定休日のお昼&アイテム第五弾

川井商店へ10時30分、シャッターしました。

以前は10時45分頃で何とかなった時もありますが、今は話しになりません。

セカンド、サードで良いのならば、その時間帯で問題無いでしょう。
ここは5番内に入れば、さほどシャッター病のストレスは感じません(笑)

この日は珍しく細麺をオーダーしました。

番号紙です。使い捨てですからお客様も従来の物よりは安心しますよね。

毎日手書きで100番まで書いているのだそうですよ(大変)

着丼です。

よく分かりませんが、食感と麺色を見ると、硬めで当日麺だと思います。

開店前に、川井社長と話し込んでしまい11時少し前には、
駐車場が半分以上埋まってしまい、慌てての開店になってしまい、きちんとオーダーを伝えられませんでした。

まあ、舞妓氏が私の好みを知っているので、必ず硬めでは茹でてくれるし、
スープも油抜きで出してくれるので安心です。麺は当日だろうが一晩寝かせてあろうとどちらも旨いので拘る物ではありません。

この日も完璧。実に旨い!

川井社長と話し込んでいたのは保険の話です。

ノベルコロナウイルスに感染して、お店を休んでいる時の保障。
そして、再開後にも風評被害等で、売り上げが著しく落ち込んだ時の保障です。

当たり前ですが完全掛け捨てです。

絶対にそんな保険使わない方が良いのは分かりますが、御守り替わりですよ(苦笑)

そんな事で川井社長と同じ保険に入る事にしました。

後はこれまで親父の代から何十年も継続して来た保険があります。

こちらも自ずと継続して行きます。

御守り替わりです。使わないで済むにこした事はありません。

っうか絶対に掛け捨てして使いたく保険です(当たり前)

保険は、やはり信頼している人から紹介された時のみ入る様にしています。

営業に来た者とは絶対に会いませんし、話している時間が完全にダムです。

火災保険は荘銀のリリーさん、生命保険は税理士が代理店になっていたのでそこにお世話になっています。車も取引業者の自動車修理工場が代理店になっていますので任せております。完全不動です。

基本、どこにも替えるつもりは一ミリもありません。

保険会社のセールスも、お客さんから紹介して貰える様になれば一流ですね!
それにしても良い人を紹介して貰いました(感謝)

さて、皆川ビルで見付けましたよ!アイテム第五弾!(嘘爆)

庄交の國井社長に頼んで、廃車するバスに設置してある整理券発券機を
貰おうかと考えた事もありました(爆)

しかし、どこの路線バスの始発から終点までの区間が100カ所以上は無いと考え、即NGと諦めました(核爆)

そんな事で見付けたのが発券機です。

皆川ビルに行ったのは、万が一「コロナ荘」になり、私が発端で家族やスタッフ、そこからお客様へ感染させてしまったら、それこそ糸偏に冬です。月曜日だろうが火曜日であろうが終末です(爆)

サドンデスと言うやつですよ!廃業が突然ですと言う事なのです(爆)

「コロナ荘」のなり方でも色々のパターンがありますから、上記の様に廃業と言う最悪だけは避けたいと祈るばかりです。

廃業したら、「おかん」にも生活費を与える事ができなくなる訳ですから、
もしかしたら「離婚宣告」される最悪の事を考えなければなりません。

そんな最悪の気持ちの中で、皆川ビルまで書類を取りに行く自信がありません(爆)

意識朦朧として、大事故など起こしたら最悪よりも悪い(←そんな事あるのか?www)最悪と言う言葉は簡単に使ってはいけません(爆)

やはり、書類は段取りしておくべきだと皆川ビルに行きました(超嘘爆)

っうか、万が一そうなったらとか、そこまで深刻になるくらい19期目船出に対して狼狽していた事だけは確かですよ(焦;&不安)

実はその日、プレミアム飲食券の換金手続きに行ったのでありました。
私のところは6月末で対応終了させて貰った事もあり早めに換金手続きに行きました。

1Fでウロウロして、その器械を確認しました。

しかし、換金手続きができる様な雰囲気のところはパット見ありませんでした。

時間のダムになるので、総合案内の方に打診し、3Fでしたっけかな?
あれ間違い、誤解でした(爆)

5Fに行って、換金手続きの部屋を覗きましたが、1人の職員が電話対応をしていました。

椅子に座らせて貰い、暫く待っていました。5分経っても10分経っても電話が終わりません。

電話の相手は小真木原で飲食券を買う為に並んだが買えず、そして、抽選でも外れてしまい、相当に巨人の監督になり、元ドリフターズのリーダーだと想像できました。

丁重に相手を更に怒らせない様に対応している感じでしたが、
相手は、相当に馬場こういちだったに違いありません。

「日頃の行いですね?」とか「皆川に換わりますか?」とか「警察に相談したらどうですか?」などと言えば、更に激怒するでしょうしね(核爆)

何を言われても「仰る通りです!」「ごもっともです!」を繰り返していても、
何れ再激怒するでしょうし(爆)

「あなたにだけに特別販売致しますから絶対に内緒ですからね!」などと言えれば、即、故放駒理事長できるのですけどね!

