昨日のお昼

昨日は、城下町管内の某食堂へシャッターと言う事で11時少し前に突入
準備していました。

車内のラジオの11時の時報と同時に突入したのですが、
「いらっしゃいませ」の声もなく、「今日は始末があわねぐで遅れでる」と
言います。

後5分か10分は掛かると言います。

この日は、私も急いでいた事もあり、遠慮させて貰いました。

そして、暫らく振りのこちらの中華料理店にお邪魔する事にしました。

昼も夜もかなり繁盛されているみたいですよ!

次から次へとお客さんが入店して来て、メニューも見ずに
「Aセット」とオーダーしていました。皆、常連さんなのでしょう。

私は、昼からの中華はNGです。だって、そんなの喰ったら呑みたくなりますから(爆)

メニューをガン見して、具物系のラーメンを熟考します。
迷っている内に、その辺から「Aセット、Aセット!」と聞こえて来て
焦ります(爆)

タンメンとオーダーするも、ワンタンも食べたくなり、タンメン(720円)にワンタンのトッピング870円にしました。

メニューはすぐに下げられ、画像無しorz

Aセットのお客さん数名に追い越されながら、待望のタンメンワンタン入りが
提供されました。

最高に香りが良いです。

中華料理店のタンメンは、やや薄味が多いですが、しっかりとした塩梅で私好みです。

スープもワンタンも熱々で、口中を少々火傷してしまいました(爆)
これぞ中華料理店のガチの具物ラーメンです。

この食べ応えのあるワンタンを食べると、ワンタンの皮は必ずしも薄い方が
良いとは言えなくなりますね。

スープとのバランスもあるでしょうし、好みの問題もあります。
私はどちらも好きです。

いやぁ~、温まったと言うよりも身体から汗が噴き出て来ました(笑)

コショウは私が振ったのではなく、予め振られて提供されたものです。
私は、基本的にはコショウは振らない派で、このタイプのラーメンには
唐辛子やラー油を入れて食べています。

繁盛で何よりです。
私が駐車場に出た時も、二台連続で入って来ました。

旧大動脈の向こう側には、大昔、パチンコあたり屋、そして、どさん子ラーメン
がありました。軽く30年以上も大昔の事です。

高校時代は、そこのパチンコ店でタバコを取る為に通いました。

真の悪は、タバコは万引きして吸っていましたし、或るいは後輩から脅し取る者がほとんどだったですが、
私は正々堂々遊技して、玉と交換して吸ったものですから、かなり評価できます(爆)

どさん子さんの100円ラーメンにも並びました。

食べ終わると、再度、行列のしんがりに並び、繰り返し連食して、
300円で3杯の味噌ラーメンを食べました。
4杯ぐらいは食べれたと思いますが、あまりにも低価格の企画に
、悪い事をしているんじゃないかと錯覚して、自重した記憶があります。
常識ある高校生だったと分析できます(笑)

どさん子さんで思い出しましたが、私は自宅から近いと言う事も
あり、こちらの店舗に通いましたが、同級生の1000石やの五十嵐君は
わざわざ庄内方面隊があった近くの布目店へ通うものでした。

彼曰く、「味が違う。布目店の方が旨い!」でした。

その当時の私には大きな違いの判断できませんでしたが、
今考えれば違って当たり前なのです。

布目店は、オーナー自らが作り手として、厨房に立っていた訳ですから!

それを高校生の五十嵐君は見抜いていたのですから、さすがです(汗;)

更には彼とは高校時代、夜を徹して麻雀をした事が何度もありました。

朝になり、彼は母上殿にチャルメラを作れと命令していました。

あの徹夜マージャン後のチャルメラは、今まで食べたラーメンの中でも
過去最強に美味に感じたと言っても過言ではありません。

申し訳無い話ですが、私も何度も御馳走になったものです。

しかし、彼は「何か?不味い!」と母上殿を怒り付けるものでした(汗;)

自らが、台所に立ち調理するものでしたが、彼の作るチャルメラは
一味違い、更に旨いと唸る程のものでした。

恐らく、粉末スープの入れ時の違いと麺の茹で加減だったと分析できます。

粉末スープを予め入れて煮立てたものと、麺が茹であがったから入れて
かき混ぜたものでは、違いがあったのだと思います。

あの当時から、ラーメン作りには一切の妥協が無かったのが思い出されます。

そんな事ですが、道路向かいのお店を見て大昔を思い出し、余談になりました。

こちらの投稿もお勧め!