定休日のお昼

この日は⑧さんから川井商店さんに直行。

急遽、川井社長から出頭命令が出まして、様々な予定を変更したのでありました(笑)

会った瞬間、ユールックペルと言ったところか?(困;)
先日過労で倒れたとの事orz

気を張っていたので、土曜日までは頑張れたのでしょうが、
日月の連休は仕込みもできずに病院で点滴をして貰ったそうです(悲;)

私にとっての病院は時間の無駄にもなるので、天敵ですけどね(爆)

まあ、私の場合は過労と言うよりも、まだ疲労の次元です。

まだ、何段階かましか?(苦笑)

甲斐バンド「疲労」って歌、ありましたよね?
疲労~疲労になる時、Ah Haそれは今!(爆)

マジ熱唱すると、確かに疲労か?orz

とか親父ギャグを言っている場合じゃないのです(マジ)

美人スタッフ、中森さんから①札を貰いました。

入口付近で対応する中森さん。

私には舞妓さんが打診。

舞妓さん曰く「今日は極太麺が特にお勧めです!」

いやぁ~、限定メニューなど一ナノメートルも興味無し!もとい、一ヨクトメートルも興味無しと思っている小生ではありますが、麺の限定であるので粉の配合、或いは加水、そして、切れ刃の番数が違うだけの話なのであります(爆)
まあ、それでも相当に違いますが、スープは同じなのでそれなら、たまに違う食感でも楽しみたいじゃないですか!

っうか、ここの極太麺も相当に好きな訳でありますし、舞妓さんが勧めてくれるのですから提供された物を食べるだけです!(爆)

自他共に認める!?ガチの製麺師「舞妓氏」に逆らう事などできません。

それにしても、こちらで一番人気の太麺は相当暫く未食orz

何でか理由は全く分かりません(爆)

太麺屋さんなんで、一番力の入れている太麺メニューなのでしょうが、

私のへそ曲がりからだと思います(核爆)

まずは『柴田恭平』或いは『小島よしお』であります(笑)

そして、オーダーボードを持って、隣にいた中森さんから「あっさりで硬めですよね?」の打診。

さすがです!

私は普通盛り以上を食べないのを認識してくれています。

しかし、提供されたのは?

恐らく、舞妓さんと川井社長が把握してくれていたものか?

本来、こちらのお店は「あっさり」でも微量の油を入れています。
私のところは「あっさり」でも微量の油が入ります。

入れるのと入るのは全く違いますが、やり方が異なるので自ずと違った表現になります。

そんな事ですが、この日は全くと言って良い程の油抜きで提供されました。

細縮れ&ストレートの両方でいただいていますが完璧です。

脅威の旨さでしたよ!

では、限定の極太麺では?

いやぁ~、最強です!

脅威ならぬ驚異(笑)

極太麺でも油抜きが一番旨いです。

麺を啜る、極太麺ですから噛み応えなのでしょうが、ほぼ噛まず丸呑み(爆)

麺を啜り丸呑み、そして、スープ。この連続でどんどん両者が減っていきます。

細麺ならば、麺を夢中で啜り、麺先行でスープが余り気味になって、最後にスープを一気に…と言った感じなのですが、私のうどんの食べ方と感じが同じになるのです。

食べ方としては、非常にバランスが良く見えるかもしれませんね(爆)

こちらのお店は、『あっさり 普通 あぶらっぽく』

中々分かり易い良い表現だと思います。

因みに私のところは最悪ですorz
「あっさりorこってり」です(核掛自爆)

今だから言えますが、中華そば処を開業する時のメニュー作り。

当時、親父は「やるんだったら中華そば一本で行け!」大盛もチャーシューメンも無しだ前東北楽天ゴールデンイーグルス監督!と力説していました(爆)

はっきり言って全く自信が無かった訳ではありませんが、失敗(倒産)が恐かったのです(当然)より多くのお客さんから好んで貰うにはそれしかありまえんでした。

勿論、スープから地鶏のチー油が大量にでる分、捨てるのが勿体ないと言う気持から、「あっさりorこってり」と言うより、お客様の好みを選択できる容であれば良いなと結論でありました。

しかし、この「あっさりorこってり」って元来おかしいですよね?(苦笑)

どう考えても、私のところの「こってり」はこってりでは無い(爆)

ギリギリ「あっさり」は間違ってはいないのかもしれないですが、まずは「あっさり」では無い様な気がします。

それこそ今だから言えますが、『ケソチャソラーメソ』メニューの猿真似をしたく無かったのです。

油抜きには「あっさり」か?あぶらっぽくには「こってり」か?みたいな…(爆)

今からはお客様が戸惑うといけませんので替えられないと考えていますが、
本来「普通」と「油多め」で良いと思うんです(苦笑)

