定休日のお昼

毎年恒例、大晦日、帰省中のセカンドドーターと二人でのお昼。

セカンドドーターは、ラーメンには結構うるさい香具師なのです。

小2の時に連れて行ったお店で、「おとう、こごのお店はちょっと麺やっこいけのぉ~」(爆)

いつも硬めで食べさせていた癖が付いてしまっていたのでしょうかね?(爆)
子供に硬めは良くないのは承知でも致し方ない理由があったからです。

平日は学校で給食がありますから、ラーメンを食べさせるのは主に土日でした。

ミニバスケの午前練習から帰って来ると、厨房にやって来ます。
親父曰く「おじいちゃんが焼き飯作ってやるか?」と打診されても
セカンドドーターは「ラーメンがいい!」

前日にラーメンを食べても、翌日もラーメンが良いと言うものでした。

それだけラーメンが好きだったのだと思います。まさか、親父の作る焼き飯が不味くタイガー&ホースになっていたものか?(謎核爆)

私が営業中に別メニューなど作る暇もありませんから、自ずとラーメン。

当然営業中ですから多忙時は、1分1秒を争って作っている訳です。

セカンドドーターに作るのは、トッピンガーがお客様のラーメンのトッピングをし終わる間に作らなければ大きなロスになります。

トッピングしている間に、私が麺を茹で上げ、スープを丼に注ぎ、
麺上げして、適当なトッピングをしてセカンドドーターの分を作っていました。

まあ、大体がよくても30秒くらいしか茹でる事ができませんでした(爆)

そんな事で、いつも硬めで食べてしまっているせいで癖が付いていたのでしょう。

どちらかと言えば、親馬鹿ではなく、馬鹿な親でした(爆)

それからは、二人で行く時は両方とも硬めでオーダー(笑)

その当時は小学校低学年の子供を連れていますので、
どこのお店でも「二つともですか?」と聞き直してくるものでした(爆)
勿論、高学年になってからも、聞き直される物でした(笑)

セカンドドーターは小2で200g強と540ccのスープをKKするまでになっていました。

KKして、「完食完飲!」と空丼を見せる様にもなりました(核爆)

やはり、その理由は食べるのが速いからでもあります。

とにかく速いですよ!

子供がゆっくりラーメンを食べたら、それだけの量は中々食べられるものでは無いですからね!

本当にあちこち連れて歩きましたよ!

そんな事ではありますが、久しぶりの帰省ですので美味しい物を食べさせてあげたい!そうです、間違ったお店には連れては行けない。
しかも、なるべくはシャッター長を狙わなくてはいけない(爆)

しかし、つけ麺配達の段取りが悪くなってしまい出遅れでしたorz

事ほど左様で、伊藤商店さんは休みか?サウザンドストーンさんに11時30分のシャッターでもと出発はしましたが、10時55分ちょうど良い時間に通り掛かったので、山口商店999-7542さんに慌てて左折(爆)道も悪く、そのまま日本国まで走ってもシャッター長を取れる可能性は低いとの判断でした。

デフォ以外一ナノメートルも興味が無い小生ですが、ここのお店だけは例外です(苦笑)

店主一推しのデフォ、本来は渾身の『中華そば』を食べなくてはいけないのでしょうが、万が一、本当に万が一ですが、魚介よりも好みでは無い懸念だってあるのです。開店前の試食では、私は魚介に軍配団扇。しかし、その後の中華そばの微調整で最近では完璧な出来とあちこちから良い評判も聞かされています。
店主のマウンテンマウス氏も中華そばの方に大きな自信を持ち、開店前から
中華そばを中心に売りたいと言っていたのが印象的でした。

しかし、私が決断したのは魚介中華そばです。

私にも多くの知り合いがいますが、ラーメン談義は自ずと多いです。

迷って失敗したとか、いつものメニューを食べていれば良かった等の反省の講釈をよく耳にします。限定食べて失敗したとかも良く聞きます。

折角、汗水流して働いて得たお金。間違い無いのが一番。その日の食事は二度と来ない訳でもありますから、間違いの無い物を食べるべきです。

まだまだ、若い方なら冒険も悪いとは言いませんが、どんどん墓場が近くなっているような我々年代は尚更そう思ってしまいます。

食欲と言うか、食べる事への執念みたいなものでしょうかね?