亡くなった放駒理事長忘れましたか?(爆)

そんな事は市の職員がやってばれたら大変です(爆)

まあ、電話の相手も気の毒ではあります。小真木原で長時間待って、購入出来なかったのですからね!

ただ、抽選で当たらなかったのは致し方ない。

宝くじ買って、当たらなかったと売り場に文句を言いに行くようなものでしょ?(爆)

小真木原激込みワロタwww&周辺ロードのヘビートラフィックジャム事件で、
抽選対応に切り替えた訳ですが、希望者全員に販売できなかったのですかね?(爆)そのくらいの事件では決して挫けんぞと!(爆)

希望者全員に販売しても城下町の懐が寒くなる事は無いと憶測しているんですけどね!(笑)

なにわともあれ、その職員が可愛そうで気の毒に感じて話を聞いていました。

「他人の税金で飯食いやがって!」そんな酷い事言わないで下さい!
交通違反して、お巡りさんに検挙されて、そんな捨て台詞言った事ないですか!
え?そこのあーた?(爆)だから、今、まさに読んでいるアータだす(核爆)

将来、息子が巡査長になるとも思わず、そんな捨て台詞を何度も吐きましたよね?(憶測爆)

公務員は大変なのです。まず、何が一番大変かと言えば、ジュニアハイスクール、ハイスクール時代は我慢、辛抱して来たのです。

友達が遊んでいるのに、勉強していたでしょ?

テスト前になれば、猛勉強。夕方仮眠して、徹夜で勉強したと分析します。

そして、目標のハイスクール、ユニバーシティ(カレッジ)にパス出来る様に必死で勉強したでしょ?

それから、一番はユニバーシティ(カレッジ)に掛かる費用は、
アバウト1000万円前後と個人的に把握しています。

莫大なお金が掛かっているのです。その過程を経て公務員になっているのです。

親の脛を齧ったにしても、本人だって親だって大変な苦労をしているのです。

私みたいにエレメンタリーからジュニアハイスクールまでは一切勉強もせずに遊び続け、行きたったハイスクールにも行けず。そんなの当たり前です(掛自爆)

我慢や辛抱どころか、一ミリの努力もせずに行きたいハイスクールにパス出来る筈がありませんorz

公務員が大変なのをアンダースタンド、ガソリンスタンド?(爆)

逆に昔、辛抱、我慢できなかった人間は、公務員以上に辛抱、我慢をして頑張らなければいけないんじゃないでしょうか!

私の言い分に一理あると思う人は有難う御座います(爆)

ここ近年、同級会にも行っていませんが、話をしていても皆、そんな変わらない。難しい話をする奴もいないですしね!

まあ、負け惜しみに聞こえるかもしれませんが、東大レベルに合格する者は例外ですが、鶴岡ハイスクールにパスした連中は、特別頭が良かった訳でなく、他の友達よりも辛抱、我慢強かったのだと思うのです(核爆)

頭の良し悪しではなく、辛抱強いかそうでなかったかの差であると言うのが私の意見です!(爆)

もしかして、少し脱線した感は否めません(爆)

そんな事で皆川ビルに行って見つけたのが発券機なのです。

猿真似はしたくないので、ボタンを押さなくても自動で発券されるタイプにしました。

まあ、紙と言う事で、庄交の路線バスの整理券、そして川井商店さんのイメージは強かったのですが、猿真似したくはないので色々考えていたのです。

紙が無くなったらとすべきだったのですかね?

コショウが無くなったらと勘違いする人はいませんかね?(爆)

そんな事で、今、最終結論はでませんが、これまでの大広間(MT.月の間)の襖を開けたところでは無く、玄関に設置するつもりでいます。

お客様が番号紙を取る事のできる時間は、あずさ2号と言う訳には行きませんが一応8時頃と考えています(狩人爆)

ただ、この時点では入店は遠慮していただき、お車等でお待ち下さい。

最初の入店は、10時30分頃と考えています。

席数が12に減りましたので、1番~12番の番号紙をお持ちのお客様のみとなります。

次の入店可時刻は、12組のお客様が大広間に到着し着席された頃と考えています。

3分とか5分?10分後か?ここはスタッフが対応するようにします。

あとは、入店可の大体の目安時間を掲示しようと考えていますので、
皆様のご理解とご協力を何卒宜しくお願いします。

こちらの投稿もお勧め!