昨日のラーメン&脱線話

昨日は、日本国にあるこちらのお店に、11時15分余裕のシャッター。
雨降りでもシャッター!傘も差さずに権利取りで店内を覗くと、
店主の五十嵐君と内儀殿はカウンターで食事中でした。

001 (490x352)

あれだけカウンターがあるのに、二人で並んで食べていました(爆)
私と「おかん」なら、一つくらいは空けて座りますよ!(笑)

これは、晴天の欣ちゃん夫妻に勝るとも劣らない仲の良さですな(笑)

お店に背中を向けて5分程待っていると、私の後ろ姿で分かったのか入店させてくれました。いきなり開いたので、一瞬びっくりしました(爆)

002 (490x358)

暫く世間話をしていたら、シャッター狙いの車が入って来ましたので、
ここで出し抜けをくらってはいけないと、券売機でいつものメニューを
押して、お釣りも取り忘れしてはいけないので、ネギ増しも押します(笑)

この日は、お店のサービス企画を利用して、大盛りにして貰う事にしました。

さて、開店前の店主と厨房。

既出ですが、清潔で整理整頓はいつもながら素晴らしいです。

003 (640x480)

さて、この先は我々二人を知らない人は、全く面白くない話ですので、
ラーメンの顔写真までスルーして下さい!(笑)

五十嵐君とは12年間の同級生であった事は既出ですが、学校では勿論ですが、その他、休みの日もほとんど一緒にいました。

小学校低学年の時は、二人で偏食王を争っていました(爆)
好きな物は鶏肉でした(笑)因みに、今もお互い鶏肉も鶏も大好きなままです(爆)

嫌いな物も全く同じ、シチューやポタージュなんか大嫌いで吐き気がする程嫌ったものです。カレーは何とか食べられましたが、人参とジャガイモが喰えませんでした(爆)

小学校の時は、給食の食べ残しには、担任は厳しかったです。
1年時は給食を食べると下校でしたが、二人だけが毎日の様に居残りさせられて放課後に残給食と格闘していました(爆)

しかし、五十嵐君も私も完食した事は一度もありませんでしたorz

監視する先生がしびれを切らして、職員室に戻る時がチャンスでした。
汁物は水飲み場に流しに行ったり、物体は大型消費税を支払う
ところに持って行き捨てました(核爆)

まあ、今思えばお互い一人っ子で、わがままが大きかったとも言えます。

五十嵐君はわがまま王でもあったと思います(爆)

小学校高学年になると、二人でスキーに嵌りました。

八森、朝日、清川、旧羽黒、羽黒山頂などで、全て直滑降ですべり
スピード感を楽しみました。というか、スピード狂であったと思います(笑)
湯殿山にも行きましたが、どんどんエスカレートして、最後には蔵王に行くと言い出しました(笑)
お父上にだだをこねて、蔵王まで運転させたのですから驚きです(汗;)
私も一緒に連れて行って貰い、蔵王を攻めました。

ここでも段々エスカレートして、最後には横倉の壁に挑みました(爆)

二人で滑りましたよ。楽勝でした!(笑)肩や背中でね(核爆)
あの壁を背中中心で降りて来て感じました。上には上がある。
スキーは止め様と決心した瞬間でした(苦笑)

とても良い思い出です。

そして、同じ高学年時に、五十嵐君がスポーツカー自転車を、
親に無理行って買わせました(爆)

いつ何時も五十嵐君とは一緒、張り合って来たのに私だけが無いのは、
正に痛恨の極みorz
どこで買って貰ったか聞くと、昭和通りのビッグリバー輪店と言います。

価格は5万ちょっとした記憶があります(汗;)
石橋産のモンテカルロと言う代物だったと記憶しています。
因みに石橋は、ブリヂストンです。創業者の名前で(石)「ストーン」
(橋)「ブリッジ」を逆にすれば、ブリッジストーンです。
その短縮容だと思われます。
そんな事で、私も欲しくなり父親に欲しいと伝えると駄目だと言われましたorz

仕方なく、強行策を取りました。ビッグリバー輪店のご主人に嘘を付きました(爆)
「親が後でお金を持って来ると言っています」(核爆)

