ミネラル滝?白いダイヤ滝?

既出ですが、先日、豪雨の時のミネラルさん、裏の滝です!
999_FUJI-DSCF1282_DSCF1282.JPG
比較の為に一応…(笑)
私は以前から滝が大好きでした。
ただ単に水が落ちるという物理的現象かもしれないですが、同じ滝を何度も観ると滝は生きているんじゃないかという錯覚に陥る時があります。
ここの滝も何度も観ていますが、毎回表情が違うように感じます。
四季に限らず、毎日のように表情を変えているのではないでしょうか。
先日滝の容は、正にミネラル若夫婦のご結婚を祝福していたかの様に見えました。
この日の滝は、ミネラルさんの塩作りをじっと見守っているかのような表情でした。
999_FUJI-DSCF1307_DSCF1307.JPG
梅雨の時期は元気がありますが、夏は元気がなくなります(笑)
滝も夏ばてしますから(爆)
ということで、そんな滝に見守られながら、もくもくと塩作りをしている方がおりました。
999_FUJI-DSCF1308_DSCF1308.JPG
大統領夫人…いや、大棟梁内儀の方でした(笑)既出ですが、ここは塩作り以外にも工務店の方も大きくやっています。
この暑い中、炎のそばで休みなしに潮を掻き混ぜていました。焦がしたら台無しですから…。
それになんと黒い前掛けをしていました(驚)これは真夏対策で、今からわざわざ暑さに挑戦しているのでしょうね。
凄い根性ですね。まあ、このくらいでなければ、棟梁夫人は務まらないのでしょうね。
潮は勿論ただ(無料)w 儲かるだろうなと錯覚している人もいるかもしれないですが、そんなもんじゃないのですよね。
他人の仕事は良く見える、他人の女は良く見えるwと言いますが、大変な作業なんです。こんな火の側で仕事をしていたら私なら3日も続かないでしょう(自爆)
999_FUJI-DSCF1309_DSCF1309.JPG
人当たりも抜群の内儀と、炎の側でお話をさせて頂きましたが3分も持たずに避難した私でした(自爆)
この夏も、裏の滝に見守られながら無事越して下さい!
そういえばこの滝の名は無いという話もありますし、不明という事でした。
地元の長老でも知らないということですので仕方ないでしょう。
皆さんに名前を募集したらという話も出ていますがどうなのでしょうか(笑)
関係者の登場を待つことにしましょう。

こちらの投稿もお勧め!