定休日のお昼等

営業自粛後の『川井商店』にシャッターです。

ノベルコロナウイルス感染拡大の懸念で多くのお店がゴールデンウイーク中は
自粛『閉店中』だった様です。

明けの5月7日から再開したお店、或いは10日(日曜日)までみて、
11日から再開したお店も多いと思われます。

しかし、こちらのお店は25日まで自粛して、26日(火)からの再開でありました(凄;)

様々な情勢を踏まえての判断だったと思われます(感服)

その2日後の28日(木)に伺った訳でありますが、再開して僅か3日目だったのですが凄い事になっていたみたいです。

15分前にシャッターをしていると、店内のエーススタッフ「中森氏」が気付いたので(目が合い)、首を横に振り、唇に人差し指を縦に当てたのですが、
1分足らずでおにぎりを齧りながら出て来た川井社長(爆)

余りの多忙で座って食事をする事もできない、しかもそれが遅い朝食とは…orz

まあ、この日に限らず毎日おにぎり、或いはパン等を噛み噛み準備を
しているみたいですよ(苦笑)

さて、製麺室を多少改造したとの事で案内されます。

そう言えば、川井社長の若い頃の超族車「ケソ&メリー」の改造は半端無かったのです(思い出し爆)

その当時の改造に比べたら、まさに序の口程度(改造違い爆)

最低でも車体価格と同等の改造費を掛けるのは、その当時の常。
川井社長は車体価格の何倍を改造費に掛けていたと思われますか?(桂小金治爆)

川井社長は強硬派です。それでも2枚ドアーに乗っていたとは?

事ほど左様で川井社長におかれましては、そんな事は無いと思われますが、
普通はナンパした時に容易に逃げられないように二枚ドアーの方を購入する者が多いとか違うとか云われていた当時!?(謎核爆)

私は基本的に二枚ドアーの車が嫌いでした。高校時代憧れた車は、それこそ
『ケソ&メリー』でありました。当然4枚ドアーが好きでしたので、高卒後は四メリを買うつもりでしたが、なぜかセド330に浮気した経緯があります(爆)親の力など一ナノメートルも借りず、バイトして購入した58万円の愛車。

本当に懐かしいです。

そんな事はどうでも良い話で、脱線の恐れがありますので先に進みますが、
製麺室に進む手前の厨房の寸胴を目にします(凄;)

繁忙期と全く同じ仕込みです。

大寸胴に溢れんばかりのスープ作り(以前は溢れてレンジ付近が汚れていた核爆)

しかも夜営業していないのですよ???

以前は、昼と夜と合わせてのメイチの仕込み用の大寸胴。

今は、昼営業だけなのにメイチの仕込みとは?(仰天;)

メイチで仕込んだ物が全て売り切れる。ノベルコロナウイルス騒動の最中、
こんなお店はどこにも存在しないと思いますよ(崇拝次元)

しかもカウンタ―も以前は5人掛けられるところを3つにしています。

その他にも色々な対策、或いは工夫しているところが見受けられました(流石)
この日もいつもと同じ、限定ストレート麺、油抜き、硬め。

製麺師舞妓内儀殿も最近は声を掛けてくれなくなりましたが、暗黙の承知で
打ち立ての麺を使ってくれていると思われます。

やはり、打ち立て(当日麺)の麺でした(風味と麺色で判断)

ただ定休日の関係や仕込みの段取りの関係で毎日ストレート麺の打ち立てがある訳ではありません。

最近、相談役が来店すると、「当日麺あります!」と舞妓内儀殿が声を掛ける様になったとか…(笑)

KKです。この日は1分1秒を争う程の忙しさも無く、3分足らずで仕留めたりはしませんでした(爆)じっくり味わい5分程を掛けて戴きました(笑)

食べ終わり会計を済ませ、ちょい用事で川井社長から再度厨房に呼ばれます。

2、3分程話をしていると、エーススタッフ中森氏が取って来たオーダーを舞妓氏が見て、「掛神さんの知り合いの方かブログを見て来た方だと思いますよ」と言うのです(驚;)

ホールを見ると、何と港町のハイブリッジ夫妻でした(爆)
湊町人でありながら、頻繁に城下町管内のラーメン店にやってくるハイブリッジ夫妻。

本当に有難い事です(感謝)

