憶測ではありますがそんなところだと思います。

まあ、そんな話はどちらでも良いので、話を戻しましょう(爆)

そして、私も宴会に、やっぱまりました(爆)

いやぁ~、勝氏は本当に良い人柄の方ですよ!

ニコニコ笑いながら、酒を飲んでいました。

大昔のお店での形相は、確かに最初は私も恐くてびびっていましたが、
その時に勝氏の優しい人柄を痛感したのでした。

何せ、パンチパーマで、肩の凝る様なレベルの金のネックレスをして厨房に立っているのですから、普通には見えませんでしたよ(核爆)

恐いとか、無愛想だと言う声も聞こえて来ますが、そう思う人は嫌ならば行かなければ良い!
ただ、それだけの話です。
まあ、あのスタイルを崩されたら、それこそ私は逆に違和感です(爆)

68歳、老骨に鞭打って、厨房に立ち続けているのですから!

私は最後の最後まで通い続けます。

記事の画像と文は全く関係ありませんので悪しからず!
脱線しているなと気づき、画像をあとで挿めました(爆)

味の講釈は必要無いでしょ?飛び抜けて旨い味噌ラーメンだと思います(以上)

この日も「おかん」は、外出をしない徹底振り。

グランドサンを看に行かなければならないので、極力、飲食店の出入りを自重しているみたいです。

それでも、「勝さんのところで喰って来た!」と伝えると、
行きたかったと、やや冗談気味ではありますが苦言を呈する様な答弁でした(笑)

他にも私の好きなお店は数軒ある訳ですが、それ等に行って来たと伝えても何も言わないのですよ(爆)

本人に聞いた訳では無いので分かりませんが、「おかん」は、勝氏の味噌ラーメンが一番好きな筈です。

私の作る中華そばよりも、勝氏の味噌ラーメンが好きであるかもしれませんよ?(爆)

さて、県内の感染者が一日で49人(仰天;)

弥生時期に入り春らしい陽気の日が多くなり、そして春休みにも入り、いくらか商売(業績)も回復して来たと言うのに、またある意味昨年師走みたいな氷河期に逆戻りでしょうかorz

昨年みたいに、シーズン半ばで営業を自粛するつもりは、今のところ考えてはいませんが、最悪はそうせざるを得ない事が起こるかもしれませんね(超懸念&大泣;)

こちらの投稿もお勧め!