セカンドドーターに中華そばを喰わせて味見をするか?(核爆)

これは後から「おかん」にバレたら最悪です(爆)

自分では一番好みの物をオーダーし、気になるメニューを他にオーダーさせて味見をする!これは「おかん」から怒られます(爆)

そんな事で、二人とも間違いの無い「魚介」で二枚買いました。

食券を激可愛内儀殿に渡し「バリ硬で!」と伝えました。

案の定「二つともですか?」(爆)

まあ、別に20歳のJDがバリ硬オーダーでも珍しくはないでしょ?(笑)

読んでいる方で、多加水麺のバリ硬って不味いとか、最悪なオーダーと思っている人がいるかもしれませんがそれは絶対に違いますからね(断言)

そりゃ、初訪のお店でのバリ硬は非情に危険と言うか、自殺行為でもあると認識はしています。特に多加水麺のお店で、4秒とか5秒茹でで上げられたら、
99%近くの人は撃沈すると思います。

私が多加水麺のお店で、バリ硬とオーダーするのは、伊藤商店さんくらいです。

当然、デフォ茹でを食べてから、次に硬めを食べてからのオーダーです。
バリ硬と言っても30秒も茹でているのですから、美味しく食べられる訳です。

バリ硬の物差しがそこのお店の作り手によって違う訳です。
それを承知してのオーダーなのです。

ここ山口商店さんでも、試食の時の茹で加減、硬めの茹で加減を食べていての
バリ硬オーダーです。

ゆっくり、30秒以上は茹でていますよ!

多加水麺を5秒しか茹でないと、硬いとかの食感では無いでしょう。
恐らくは最悪の食感になるでしょう。勿論、打ち立て~熟成度でも変わってはきますけど…。

私のところでも一組だけいます。粉落としとオーダーするカップルのお客様がいます。

私の物差しでは、粉落としでも10秒も茹でます。とてもじゃないが、そんな最悪の茹で加減では提供できないからです。

10秒でも不安になり、何度も大丈夫ですか?と「おかん」に打診させた事もあります。

常連さんなのですよね!オーダーした手前、やせ我慢している訳でも無いでしょう(爆)

今は粉落としとは言って来ませんが、一番硬い茹で方でとオーダーしてくれます。替え玉も一番硬くと言います。

私は10秒。替え玉は15秒の指示です。

これでもやや怪しいですけど、それはそのお客様にとって旨いなら
その様に茹でて出すのが商売です。

こってりよりも油多めで「超こってり」オーダーなど一日一組は必ずいます。
それどころか「超超こってり」をオーダーする常連のお客さんがいます(爆)

油100cc強が入ります(仰天即死爆)

私ならば一滴もスープは呑めませんし呑む気にもなりませんorz

それでも、その常連のお客さんにとってはそれが一番旨いと言ってくれています。週一でお越しになり、スープもほとんど飲んで行かれますが、まだ入院したとも聞きません(核爆)
その油の量を常連のお客さんが望むなら提供するのが商売と言うものです。

できない事は当然できませんが、できる事でお客さんが希望しているならば、
オーダーでお断りする事はありません。

茹で加減、味の濃さ、油の量の調整はどのようにも合わせたいと思います。

それこそバリ硬オーダーをする、年配の夫婦で毎週の様にお越しになる常連さんもいますが、私の物差しでは20秒も茹でているのです。

最初は来なくなるんじゃないか?とか、必ず「硬め!」に一ランク落としてくると睨んでいましたが、今でもバリ硬です!(爆)
お名前をお聞きしたいところですが、中々お聞きするチャンスも無く「バリ硬夫婦」と呼ばせて貰っています(爆)

