定休日のお昼&お知らせ

城下町おばこ食堂さんへシャッターです!

こちらのお店も感心で、謳いの11時少し前に営業中の札に換わります(有難い)

昭和41年創業のお店です!
したがって、私が1歳の時に開業している訳です。

店主は中学を上がると、高校に進学もせずに埼玉に行き修業を経て、25歳の時に開店させたお店と聞きます。

内儀殿と50年もの間、二人三脚で頑張って来られましたが、先に内儀殿が他界。
そんな理由でメニューも少なくしたそうです。

生蕎麦類も無くなったみたですね。

ラーメン店では無いので自ずとメニュー数が多いです。

それでも自家製麺と言うのが感服するところなのです。

創業当初から自家製麺。

中華麺、うどん(麦切り)蕎麦切りと三種も自家製していた事には驚きです。

ただでさえメニューが多く仕込みが大変。

事ほど左様で、メニューが多い食堂の大部分が製麺所から麺を配達して貰い商売していたのが常なのです。

店主が製麺、仕込みと調理は内儀殿がしていたと分析します。

店主の大変な仕事に出前があるからです。

大昔の食堂、勿論ラーメン店も然りですが、ほとんど出前ですよ!

出前で稼ぎ大きくなって行ったお店が多々ある訳です。

お店で食べる価格と出前での価格が異なるお店もあるかもしれませんが、
大昔はお店と同じメニューが各お家にあった訳です。

こちらの食堂は、お店で食べると小鉢が添えられます(感謝)

出前だとどうか分かりませんが、私がこちらのお店の近所に住んでいた頃、
それこそ数えきれないくらいの出前を頼み食べました。

小鉢は付いて来ませんでした。

お店で食べるのと、出前の価格が同じである事の良し悪しではなく、お店にわざわざ来てくれた事のサービス品なのではないかとの憶測です。

あくまでも憶測ですので違っていたらゴメンなさい!

沢庵漬を付けるお店も何軒か記憶していますが、何れにしても有難いサービスです。

さて、この日はチャーシューメンです。勿論、麺硬めでお願いします。

大昔はほとんど皆、モモチャーシューでした。
内モモ、外モモ、あとはランプなどでしょうか!?

大昔は、どこのお店に行っても上記のチャーシュー。

平成時代に入り、三枚肉、或いは肩ロースを使用するが激増して行きます。

最近ではモモチャーシューのお店が激減しました。

モモチャーシュー、非常に美味しいです。

低温調理のチャーシューを食べ続けると、こちらのお店で提供する様なモモチャーシューが食べたくなる様な感じでしょうかね!

極細麺、24番11時30分、或いは26番の11時20分くらいか?
清湯スープの中華そばの麺としては、この界隈では一番細いと思われます。

スープもすっきりして納まりも良いです。

豚ガラ主体で鶏の風味はしません。昆布の旨味と複雑な野菜類の甘味がたまりません。
上品な魚出汁も僅かにですが伺えます。

見事なバランスの「ザ鶴岡の中華そば」であります。

最後になりますが、私のところの取り引き業者が始めた企画です。

野菜ワンコインパックです。
①~⑮の中でどれでも好きな物を5つ選ぶ事ができます。

私ならば①②③⑤⑧を頼みます。

① ② ③があれば、カレーでもシチューでも出来ます。
⑤⑧の野菜は不可欠です。

丸チャソの焼きそばを買って食べましょう(笑)キャベツは不可欠。

これに孟宗パックも頼んでみてはどうですか?

ニラブサと座布団まで付いて来ますからね!

この堀豆腐店の座布団を食べた事の無い人がいましたら、騙されたと思って頼んでみて下さい!

孟宗汁に半分を入れて、半分は焼いて食べてみて下さい!
自ずと大量の⑤が不可欠になります。

この旨さに感動して、多くの人が涙するに違いありません(爆)

冗談ではなく、唸る程か?ため息が出る程か?よくは説明できませんが相当に旨いと思いますよ!

