ラオタコンビ結成!

水曜日の夜は、七番地にてのサシの呑み会。

お相手は、今売り出し中の山伏管内在住の超ラオタ「今N直K」氏。

この方は、本当にラーメンが好きな方です。
人間性も素晴らしいですし、全ての面において尊敬のできる方です。

そんな事で、彼は私よりも一回り若い年齢で今後地元のラオタ道
を背負って行く人間になるんじゃないかと期待している一人です。

001 (490x346)

この日も開店時間前から「閉店しました」の看板(笑)
「営業中」にならないお店です(爆)

お客さんがいたずらして、『営業中』に替えたりしますが、
入店すると、「満員だ!わりのぉ~」と断られる事が多いお店です(笑)

002 (490x361)

この日も、辛うじて空いていたカウンター2つを予約して突入しました。
あまりにも話しに夢中になり、料理の画像を撮るのを失念(爆)

ラーメン講座にも積極的に参加して、自作ラーメンにも嵌っています。

今後の開業について打診してみましたが、今のところそのつもりは無いと
断言していました。

今後、気が変わる可能性も無くは無いでしょうが、あまりにも勉強し研究を
続けると、ラーメンが恐くなるんじゃないかと懸念します。

恐くなる前に開業して貰いたいのですが、奥さんが反対とか言っていました(爆)

何とか唆せて秋田で開業して欲しいと思っていますがどうか?(爆)
せめて、山形、酒田と言ったところでしょうか。
まだ、子供が小さいのですぐの話ではなにのかもしれません。

003 (640x480)

時は9時になりましたが、約束は〆のラーメンを食べて帰る事で以前から一致していました。終電まで、時間があるので、堂道さんで「ノドグロ」でも食べて、〆のラーメンに行く予定でした。

堂道さんの前まで行き、ブログのネタを考え、仁三郎専務お気に入りの
お店の前で悪ふざけをしていました(爆)

物音に気づいて、店内から女性スタッフが出て来ました(汗;)

004 (640x472)

「すんません」と謝り、道路を横断しようとすると、「琴平荘の社長じゃなですか?」と声を掛けられました(大汗;)

ん~む。あの日、仁三郎専務とH八乙女の社長の金魚の糞で一度来ただけです。
顔を覚えていたみたいですorz

ママに「どうぞ!さあ、どうぞ!」と入店を勧められ、マジ狼狽しましたが、今野さんに「ビール一本だけ行くか?」と打診すると、
良いですよ!どこでも付き合いますと言うので入店する事になりました(爆)

ママが「鏡月で良いですよね?」とボトルを持って来ました(核爆)
よく覚えているものです。

ここをガン観している人もその日の記事を忘れているんじゃないですかね?(笑)

オールドパージャンボを出されたら、そここそ高いブログのネタ料になりましたが、鏡月で助かりました(核爆)

感服しましたので、1時間だけ呑んで〆のラーメンに行く事を、
今野さんと固い約束をしたのです。

009 (600x800)

因みに、ママも秋田のラーメン部を応援しています(爆)
鶴岡夏の陣の二次会でどうかと、すっかり今野さんも盛り上がっています(笑)
結局は、ママのトークと魅力に嵌り、終電ギリギリまでこちらのお店に
滞在(核爆)

ん~む(汗;)こんな事になるとはマサカレード(爆)

スナックですっかり盛り上がり、命の次に大事なラーメンを食べ損ねる
とはラオタ失格です(爆)

それに付き合った今野さんには、まだまだ地元ラオタ王は任せられないなぁ~(核爆)

007 (640x480)

と言う事で駅まで見送りをして貰い、最終列車に飛び乗ったでありました。
マジギリギリ、高校以来の飛び乗りでした(爆)

そして翌日、今野さんにお互いラオタ失格だな!と連絡したら、
私を見送った後、代行待ちで、〆ラーメンを独りでこっそりしたとか(核爆)

そんな事で、私だけラオタ失格になったのであります。

もしかしたら、私を見送った後にマスカのお店に戻ったのかと
思いました(核爆)

011 (640x463)

そんな事でまさかのマスカになりましたが、ママとの会話の中で
経営者では無いとの事。

何とオーナーは、泣く子も黙る「葛岡氏」
居酒屋など、8~9店舗を支配する超やり手。地元のドンです。

葛岡氏は中学の一つ上の先輩で、面倒を見て貰いました。

同じサッカー部で、炎天下で水分補給も全くしてはいけなかった
訳の分からぬ時代に、ラムネを呑ませて貰いました。

ラムネを隠し持っていた葛岡先輩は、シュート練習に切り替わる時に、
私に呑めとラムネを渡してくれました。それが更に一つ上の先輩に見つかり
いきなりビンタでした(爆)

ここで葛岡先輩の事をちくらなかったという事で、認められ更に可愛がられました。葛岡先輩もヤンキーで、試合でも、ボールを蹴らないで
相手の脚をわざと蹴ったりする恐ろしい先輩でした。

試合に負けた後も、、、、、その先は書けません(爆)

高校も私と姉妹高の板前学園で、列車通でした。
私が高校に入学する時も、声を掛けてくれて、「1年生は全部抑えれよ!」
と激励をしてくれましたし、列車通学の悪の道に誘ってくれたあり難い先輩です(核爆)

その時、葛岡先輩と一緒にいたのが、長南牛肉店の社長です(汗;)
その当時、高校二年で柔道2段、そんな奴がヤンキーでは手が付けられません(核爆)今でも公私で付き合いがあり、先輩呼称している程です。

長南の社長も大きく商売をしているので、当時の話は公開しない方が賢明でしょう(爆)

葛岡先輩とは、色々な思い出がありますが、恐ろし過ぎて3割引きでも書けません。極悪非道のまさに上級編(核爆)

しかし、母校の後輩にはとても優しく良い先輩でした。
後輩や弱者いじめは絶対にしない先輩でした。
でも、他校の不良には非常に厳しかったです(爆)

ママが「社長が来ていると言えば、すぐに来ると思うよ!」と言いますが
、二週連続で朝まで呑んではいられませんから、終電ギリギリで逃げて来たと言う事です(笑)

大活躍の二人から、本当に可愛がって貰った事は生涯忘れる事はありません。
若気の至りって、誰にだってある事でしょう(笑)

まあ、最後に脱線しましたが、今Nさんとラオタ道を極めるコンビ
結成となったのでした。

掛野淳樹(かけのじゅんき)は、地元のラーメン店を食べ歩き、
今後もナイスレポをして行きたいと思います(爆)

こちらの投稿もお勧め!