何処の子だ?と聞かれ、琴平荘と言うと、何と自転車を渡してくれました(核爆)嘘の様な本当の話です!
五十嵐君と同じスピードメーターを付けて貰い、走行距離を競いました(笑)
最初の日に15kを走り、翌日五十嵐君のメーターを見ると18kでした(汗;)
悔しくて、門限の6時を過ぎても走り続けていました(笑)

最初の休みに30kを走り、翌日は確勝と思い、五十嵐君のメーターを見ると、
更に距離が伸びていました。酒田まで往復して来たと言います(爆)

悔しくて、帰宅後も自転車の前タイヤだけを回す如何様戦法をやりました(爆)
それを見ていた祖母が「何をやっているの?」(核爆)

そして、翌日メーターを見せ合いますが、やはり勝てませんでしたorz
最後の手段で、スピードメーター器をこじ開けて、1000k増に不正しましたが、それから走ってもメーターが動かなくなってしまい、実際は壊してしまっていた様です(核爆)
一ヶ月持たずのスピードメーターでしたorz
その後は、常に9999kと900メートル「99999」で不動でした(爆)

更に競い合いは、エスカレートして、ドリフトの豪快さを争っていました(笑)
場所は鶴岡パーク。最初はドリフトした長さを測っていましたが、
どんどんエキサイトして行き、堀ギリギリに止まるパフォーマンスを競い合いました(爆)
何度かお互いギリギリで止まるパフォーマンスをしていたのは良かったのですが、結局、最後は五十嵐君が調子をぶっこいて、勢い余り堀へぶっ飛んで転落して行きました(核爆)5万円の自転車は台無し(爆)
普通の小学5,6年生なら泣きますよ。私も、泣くな(797)鶯平安京三年後と激励しました(爆)五十嵐君は、何と(710)平城(平常)京で、堀の中で笑っていました(爆)
これぞ正に、堀の中の懲りない面々(核爆)やはり大物でした(笑)
これもパフォーマンス的は、五十嵐君の勝ちでしょう。

004 (640x466)

ドリフトで思い出しましたが、自動車免許を取り立ての頃、太陽にほえろの
石塚刑事の真似をして、スピンターンをしました(爆)

場所は、東京流通センターとドラッグヤマザワの間のロードを養護学校方面に向かって突き当たりのロードです。

80k~100kのスピードで走り、サイドブレーキを思いっきり引いて、
ハンドルを切ると、ゴリさんになりました(爆)

五十嵐君はお父上のブルーバードを取り上げ、高校を卒業する前から
乗り回していました(爆)スピンターンも最初に試みたのは五十嵐君でした(爆)
こんなに清潔で整理整頓され、仕事に対しての妥協は一切せずの
真面目な男が、何でこんなに馬鹿だったのでしょうか?(核爆)
因みに私はこの時、五十嵐君が去った後にも、今は亡きタモちゃんのオンボロセレステでスピンターンを何度もして、結末はタイヤが外れてしまいました(核爆)歩いて車屋を探しに行った記憶がありますが、本当に疲れる話ではあります。だから英語ではI was tired.と言うのです(爆)

もしかして脱線か?(核爆)

さて、ワンタンメンネギ増し大盛り硬めが着丼です。
005 (640x479)
麺は、言うまでもなくストレート麺を選択。
これは、店主の五十嵐君が自信を持って提供しているストレート麺なのですから、それを頂くのが礼儀でしょうし、そちらの方が断然旨いし、スープにも合っていると個人的にも思います。

006 (640x472)

案外、誰も縮れ麺を頼まずに、ストレート一本で行ければ本望なのではと思いますね。
肩ロースチャーシューは?

良い素材です。良い素材ゆえ、余計な味付けは不要なのです。
肉の旨味を逃さない煮時間。そして、醤油の良い風味が肉にほどよく伝わっています。これが伝わり過ぎると、スープの邪魔をしてしまうし、
伝わりが少ない場合は、肉臭さが復活して来てNGです。
まさに絶妙な味付けです。
007 (640x451)

もう、ワンタンの講釈は要らんでしょう(笑)

008 (640x469)
大盛りでしたが、楽勝のKKでした!

こちらの投稿もお勧め!