金頭とホウボウ

お客様のお味噌汁用の魚です。
ホウボウと金頭と混ざりです。混ざりで大きさもまちまちなので安く仕入れできますw
999_FUJI-DSCF1305_DSCF1305.JPG
さて、それはさておきホウボウと金頭の違いはご存知でしょうか。
そうです!名前が違います(爆)
ホウボウは海底を泳ぎ回るということで「方々を泳ぐ」からきたものでしょう。
金頭は頭が堅いので、金のような堅い頭ということでその名が付けられたのでしょう。
あとは、一番判断ができるのは、魚の表面を触ると即座に判ります。
鱗があるのが金頭です。ホウボウの方は鱗が無いのがといいたいところですが、鱗はありながらも全く気にならない鱗ですので、表面はヌルヌルしています。
金頭は、ザラザラしていますのですぐに判断できると思います。
あとはヒレでも判断できますね。上がホウボウで下が金頭です。
999_FUJI-DSCF1303_DSCF1303.JPG
どちらが旨いかと言われても困りますが、金頭は知名度がありますが、ホウボウは知名度不足なのではないでしょうかね。
ですのでスーパーなのでは、ホウボウも金頭として売られているのが現実のようです。
まあ、豚肉を牛肉と偽り売るのとは訳が違うでしょうが…w
魚屋さんの話によれば、金頭は春が旬でホウボウは秋が旬という話をしていました。
どちらかと言えば、ホウボウの方が巨大になるそうなので、刺し身にするならホウボウが上でしょうね。
秋というよりも水温が下がった冬場が旨いとは思うのですが…。
上がホウボウで下が金頭です。
このように魚の色でも判断できると思います。
999_FUJI-DSCF1304_DSCF1304.JPG
金頭は最大で1尺までにもなるのだとか…。ですのでホウボウはそれ以上の大きさまで成長するのでしょう。
お汁用でしか仕入れたことがないので、そのようなビックフィッシュはあまり見た事がないですが、それらは高級魚の部類に入るでしょうね。

こちらの投稿もお勧め!