k茂AquariumⅠ

Kamo Aquarium へ行って来ました。
クラゲの展示数、日本一、いや世界一だとか…(スゴイ!)
いっそのことクラゲ水族館とでも改名してはどうだろうか…(笑)
巨大な水槽も入りました。
よく海水浴なので見られる水クラゲです。
999_FUJI-DSCF0564_DSCF0564.JPG
水クラゲのアップです。
999_FUJI-DSCF0565_DSCF0565.JPG
館内をうろうろ歩いていると、赤クラゲが虫の息状態でした。
999_FUJI-DSCF0567_DSCF0567.JPG
最後の力を振り絞って、赤ちゃんクラゲを産もうとしているのだと言う事でした。
このクラゲも寿命は一年だそうです。鮎と同じで一年で力尽きる生き物のようです。かわいそうですね。
そして、ここの所長が特別に入所を許可してくれました。
999_FUJI-DSCF0568_DSCF0568.JPG
中に入れて貰い驚きのものを見せて頂きました。
何と!世界初の試みということで、オキクラゲの赤ちゃんを育てていると言う事でした。
999_FUJI-DSCF0569_DSCF0569.JPG
この大きさに成長させる事ができれば、世界初です。
999_FUJI-DSCF0572_DSCF0572.JPG
ここの所長にはクラゲ世界の第一人者になって貰いたいものです。
他にも色々な説明をして頂きましたが、全部は覚えて来れませんでした(自爆)
そうそう、上記のミズクラゲは海水欲客から嫌われ者になっていますが、私は泳いでいて刺されたことはありません。
嫌われ者のクラゲは、4本生えた触手のアンドンクラゲというクラゲですね。
このクラゲに刺されると、飛び上がる程痛いです(笑)
熱を出して寝込む人もいるのだとか…。海水欲シーズンに入り、水温が上昇してくる頃には要注意ですよ!
水族館にいなかったということは、やはり嫌われ者だからでしょうか?(爆)いえ、飼育が難しいのではないでしょうかね?
それにしても、凄いクラゲの種類でした。続く…。

こちらの投稿もお勧め!