いつもの「やまと」さん

昨日は eldest ドーター(長女)の22回目の誕生日でした。

eldestとは、oldの最上級です。oldの変化は
older、oldest と elder、eldest があります。

人物に対してはelder、eldest を用いるのが一般的でしょう。

そんな事はどうでも良い話ですが、
誕生会を外食でと言う事になりました。
長女は北海道にいますが(爆)

場所はセカンドドーターがチョイスで宇宙戦艦「やまと」さんです(爆)

そう言えば、ここの近くにも柳橋があります。

「やまと」さんから、だるま祭りで有名な観音様に行く途中の
内川に架かる橋です。

由来は諸説あるようです。

橋の近くに柳の木があったとされるのが、一般的な考え方でしょうが、
どんな川沿いにも柳の木は付き物です。

余程の大木でもない限りは「柳橋」なる名前を付けるでしょうか?

たかだか、100年かそこらの事が不明になるとは残念です。
由来に付いてはどんな事でも良いですから、書き記して保管
して欲しいものです。

さて、入店です。

昨日の手始めは「ツバイ貝」です。

最初の通しが不味いと呑めません。私は呑めますが
普通の人は、この通しが旨いとその日は酒が進むものです。

旨いです。というか何十年も通っていますが、ただの一度でも
首を傾げる様な料理が出てきた事はありません。

ここのオクトパスを食べると、タコに旬無しと言いたくなります。
夏でも冬でも旨いです!

主人に茹で方を聞くと「適当」と言います(爆)
これは本当に適当らしいです(笑)

このタコ茹では何度もインスパイアしましたが、
連続失敗十数回以上です(爆)

「やまと」さんと同じタコにならない理由が分かりました。
活タコを使用しているそうです。

死んだタコでは論外だそうです。

私は死んだタコしか使った事がありません(爆)

さて、夏場が旬の車だん吉です(笑)

車海老は塩振り焼きが一般的でしょうが、天麩羅にすると
最の高です。

油の温度は何度くらいで揚げるか?と打診すると「適当」だそうです。
衣は?「だいたい」だそうです(爆)

ん~む、じゃあ、見せて貰いましょう(笑)

厨房に侵入です(爆)

なるほど、、、

そうか!分かった。分かりました。
特別な事はしていません(爆)

それでも旨いのですから、素材良し、腕も良し、とにかく
センスが良いのでしょう。

ここは熱々を塩で頂きましょう!

美味し過ぎて講釈できません(爆)

ヘッドは焼いてくれます。これもやばい(笑)

弁慶飯です。御飯類も良い仕事します。

なぜ弁慶飯かって?そんな事どうでも良い事です(爆)

我々が帰る時間になると、由良港で水揚げされたばかりの魚が
届きます。

届き立ての「赤メバル」です。

このくらいの型になると、旨さが全然違います。
昨日は口には入れてきませんでした(笑)

いやぁ~。旨かった!

こちらの投稿もお勧め!