お客さんが帰る時に、私が気付き挨拶すると頭を下げて行かれるのですよ!(仰天;)

お金を払って頭を下げるなんて医者くらいでしょう?(馬場こういち爆)

それだけ美味しいと思って食べてくれている訳です。
そのバリ硬夫婦には、半分の茹で時間の20秒でも美味しい訳ですから、
対応して外内島です。

そう言えば、廃業された「札幌や」さんでも私はバリ硬でした。

ここも硬めとオーダーしていましたが、奥さんにバリ硬が通用するかどうかの懸念で、「超硬め」オーダーでした。

デフォ茹でて3分近くは茹でているものでした。

硬めでも2分は茹でているものでした。

私の超硬めでも1分30秒程は茹でているものでしたよ!
松田製麺所さんの業務用の麺を使用していた筈ですが恐らくは、加水40%弱の16番or18番の切れ刃を通した麺だと分析します。

奥さん「そげだかで麺をお客さんさ出してねえろの?」
掛「大丈夫です!お客さんのはもう少し軟らかくして出していますから!」
奥さん「そげだかで麺出しているとお客さん来ねぐなっぞ!」

大好きなお店、大好きなマスター、そして奥さんでした。
勿論ラーメンは、あの激旨味噌(白味噌)ラーメンです。

白味噌ラーメン、「札幌や」アドマイアーで、やりたいですけどね!

それはさておき、着丼です。

まずは真剣勝負ですから、スープ直丼です。

勿論、セカンドドーターには何も言いません。
一番旨い食べ方を教えたい気もしますが、それが普通の人から
下品と思われると損をしますのであえて何も言いません。

セカンドドーターは非常に美味しく食べている方です。

麺の啜りが大迫です(爆)理事長程ではありませんが、女性としては大迫と言って良いレベルです(爆)当然ですが、途中で絶対に噛み切ったりしませんからね!

一度に口に入らない程の麺を箸で持ち上げ口に入れ、途中で噛み切り半分も丼に戻す方が、私からしてみれば直丼より下品です(苦笑)

セカンドドーターが最初から直丼して、啜りの音が大迫ならば、もし連れがいれは引くでしょう(爆)
それが彼氏と一緒で、彼氏がまだ半分も食べていないのにKKしたらどうですか?(核爆)ドン引きか!?(核爆)

だから、直丼する事を勧めたりはしません(爆)
それでも大昔はスープを呑むには猫も杓子も直丼でしたよ!

ほとんどのお店でレンゲなんか付いて来ませんでしたからね!

猫が杓子でスープを呑んだと言う事ではないですからね!(核爆)

猫は禰宜(ネギ)から来たと言う説を調べました。禰宜は神主、宮司よりもランクが下との見方が常識的であるようです。

その禰宜の子孫だから「禰子」と言う事なのでしょう!

では、「杓子」とは何ぞ?

釈迦氏と言う事らしです。
釈迦氏が杓子に訛ったものか?

まあ、神様だって仏様だってと言う事で、誰でもと言う事なのでしょうね!

ただ、なぜ?禰宜ならば分かりますが、禰宜の子孫から「禰子」にこじつけたのかは、私は個人的には馬場こういちなのです。

女子(めこ)も弱子(じゃくし)もから訛った…。女だって弱い者だって誰でもと言う説もあるそうです。

私の勝手な解釈は、猫は訛らずそのまま「寝子」で、杓子は釈迦氏(仏様)なので単純に良いのだと思います。

寝た子だって仏様だって誰でもと言う事では駄目ですかな?(爆)

