定休日のお昼

この日はいくらか時間に余裕があり、久しぶりにシャッター長を取りたく
パトロールします。もう、シーズン中は決まったお店を回っているだけになっています。

なるべくシャッター長を目指します(爆)

「おかん」も一緒です。

⑧さんの予約の事情で、伊藤商店さん&五十嵐商店さんには、
随分の間シャッターできていないどころか訪店も超ご無沙汰していますorz

とことんシャッター長に拘る病は脱してはいますが、夕方の晩酌(爽との格闘)を考えると12時まで食べ終えないと支障がでます(爆)

水分も13時以降は皆無、そうでないと夕方の晩酌(爽の格闘)に支障が出るのです(爆)

生活リズムってありますから!
朝食は5時30分、昼食は10時、爽との格闘前の食事が16時と相成っております。

それでも、定休日は1時間の後ろ倒しにならざるを得ません。

ギリギリの時間なんですよね!

さて、荘銀小林支店から、いつものコースを走らせます。

川井商店さん駐車場には2台、そして、前の車が左折でしたorz

文下管内には、まだ落ちた鳥の片づけができていないどころか、
まだ落ちて来るとの情報で「キズナ英さん」には向かわず、R112へと右折(核爆)龍のシュガー氏店にも2台既におりましたorz

一台は井上大明神か?ケソ幹事長の車では無かった希ガス。

龍の理事長は、さぼりか?(核爆)ライスフィールド仕事が忙しくなって来たのかもしれませんね!

マタリキ店に急ごうとしましたが、恐らくは誰か彼かが阻んでいると予想し、
レッドリバーの三川橋を越えて、最初のトラフィックシグナルを左折しました。

駄目だったらマタリキを冷やかし、コウちゃんに茶々入れ、藤谷さんに無視されに行こうとも考え、その後結局は勝氏店にと頭に入っていました(爆)

何とかギリでしたが、シャッター長でした!(喜)

シャッター長は本当に嬉しいです。

一番早く提供されるのですから最高じゃないですか!

こちらのお店は、開店時刻(11時)少し前に入口の鍵が開きます。

その時間はその日によって微妙に違うのです。

駐車場にシャッター車があるか無いかとかは全く関係ないみたいです。

段取り準備出来次第だと思われます。

まあ、お店の正面にいれば、女性スタッフが鍵を開けるのを確認できますから、
これが暗黙の入店OKなのです。


鍵が開き、入店できればオーダーも可。

私は油抜きの(小盛り)、麺は「粉っぽく」です(核爆)

ケソチャソ全店舗制覇した訳ではありませんが、既訪したお店の中では、
ここ城下町ケソチャソは一番茹で時間が掛からない設定の麺かなと分析します。

もう、麺を釜に投げて、浮かんでくれば上げて上等レベルと憶測します。

そして、磯の香りグンバツの海苔をトッピング。

いつも、もう一口食べたいと思うチャーシューですので、
「おかん」が一緒で分けても良いので、肉増し(200円)をお願いしました。

そして、「おかん」は、普通(油)の普通盛り、バリ硬で、ネギトッピングをオーダーしましたよ!

着丼です。

これはケソチャソと言う食べ物でありまして、ラーメンには非ずと言う事で、自ずとスープからは行きません(爆)

まずは麵を掬いあげて食べます(爆)

っうか、この日は肉増しでしたので、肉からです(爆)
「おかん」のが着丼してから、肉を少しパスして真剣勝負であります(笑)

何から食べても旨いケソチャソです!
そう言えば、味玉サービスがあったのでした(有難汗;)

肉と一緒に「おかん」にパスです(笑)

この硬いところと、少し硬いところの麺の食感の変化(差)が特徴です。

揉んでいると言うよりも、潰していると言った方が分かり易いかもしれません。

熟成させてから、こんな事をしたら全て捥げて5cm前後の麺になってしまいます。

捥げそうで捥げない麺。本当に製麺の過程が良く出来ている証拠でもあります(流石)

本当に旨い!大満足でした。たまに食べないと発作が起きるかの様な中毒性のある食べ物ですよね!

製麺は手捏ねからです(仰天;)

ミキサーを使用しないのがケソチャソの本来の製麺スタイルなのです。

製麺は仕事と言うよりも、試合というか格闘の次元だと思います(凄;)

私なんかは体力も衰え、手捏ねどころか全て機械に頼っているのですが、
それでも限界ギリギリでやっている様な状態ですorz

本当に頭が下がります。こちらの店主の身体はボロボロですよ。

本当に気の毒ですが、「お互い頑張りましょう」と一言お声掛けさせて貰い退店
して来ました。

こちらの投稿もお勧め!