羽後遠征

この日は男鹿まで打ち合わせ。

途中で麺活。imanoya相談役から一軒を紹介して頂きます。

10時30分から営業していると事前情報を貰います。

そして、開店30分前ならばシャッター長は取れると聞いていました。

7時少し前に自宅を出発して、到着が10時ジャスト!
羽後市内のスモール東京と言うお店です。

シャッター長当たり前、どんなもんじゃい!(爆)

セカンドは10時10分に来ました(多少危;)
imanoya相談役に注意すべき事を3点程、一つは入店順ではなく、
オーダー順のお店みたい、あとは、辛みは入れない方が私が好むだろうとの事で抜き、或いは別皿がベターである事、そして、麺は硬めでオーダーした方がと事前に連絡を受けていました。

セカンド以降に、ごっつあんオーダーをされない様に、細心の注意を払いながらの張り付きシャッター!(爆)

「普通盛り、辛み抜き、麺硬め!」と伝える練習を心の中でしていました(核爆)

いざ、暖簾が出て一番入店して、お店の人に慌てて伝えようとするも、
番号札を渡され、「聞きに行きます」と言われ着席して待ちます。

10時30分、開店と同時に満席です。

店内は全て相席暗黙のOKみたいです。

10時25分くらいに一人でやって来た女性とセカンドさんが相席をしていました。

10時35分、二つの丼がそこの席に運ばれて行き、
そこから少し経ってのセカンド着丼が私の物でした(核掛即死自爆)

提供は前後する事がありますと謳ってあったのは既承知(後の祭り掛自爆)

恐らくは、超硬めとかバリ硬でのオーダーだったのでしょうかね?orz

勝って兜の緒が締まらなかったと言うやつか?(核掛自爆)

っうか、「みむめも」じゃないですか!(爆)

半田屋主に「油断大敵!」とか、あれだけ力説し、imanoya相談役から
注意を受けていたにも関わらずの話ですから「みむめも」以外の何ものでもありませんよね?(爆)

まずは着丼。

細麺と言うか極細の次元じゃないですか!

いやぁ~、超硬めどころか、粉落としでもOKでしたね!

追い越されるならば、生でも良いくらいです。
なんて言うのはまさに負け惜しみorz

今回は運が無かった!徒然人さんに言わせれば、逆持っている男の一言で
片付けられるでしょう(爆)

これまでも色々あり過ぎて、羽後県は私を歓迎はしていないのかもしれません(核爆)

まあ、不可抗力に近いレベルと言う事で諦めが付きます。

さて、麺は26番くらいでしょうか?

延び難い麺で、大型のローラーで圧を掛けられたかの様な麺。

加水は中加水から多加水よりと分析しました。

スープは?

豚ガラベース、或いは、モモチャーシューを煮た煮汁も含めてスープにしていると思われます。

独特の甘みあるスープです。

あっと言う間に完食、3分掛からなかったと思います。
その後、急いで男鹿へ向かうのでありました。

11時30分に無事到着です。

電話だと今一つ本心が完全に伝わらない感がありまして、
あえて出向いて行った次第です。

相手の顔を見てお話できて信頼関係が増しました。
自力で移動できるギリギリの距離かもしれませんが、
一年一度くらいは顔を見に行きたいものです。

仕事されている従業員の対応にも感服してきました。

間違いの無い企業です。

自然相手の商売なので、本当に大変ですが
頑張って安定した良い商品を作り続けて欲しいものです。

ゴジラ岩だすか?行きませんよ(爆)行くと晩酌の時間に間に合わなくなりますからね!(核爆)

逆算人生、本当に困ったものですなぁ~(疾病爆)

まあ、ストレス発散と言うか、ストレスをできるだけ溜めない貴重な生活リズムと私は認識しております。

まさか、次の日も羽後県入りか?(謎爆)

こちらの投稿もお勧め!