極太麺

A海地区のA海川付近の山に、今年は5回程ゼンマイ採りに行った。
その帰りに、3回も麺処K太に寄らせて貰った。3回とも極太ラーメンを頼んだ。極太、超濃い口、バリ硬茹でなのだが、「極太、超々」で通じるのが嬉しいw
かなりの太い麺であるが、細麺と同じ湯で時間(40秒)で上げて貰う。
あっさりスープに無化調なので、極太麺では絡みも悪く違和感がと思われる方もいると思うが、ここの麺に関しては全くそんな事はないから不思議である。食べれば食べるほど嵌るラーメンである。無化調だからであろう。
一度食べて、味が薄く不味い!は早計である。3回続けて行って貰いたいラーメン店である。それでも合わない人は仕方あるまいw
たまたまお昼時の混んだ時にお邪魔してしまったが、作るのが早い!w 茹で時間も私の麺といい勝負だ。超多加水麺であろう。
頑なにも、無化調や麺の低ボーメ(かん水をほとんど入れていない)に拘るラーメンを高評価せずにはいられないのである。
さて、暫く山へ行けないが、今度はホームグラウンドの「Y形県T岡市A日地区O鳥」である。まだまだ、ゼンマイの芽も残雪の中であろう!

こちらの投稿もお勧め!