火事

昨日、11時に10分程前に、おかんから「火事じゃない?」と起こされた。
寝付いてから1時間程経っていたが、地元「S瀬」が火事との事で飛び起きた。
S道の方(T浦中学校)から火が出ているというので、走った。しかし、そんなところからは   火も煙も出ていない。
無我夢中で煙が上がっている方向へ走ったのだが、中々慌てていて現場まで到着できなかった。
というかそこからは結構な距離があったのである。到着したのは11時にもなっていて、  火は盛り、容赦なく燃え広がっていたのである。
サイレンが全く聞こえなかった。
長女が友人からのメールで、おかんに報告して初めて気が付いたのである。
サイレンが聞こえる頃は、ポンプ小屋のサイレンではなく、隣りの集落からの応援の消防車のサイレンで合った筈である。
私の家の近くにも団員がいるが、全く聞こえなかったという。
消防署から駆けつけた車のサイレンが微かに聞こえたのだという。これは今後の課題ではあるようだ。
団員のOBからの協力(指示)もあり、何とか材木小屋一軒で消しとめた訳でもあり、死傷者も出なかったということは、不幸中の幸というべきではないのかなと気の毒ながら思った。
真夜中の火事で、本業に支障の出た地元団員もいるだろうが、これは任務なので致し方ないであろう。
私も往復8時間近い長距離を運転して来たが、正直大変でしたね。トイレ休憩や昼食に立ち寄った道の駅では「爆睡」でした。
今日は、誰も起こさないで欲しい!orz  何かいつもより乱文?みたい…。

こちらの投稿もお勧め!