O鳥Ⅱ

一昨日はここを右に、昨日はここを左に行きました。
999_FUJI-DSCF0504_DSCF0504.JPG
タキタロウ伝説(巨大岩魚)のあるO鳥池方面です。
ここまで自宅から車で1時間です。
車から歩く事30分でこのような難敵が待ち構えます。
999_FUJI-DSCF05114_DSCF0514.JPG
直接は登れないので、右手の峰から登ります。ここの回り道が15分です。
登るといきなりの雪渓です。ここで嫌になるのですが、この先のゼンマイの群生を見ると元気を取り戻します(爆)
999_FUJI-DSCF0507_DSCF0507.JPG
基本的にゼンマイは北向きの斜面を好んで自生していますので、他の方向にむやみに歩いても疲れるだけです。
北向きの沢にそのまま登って行って降りて来ても採れる事は採れますが、荒らされていることがほとんどです。
枝沢の終点が北向きになっているようなところには、必ず最高のゼンマイ平がありますので、そこを見つけることが大事です。
ということで雨で早めに山を降りて来ました。ここから、おかんに無事生きて帰って来たとモシモシしますw
999_FUJI-DSCF0501_DSCF0501.JPG
というかお湯を沸かして貰う連絡をします。
雨だとこの様です。2日間くらい乾せないかなぁ~orz
999_FUJI-DSCF0505_DSCF0505.JPG

こちらの投稿もお勧め!