そんな事で関連話ではありますが今年の初笑いは、顔本で友達になっている森川氏と言う女性の投稿です。

『急に思い出した。春祈祷に来る禰宜(ねぎ)の父親の代の時、たま~にしか来ないから「タマネギ」って呼ばれてた。』

マジやばかったです。ウーロンハイを噴出してPCを駄目にするところでした(爆)

そんな事で、大昔はレンゲを付けてくれませんから、スープを
呑むには誰でも直丼だったのですよ(シツコイ爆)

それこそ、私のところのお客様のオーダーには「レンゲ無し」のお客様もいます(凄;)

ネギ抜き、メンマ抜きなど頻繁ですが、レンゲ無しのお客様もいます。

はっきり言って、私はこの世で一番何が要らないかと言えば、個人的にですが
中華そばに付いて来るレンゲですね!

ゴキブリだって、蚊だって重要なのは誰も分かる事、私の一番嫌いなヘビだっていなければ、チュータ郎が異常発生するのは間違いの無い事。

でも、付けて提供しなければいけないのが商売なのです。

まあ、そんな話はどちらでも良いのですが、スープを直丼で呑みました。

また、変化させてきましたね!勿論、味のブレとかでは無いですよ!

試食会の時は鯵の大群がスープで泳いでいました。

後に鰯か何か別の青魚が入って来て、鯵風味が和らいで、複雑な魚介系の風味で、より好みなスープになりました。

今回も全面的に鯵が主張する訳でも無いですが、複雑な味でとても素晴らしいと思います。

何を入れたかまでは私の舌では分かりません。でも、試食会の時は鯵なのが分かりました。それで少しずつ変化させられれば全く分からなくなります。

ラーメン食べに行って、魚介出汁に何が入っているか全て当てられる事ができたら、ラーメン屋などしなくても飯食えますよね!(爆)

分からない!何か分からないけど旨い!それで良いんですよ!(理事長笑)

さて、そんな事で大満足したセカンドドーターは高校時代の恩師に挨拶に
行きます。

勿論、私もここ三年連続で一緒しています。

あれは6年前、山伏高校の須田大明神と4者面談が豊浦ジュニアハイスクールの相談室で行われました。大明神、担任の先生と四者でした。

詳細は割愛しますが、須田大明神の一言に深い感銘を受けました。

高校三年間色々ありましたが、須田JRからも本当にお世話になりました。

昔のことにイフなどナンセンスは重々承知していますが、山伏高校の女バスに入部していなければ、今のセカンドドーターは間違いなく

無いと思っています。

須田大明神は「インカレでスタメンで出場したのは、羽黒からこれまで二人だけだぞ!」

大明神の内儀殿も「インカレに出る事だって簡単では無いのに、スタメンは凄い事だよ!」

山伏高校では無いですが、自分の子供を試合に出して欲しい為に、酒を奢ったり、袖の下をするような大馬鹿な親もいると聞きますが、
私はそれだけは言語道断と学校に一円の寄付すらもしませんでした。

でも卒業すれば関係無し!

年に一度、お世話になった恩師に御礼(お歳暮)をお持ちするのは当然の事です。

須田大明神と出会わなかったら、今のセカンドドーターは無いと思えば、
そんなお歳暮など安いものです。感謝の気持ちを忘れたら終わりです。

他の部活でも全国大会出場となれば、雀の涙程度ですが、寄付させて貰った事もあります。

そう言えば本日の新聞で見ましたが、ヒラボクのニューライスフィール氏みたいに、港町サウスハイスクールに500万の寄付をする人も世の中にはいるのですよ(仰天;)

天下の仁三郎、一網、それこそ500万も獲る事も珍しくは無いと分析しますが、ヒラボクさんはまさに桁桁違いですね!(爆)

絶対に喧嘩をしてはいけません(核爆)

関連記事

「定休日のお昼」への10件のフィードバック

  1. 社長、お疲れ様です。
    文従字順、文章絶唱なブログお見事です。ドーターとのお昼は、羨ましい限り。私のドーターも昔は物凄くラーメン好きで、食べるのも早かったのを思い出します。
    やっと、龍のシュガー氏を食したばかりですが、ここも伺いたいお店、是非伺いたいと思います。

    1. 酒田の高橋さん、毎度です!

