車えび

車エビの季節になりましたね。
一年一度くらいは車エビを食べてみたいものですが、なかなか機会がないですね。
大き目の車エビだと一尾1000円はしますね。家族で一尾ずつ食べても7000円は掛かりますね。料理屋に行って食べたと思って、思い切って食べようと毎年思うのですが中々…。
原価でも無理w
さて、車エビと変換すると「車海老」とでますが、どうなんでしょうか?エビには「海老」と「蝦」という字がありますよね。
一般的には「海老」というと、海中を歩いて行動できるものを言うようです。「蝦」は海中を泳いで移動するものを言うようですね。
まずは、海中でなくても陸に上げてからも、歩行可能が「海老」で倒れてしまうのが「蝦」で正しいようです。
「伊勢えび」は海老です。「車えび、ブラックタイガー」などは蝦ですね。
因みにイギリスでは、伊勢海老を「lobster」ロブスター。車蝦、ブラックタイガーを「prawn」プローン。剥いたような小蝦などを「shrimp」シュリンプ。と区別して呼んでいるみたいですね!
呼び方、書き方なんてどうでもいいから、車蝦の塩振り焼き、天麩羅、刺身と一度でいいから腹一杯食べたいですよ!
今年も間違いなく、食べずに夏が終わりそうですorz

こちらの投稿もお勧め!