座布団に大量の長葱。そして、肝心なのがそれに掛ける『むらさき』です。

紫は醤油の事ですが、なぜ醤油をムラサキ呼称する様になったかは、色々な説がありますが、今日は時間の関係で説明している暇がありませんので悪しからず!(笑)

1Lで540円です。素晴らしく美味しい醤油でありますから、1L540円はまずまずリーズナブルと言って良いと思います。しかし送料715円を加えると1255円です。

1L1255円の醤油にばあると箆棒な価格と言っても過言ではありませんよね(苦笑)

https://www.nozawa-shokuhin.co.jp/soysauce-kioke/

それで、今回ご紹介のお勧め品はこちらです!

因みに、私のところの煮返しのベースになっているのも『米澤屋甚左衛門 木桶仕込み醤油』です。

『琴の』『琴壱』『九九七』さん『ラーメンもり』さん等も使用しています。

あと、我らの宇宙戦艦割烹の紫も同じでありますよ(笑)

そんな事ではありますが、1Lを通販で購入すると1255円ですが、
更に800ccも増量の1,8L瓶が、な、な、なんと600円税込み(驚爆)しかも配達してくれての価格ですからね(仰天;)

これはもうヤケクソ価格と言っても良い次元でしょ?

因みに、私のところみたいに実績を上げて行くと、18Lポリを4500円税込み、これだけの良質で美味しい醤油を購入できるのです。

これも全て泉屋さんの良心的な商売のお陰なのであります(感謝)

一般のご家庭には多少大きいかもしれませんが、お得感と美味しさを考慮すると買わない訳にはいかないでしょ?(笑)

今後、1Lペット、或いは、もう少し少量サイズに対応して行くかもしれませんが、私は1、8の瓶が価格的にも絶対にお勧めです。

これから気温がどんどん上昇していく季節になりますから、
500ccくらいのペットボトル4つに小分けして、冷蔵保存すれば良いのです。

醤油は常温で何度も開け閉めして空気に触れると、段々と色が濃くなって行き風味も損ない味が落ちてしまう懸念がありますから、開封後は冷蔵庫保存を勧めます。

こんな最悪なご時世、ご自宅で食事する事がほとんどでしょうから、
醤油の使用量もいつも以上でしょう!案ずることは無いと思います。

そんな事で、お勧めは①②③⑤⑧に孟宗パック。

それに醤油。

合計2100円です。

そして、新たな情報が今、入って来ましたのでお知らせします。

いやぁ~、泉屋さんの四代目、中々やるなぁ~(感服)

マタリキも協力してくれて感謝。これでショバ代など取ったら、看板の『琴』をペンキで塗りつぶしてやるぞ(爆)

それこそお互い様の関係ですよ。

業者との取引はお互い様が大事、あくまでも5分と5分の関係でないといけないと私は考えます。

泉屋の三代目がどの様な考えなのかの詳細はお聞きしていませんが、
毎週日曜日にやっていかれる予定などではと思われます。

ガチで応援、そして少しでも協力できたらなと思います。

琴壱の店主『マタリキ』は「勇」からきたものなのです。

名付け親は、ハローズ社長「クリ」(爆)

琴は説明するまでも無いですが、壱は市の当て字なのを知っている人はほとんどいません!

マタリキは『勇市』なのです!普通は長男でもありますから「勇一」で良い様なものですが「勇市」(笑)

そのマタリキの駐車場での「ドライブスルー」その様には謳ってはいますが、
限定での「日曜市」と言っても良いでしょう!

決して、尻切れトンボには終わってはいけません!私も及ばずながら全力で応援、協力をして行きたいと考えています。

ちゃっかり、私のところの「つけ麺」も入っております(爆)

私のところに日曜日につけ麺をご予約と言う予定があったお客様には、
断然、こちらをお勧めします。私のところよりも50円価格は高くなっていますが、原付バイクで鶴岡市内から三瀬まで取りに来られても50円では来ません(笑)往復の時間を考慮しても絶対にお得です。是非ともご紹介した泉屋さんからご購入をお勧めします。

皆でこの史上最悪の事態を乗り越えて行かなければならない訳です。

助け合いも非常に重要になって来ると思われます。

辛抱して踏ん張りましょう!!!

こちらの投稿もお勧め!