古傷

ここ近年まで働いて貰った従業員が、よく言うものだった。
「明日は必ず雨だ!身体に感ずる…」天気予報を見てきて雨の確率90%でも出ていたかな?と笑い飛ばしていたものだった。ところが、最近私もわかるようになってきたのである                  \(@O@)/エッ?
3年前に、右手小指の靭帯を切り軽い手術を受けたのだ。その古傷が痛み出すと、必ず天気が崩れるのだから不思議だ(* ̄∀ ̄*)
よく天気痛とか云われ、腰痛や神経痛、頭痛なども起こると聞いたことはあるが、実際に自分がならない限りは信じられなかった。
天候が崩れて、痛みを感じるのだったらわかるが、崩れる前に感じるのだから不思議だ。気温ではなく、湿度と気圧のような感じはするが、全くわからない。来年の梅雨時に、どのくらいの確率で当たるか楽しみだw
今は水も冷たく大変だが、梅雨になれば暖かくなる訳だから、古傷も痛まないような気はするがどうだろうか?
これでも、天気を当てられる程、知覚が鋭敏なら天気予報などTVや新聞で見なくても大丈夫だよなwww
天気痛で悩む人達もいるでしょうけど、私の古傷の痛みなどいささかですし、何ら不自由している訳でもないですから、本当に天気わかるんなら、靭帯切って良かったかな(自爆)
今日も寒かったせいもあるだろうが、古傷がいつも以上に痛く感じた!
天気予報を聞いてみると…暴風雪警報、大雪、 雷 、波浪 、なだれ、 着雪の各注意報 がでてますよ!
工工工エエエエエエェェェェェェェw(◎o◎;)wェェェェェエエエエエエ工工工(;;゜ o゜;;)
これが偶然じゃないから恐ろしいんです!

こちらの投稿もお勧め!