Trip of 豊翔会Ⅱ

喜多方のこちらに着きました。
あまり暑いので、「ふぶき」に連れて来てくれたのですね?と
ガイドさんに打診すると、「花ふぶき」という事らしいです。

地吹雪だと思っていました(爆)

下車すると、今回、我々の命をあずける事になった運転手の
高山さんに「ラーメン旨いですね?」と声を掛けてくれました。

そうですか。ここのラーメン旨いのですか?と答えると、
「いえ、社長のところのラーメン旨いです、何度もお邪魔しました」
(爆)

いやぁ~。嬉しいは嬉しいのですが、正体ばれていましたか(苦笑)

いつもみたいに酔えないじゃないか!(爆)

メンマからばれたか?誰かが「コンピラ社長」と呼んでいるのを
聞いたものか?(謎)

「あつし」とか「かっけ」とか呼んでくれば良いのに、、、、(笑)
呑めば、社長どころか平社員以下になるのに(爆)

まずは入店してみましょう!

21名で入店したのですが、10分もしない内に出てきました(爆)

これは岡本信人(早いのが取り柄)ですなぁ~(笑)

21食、一気に提供されました(核爆)

これは凄い!相当の設備なのでしょう。

団体旅行ですから、麺硬めなんてのオーダーは言語道断です。

出された物を喜んで食べましょう!

さて、肝心な喜多方ラーメンの麺は?
前に座ったのは銀行からの付き添いの山元富士子さんでした。

「あつしさん、何やっているの?麺写してどうするんですか?」(爆)

「今、説明している場合じゃないって!」(爆)

12番か14番の平打ち麺の様です。グルテンが効いて
伸びにくい製法をされているようです。

続いてメンマ中華です(爆)

嘘です(笑)

メンマの持込は止めて下さい!(核爆)

私のところには、冬場、雪海苔を持参してトッピングして
食べているお客さんがいるそうです(爆)

因みに、私のところは、トッピングは何を持ち込んでもOKです(笑)

ラーメン食べてくれるなら、おにぎりでも弁当でもOKですからね(笑)
全然構いませんよ!

さて、ふぶき亭さんですが、団体で来てもこの味です。
文句ありませんなぁ~。

皆、麺の硬さも、硬くも無く軟らかくも無く、ちょうど良かった
と言っていました。

食後は麺作りを見学できるということで楽しみにしてきました。

隣棟です。

さあ、この旅行はここが一番目当てで来ました。

楽しみです!

聞きたい事、質問もたくさん考えて来ましたよ。
1時を過ぎていましたので、再稼働しています。

凄い規模です。一日、何万食作るのでしょうかね?

震災の影響で、全体稼働という訳には行かないみたいですが、
それにしても大した設備です。

ん?もう終わりです(苦笑)上の画像はガラス越し撮影です(笑)

自由見学で、説明も皆無だそうです(爆)(爆)
質問も受けつけない様です(爆)

ん~む。これは本腰を入れて呑むしかないかなぁ~(爆)

この日最後の見学場所です。

ここの酒屋さんは半端ではないです(汗;)

見て下さい!真っ直ぐ歩けない酔っ払いがいます(爆)

もう既に3時ですから仕方ありません。

この大きなタンクには2500石入るそうです。
2500石というと一升瓶25万本分です。

これが焼酎だったら、私が毎日、腹一杯呑んでも1400年~1500年は掛かると分析します(爆)

この度の旅行のペースで呑めば、1200年掛かりません(爆)

この酒屋さんの庭ですよ(笑)

池にはたくさん鯉も泳いでいます。

私が酔っているからでしょうか?(笑)
近くに寄ってきません(苦笑)
ズームです。

こっちに「来い!」(爆)

無理です。

いやぁ~。酔いました。
4時着だったのですが、ここまで5合程呑んだと分析しています(爆)

夜の宴会は6時からです。
復活できるのでしょうか? 続く…。

こちらの投稿もお勧め!