ハイブリッジ夫妻以外にもとにかく最近、このオーダーが増えたと言っていました。

「琴平荘の社長と同じやつをお願いします」と言うお客様もいるそうです(爆)

ただ、一つだけ断っておきたいのが、私がオーダーした物が「川井商店」で
一番美味しい訳では絶対にありませんからね(断言)

私の好きな食べ方、全て食べてみて、一番美味しいと思うオーダーをしているに過ぎないのですから。

私は、縮れ麺以外は拒否反応を起こす人も何人か知っています。
そんな人にストレート麺は勧められる筈もありませんし美味しく食べられる訳もありません。

油多めのスープを好む人が、油抜きのスープを食べても物足りなさだけが残るでしょう。

十人十色は言うまでも無いですので、私と同じオーダーで満足できないと気の毒ですので真似オーダーはくれぐれもしないで下さいね(苦笑)

麺とスープの合性がグンバツなのが、勿論ストレート麺だと信じて疑いません(個人的意見)
そして、スープは「あっさり」或いは「普通」でも良いと思います。

油多めが好きな方は「こってり」で異論はありません。

結論は、ストレート麺が一番麺との絡みも含めてバランスが良いと言う事は間違い無いなと感じているところです。

お勧めはストレート麺です。余程の硬め好きならば別ですが、普通の茹で加減、
或いは、少しだけ柔らかめのオーダーがベストバランスかもしれませんよ!

私は絶対にそんなオーダーをしたりしませんけど(爆)

私はせっかち、いくらでも待つのが嫌。そんな事で硬めオーダーしている内に、
硬めが慣れて、それが一番美味しいと思う様になったに過ぎないのです。

そんな事はともかく自分がその日、食べたいと思ったメニューを是非オーダーして下さい!(笑)

いやぁ~、それにしても川井商店は鬼過ぎです。

熟慮されてからの再開での結果!

それに比べて、私のところは痛恨の失敗をしてしまった事に最近になって気付きましたよorz

善は急げ、行動は素速く!何かやろうと思っていて即決断ができないのは、
そこで既に遅れを取っているとの認識でいました(苦笑)

城下町プレミアム付飲食券の情報を知り、加盟の手続きを即座に済ませました。

理由は、6月一杯つけ麺の販売をするにあたり、いくらかでもお客様が使えれば良いなと考えた次第です。それが一番の理由。あとは逆に、プレミアム付飲食券を使用できない事で、文句を言われても嫌だなと一ミリ程考え即決断した経緯があります。

6月に入ったジ・アザ―デイ、ブラックキャット宇宙戦艦の「ドライバー」さんが荷物を運んで来た時に、他所で聞かれたそうです。

「今、琴平荘営業しているの?」

うちの担当のドライバーさんが、「していないと思いますよ」と答えると「プレミアム付き飲食券を使えるお店になっているよ!」と言うものでした。

確かに6月に入ってからも問い合わせが結構あるどころか、庄内ナンバーの車で実際にお店まで来ているのをちょくちょく見掛けます。

やはり、その方と同じ解釈をしているお客様もいるのかもしれませんね。

何かいつものシーズンオフよりも問い合わせや実際に訪問されるお客様が多いのは、その事が関係しているのかもしれません。

そもそも勘違いを受けた以前に、9月30日まで使用可でないのなら、
加盟しなかった方が無難だったのではと今更ながらの猛省ですorz

昨シーズンオフも旅館廃業=通年営業と勘違いしたのか、或いは、デマゴギーとまでは言いませんが、そんな噂を鵜呑みにして怒って帰る人も何人かおりましたよorz

まあ、こればかりは手前の責任では無いのでどうにもなりませんけどね(苦笑)

そんな事ですが、勘違いされて引き返したお客様がいたとしたら、ここに深くお詫び申し上げる次第です。

最後になりますが、つけ麵のお持ち帰りは6月いっぱいですので、プレミアム付き飲食券をご使用と考えているお客様はくれぐれもご承知おき下さい。

7月からの再々延長は、今のところ全く考えていません。
やはり、食中毒程恐いものはありません。万が一あったら、自分への非常事態宣言どころの定では無くなり、自らの首を絞める事になりますからね!

ご所望の声も多少聞こえて来ますが、何卒ご理解、ご容赦をお願いします。

こちらの投稿もお勧め!