前日の続き

続きは、トッピングの講釈からです!

さて、筍は?

ん~む。何と申そうか?(爆)

029 (640x452) (490x346)

麻竹の細切りで十分と欣ちゃんには言っていたのですが、普通じゃ面白くないとガチの国産生孟宗を仕入れ、調理してきてくれました。

何かとても気の毒でした。通常のメンマとは違い、風味抜群、シャキシャキ感も全然違うのは言うまでもない逸品!

鶏チャーシュー(もも巻き)

030 (640x421) (490x322)

とても優しい味付けで、龍の佐藤氏のラーメンを食べた事が何度も
あるからこそ、この味付けに落ち着いたのでしょう。

龍さんのトッピングには、主張の強い物が皆無です。
スープの邪魔は絶対にさせないぞと言うのが伝わってくるトッピングは
食べた事のある人なら即座に判断できます。

豚バラチャーシュー。

太麺屋さんのチャーシューの旨いのは周知の通り。
私のところと違い、醤油ダレに漬け込んでからも、更にまた一手間掛けた逸品です。

豚肉の高騰には参りました。懸念はしていましたが、やはりと言った感じですね。私個人的は相当に深刻だと思います。新聞を見ても分かる通りに異常ですよ。

まあ、その話は、今日は割愛します。

031 (640x464)

そして、ワンタン。
コラボ前から作り手の英さんが、失敗しただの厚いだの言っていましたが、
成功品ならどんだけ旨いの?と聞きたくなる逸品(爆)

033 (640x422)

近い内に、お店でもメニュー化されると思われますので、期待したいところですね!
味付けも、龍の佐藤氏に気を使った感がすぐに分かりました(笑)

この二人は相当仲が良いと分析します(笑)

037 (640x452)

仲が良いと言えば、この夫妻です。
まあ、庄内全ての飲食店に行った訳ではないですが、私の行った中での
お店の雰囲気はナンバー1だと思います。

誰にでも同じ接客です。一見、常連、当然ながら皆同じです!

気持ち良くラーメンの食べられるお店です。

039 (640x480)

さて、そして、この日のコラボ第二段。

雷軒さんの麺で油そばを作ると言うのでありました。

今回、千石やの五十嵐君のコラボへの協力はありませんでしたが、
参加はしてくれました。

041 (640x466)

コラボラーメンの批評については、「まあ、良いんじゃないの」程度の
通信簿(5段階評価で言えば、3くらいの評価だったかもしれませんが(爆)
この油そばの評価は高かったみたいです。特に麺には「凄いの!」と驚いていました。

まあ、素人さんが打った麺と言う事もあったのでしょうが、あの麺は素人レベルではありません。そして、ラーメン店=プロではありませんし、ラーメン店を経営していない=素人では勿論ありません。

製麺業やラーメン店主以上の素人!?さんも世には多くいると思います。
雷軒氏の麺はプロの麺です。頭が悪く上手く説明できていない気もしますが、お察しいただきたいです(笑)

しかし、龍さんの混ぜそばはマジで旨いです。

「たまにある細麺」に続いて、デフォ等を「滅多に無いこんぴら麺」
混ぜそばも「滅多に無い雷軒麺」で、一ヶ月に一度の限定珍しメニューにしたらどうでしょうか?(爆)

1237498_296790873818737_2236182349348837216_n (640x480)

そんな事で、多いに盛り上がったオフ会でした。

二次会はしないで、帰るつもりのペースで呑んでいたのですが、
何処かに連れていたれた記憶はあります(爆)しかし、ほとんど覚えていません(核爆)

ヒッパレさんに流れたとの噂もありますが、全く歌った記憶がありません(核爆)

もしかして、カラオケ店で歌わずラーメン談義ですか?(爆)

正に類の友が爆発した容になったと言いましょうか(爆)
後半は全く覚えていませんが、本当に楽しかったです!

正直、酔わない内のラーメン談義がしたかった(核自爆)orz
まずは、参加してくれた全員に感謝!感謝!です。

次回もナオキング氏中心で、開催されるとの話ですので、是非
お誘いがある事を期待したいです!

こちらの投稿もお勧め!