定休日のお昼

前日今野氏と盛り上がり過ぎて、この日のお昼は「おかゆ」でも煮て食べるかなと思っていましたが、
もう少しラオタ道を続ける約束をしたばかりですので、麺絆英さんにガチンコシャッターして来ました(爆)

名付けて半田式シャッター(爆)

001 (490x360)

大浦管内の人で、フラワーバードウインドムーン城下町店の開店日
に10時20分の一番シャッターをした凄者です。

ここをがん見の方はご存知、こちらのプレオープン二日目にも一緒になりました。その時は、3秒差で私の勝ちでした(爆)

今度、開店時間の大幅前に並ぶ事を、半田式シャッターと呼びます(爆)
因みに、私のところの製麺機も半田式です(笑)

003 (490x364)

「庄司店主!」と赤タオルを見せると、ここはスペインじゃないんだと言わんばかりに、牛の突進姿にはならず、ぼけてカニになりました(核爆)
激可愛スタッフも爆笑(爆)

012 (640x468)

前回、次訪はつけ麺と決めていましたし、券売機の場所も確認して帰りましたので安心。

でも、庄司店主は気づかってくれて、隣で説明、講釈をしてくれました。

メンマつけ麺は?と聞くと、「ただメンマが多く入っているだけです」と笑いながら説明します。まあ、メンマつけ麺でもつけ麺にメンマのトッピングでも
同じ事なのでした。

券売機を見た時は、つけ麺とメンマのトッピングを押そうと思いましたが、
庄司店主と話しして券売機から一瞬目を離してしまって、一番上の大きな分かりやすいボタンがなぜか目から消えてしまったのです(爆)

002 (640x473)

魔がさしたというか、結局は、一番左上がつけ麺と錯覚して、特製つけ麺を
押してしまいました(核自爆)

押した瞬間、庄司店主が「あっ~、そこは、、、、」もう食券が出て来た後でした(核爆)
「一番高いメニューを押してくれてあざっす!」と庄司店主大笑い(爆)
もう、ここまで行くと、何かに取り付かれているとしか思えませんorz
一度、御祓いをしに行こうと思います(爆)

玉子を外して貰い、その分メンマで対応して貰いました。いやぁ~、良かった!

麺は400gにしようとも思いましたが、特製を押してしまった
ので、300gに自重。

そして、ガチンコシャッターだったのですが、すぐに店内に入れて貰い
フライング待ち(笑)

朝礼をやるので見てて下さいと言います(爆)

006 (640x443)

「琴平荘の社長が見ています。ブログに載るかもしれませんので、
しっかりお願いします!」と店主が言うと、スタッフ、皆大笑い(爆)

ここからが、超真面目な気合の朝礼でした。

拍手を送りたくなるような気合の入った朝礼でした。
素晴らしい!拍手を送るのは恥ずかしいし、失礼でもあると思ったので、
「私のところでも明日からやります」と言いました(笑)

私は、朝礼は小学生の頃から嫌いでしたので、やりません(核爆)
庄司店主のお店みたいに、頑張ろう!という気合を注入する様な朝礼だったら
良いと思いますが、毎日同じ様な耳タコ説教朝礼ならやらない方がましだと私は思います(苦笑)

さて、特製つけ麺300gです。

004 (640x478)

麺は?

これはお見事!まずは、つけダレを付けずに食べます。
最高に旨い麺です。

008 (640x480)

そして、タレの塩梅を確かめます。

麺のどのくらいの部分を浸けて食べるか判断する訳です。

これは生そばにおいても全く同じです。

勝手に麺を大量に器に入れ、「しょっぱい!?」はいけません(苦笑)

ここのつけダレの塩梅は、普通よりもやや薄味になっていますので、
麺のほとんどを浸けてもしょっぱく感じないので、どんどん入れてもOKです!

やばい!3分も掛からず完食。その代わり、喉が詰まり給水2回(核爆)

009 (640x418)

さあ、ここで焼き石をお願いして投入する訳ですが、
温くなったスープが本当に復活するのでしょうか?

はっきり言って、焼け石に水と思っていました(爆)

しかし、スープに焼き石は完全復活で熱々になります。
ここで、ベースの醤油を少々と割りスープ。レッドペッパーを入れて飲み干します。二度美味しさを楽しめます。

010 (640x405)

いやぁ~、最高でした!KKです。
KKとは完食、完飲の略です(笑)

まあ、KKしたと言うよりもKOされた感じです。

011 (640x480)

石までは食えませんよ(笑)
ふざけて口に入れて、ストーンと飲み込んだら大変です(爆)

これで、ラーメン、朝ラーメン、つけ麺をいただいたわけですが、
個人的には、僅差でつけ麺が金でしょうかね?銀に朝ラーバージョン、ジモティーに一番支持を受けるのは、朝ラーバージョンかなとも思います。
そして、銅にラーメンです。

しかし、麺の旨さが一際異彩を放っています。

早く、ここのワンタンメンと餃子も食べてみたいです。
メニューに記し、消し隠ししていますので、
ご覧の皆さんもご来店した時には、
是非ともプレッシャーを掛けていただきたいものだと思います(爆)

こちらの投稿もお勧め!