      全くの乱文、支離滅裂は否定できませんが、
      そこがここですからご容赦下さい(笑)

      997さんにも是非とも来店されてみて下さい

  2. 掛神社長
    お疲れ様です!
    昨日は、やっと休日でしたね!
    そう言えば
    マルちゃんからカップめんも発売されるようですし。
    一月十五日火曜日から
    Family Martで全国販売ですか?
    おめでとうございました!
    もう今期は、カップめんの発売無いものだと思っていました(⌒-⌒; )
    不意打ちでしたよ。
    楽しみですね!
    セカンドドーターさんとのデートも
    大炸裂する程ですから。
    とても楽しかったご様子で良かったですね!^ ^
    直丼でスープ飲むのも好きで有りますが
    レンゲでチビチビ味わうというのも好きでして。
    チビチビ味わえるというのは、
    美味いスープだからこそだと思うわけです。
    麺は、硬目も柔目も好きでして。
    またお邪魔します^ ^

  3. 週一さん、毎度です!

    私も話が持ちかかった時、びっくりしました。
    信用問題になりますので、どんなに親しい人にもオフレコでした。
    レンゲは私に取っては要らんイラクですが、それで食べ慣れている人には不可欠も判ります。だから、私のところでは置いてあるのです(爆)

    麺の茹で加減も好みがありますからね!

    だから、難しくもあり面白くもあるのだと思います。

  4. ご無沙汰です!(^^)

    札幌やさん!懐かしいですね〜
    昔は、店番を頼まれる程通っていました!(^^)意外かも知れませんが、ほぼ醤油ラーメンを食べていました!

    又、私も一度すくった麺は一口でススル派ですが、恩荘の味噌そばに限っては熱さに負けて後半一度だけ麺を噛み切ってしまいます!(核爆)

    1. 理事長、毎度です!

      そうでしたか?昭和後半から平成に入っての事だと思います。

      私は、何と塩未食です!(爆)醤油もほんのりラードとにんにくの風味が絶妙で癖になるスープでしたね?

      「おかん」が白味噌苦手なので、いつも醤油ラーメンでした!

      理事長が噛み切るのですか?(爆)
      まあ、そうせざるを得ない作り方で提供していますから、
      例外は致し方ありませんよ(笑)

  5. おばんです。タマネギの息子の小ネギ氏により無事に春祈祷は執り行われました。玉串拝礼の最中に手が震えたのは思い出し笑いであって、酒が切れたのではありません。何十年も春祈祷やってたのになぜ昨日急に思い出したのかは自分でも謎です。

  6. 掛神様
    こんばんは。
    記事がディープなら、各コメントもディープになるものか?笑
     連れを焼肉へ連れて行くのか、ラーメンか?どちらがディープ
     私はラーメンだと思います!
     その一杯がうまいかどうか、が第一義(或る意味究極のうまさ)
     それを理解してくれる相棒:

  7. 負けられませんので、次回は「超超超こってり」の「生麺」、もちろん「レンゲ不要!!」で味噌そばをお願いしようと思います (爆)

    そういえば一度だけセカンドドーターちゃんが麺すすっている姿を拝見したことがありますが、確かに早かったですね!(大安食堂爆)私が餃子を二個食べてる間に完食だったような(核爆)

    1. 徒然人さん、毎度です!

      その様な事に負けた勝ったはありません(核爆)

      瀬戸物のレンゲを提供直前まで火で炙ってから提供しますか?(核爆)

      そう言えば、記憶が蘇りました。覚えています!そこでも〆のラーメンを食べずに呑み続けていただすな!(爆)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です