っうか、「油多めできます」だけの謳いで上等だった希ガスorz

今でも一見さんからは、あっさりorこってりの打診をすると「普通」と仰るお客様がいくらかみられる様です。

あっさりでもこってりでも嫌だ!気持ちは十二分に解ります。

『普通』の伝票には、私は「あっさり」でお作りしています。

そんな事で川井商店の極太麺は限定メニュー。

限定にしないと、茹で時間が掛かり、回転率が異常に悪くなります。

っうか、この極太麺もやりたくてやった訳じゃないのです(爆)

お客様の声で、「太麺と言ってもそんなに太く無いのですね?」の
一言に反応したみたいです。

この意味は二通り考えられます。

余り太い麺は苦手、だからと言って細麺が好きでも
無い人が、ちょうど良い太さで良かったと言う解釈。

あとは、店名からも太麺であるなら、もう少し太くインパクトある麺だと思ったとの解釈。

川井社長は後者と判断して、極太麺を限定メニュー化したと言います。

そんなお客さんの一言で、こんな素晴らしい麺が誕生したのは本当に
感心できる事です。

私のところはお客様の一言ではなく、かなりの多くの声で逆に
止めたメニューがあります。

限定メニュー、中華そば(みそ味)です。

このメニューも相当悩み考えました。『味噌ラーメン』なら分かり易かったのですが、個人的には味噌ラーメンと言うと、野菜が載っているイメージが強かったので、あえてその呼称を使いませんでした。

しかし、多くのお客様から「野菜が入ってねの?」と、そのシーズン中、言われ続けたあの頃、生きるのが辛かった(アミン爆)

これも普通は野菜が入っているものだろう!との解釈と、野菜が入っていないのですぐに麺を食べる事ができて良いとの解釈。

これはどう考えても前者と認識していました。

本来はお客様の要望に応えて、野菜を入れるべきではあると思いますが、
できませんでした。茹でただけの野菜を入れると、スープが絡まないどころか、
薄っぺらになるので害でした。まあ、勿論私のスープは中華そばに合わせたスープでもあったのでそうだったと思います。

中華鍋で炒め煮すると、最高に美味!

しかし、手が回らないです。5食限定とか?2時以降に数量提供とかも考えましたが断念せざるを得ませんでした。

この一シーズンで中華そば(みそ味)は廃メニューになりましたorz

しかし、誰も復活を「私、待つわ、いつまでも待つわ!」と言ってくれませんでした(アミン爆)

そんな事で、次にやった限定メニューは『担々麺』でした。

これも多くのお客様から「担々だなさ挽肉入ってねの?」との恐らくは指摘を多く受けましたorz

私の個人的認識は、担々麺とは、天秤棒で担ぎ売りした事からの呼称。
定義など全く関心もなかったですが、胡麻をベースに作り辛いラー油があればOKと個人的には認識していました。

それまで中華料理店なので、何回も食べていましたが、どこのお店も味付け挽肉が入っていました。

だからこそ猿真似が嫌と言うのもあったのですが、挽肉よりも普通のチャーシューが載っていた方がお客様は喜ぶだろうとの判断でした。

挽肉だとKKしないと損した気分になる懸念。あとは、味付けはして手は掛けてはいるのですが、チャーシューよりはチープ感は否めないとの最終決断でした。

これもお客様の声で、挽肉を炒めて味付けしようかなと悩みました。

これは仕込みの段階なので、2,3日分同時に仕込めばできない事はなかったのですが、挽肉に替えたとたんに逆にチャーシューの方が良かったと言われる懸念でした。

これは、一年目のトッピングが海苔では無く、ワカメだったのです。

いやぁ~、最高に美味しい風味抜群、歯応え抜群のワカメでしたよ!

しかし、多くのお客様から「ワカメより海苔だろ?」

二年目から海苔に替えたとたん、「あのワカメ旨かったのに残念」との声も多くありました(生きるのが辛い爆)

そんな事もありましたが、挽肉に替える事無く、廃メニュー(信念無自爆)

タンタンメンは天秤棒で担いで売ったのは始まりですから、挽肉に拘るのもおかしいし、坦々麺なるメニューも本来は誤りです(しつこい爆)

この限定は現理事長も絶賛してくれましたね!

あの頃の理事長は、なぜか分りませんが、10時15分頃に、いつもシャッター、車内待機しているものでした。10年以上も昔の話です。

10時30分になっても人っ子一人来ません時代でした(爆)

早くから待ってくれているのだから、我々の準備ができていれば早めに
入館して貰おうと言う事で、10時45分頃に開けた事がありました。

面倒なので謳いは11時開店となっていますが、概ね10時45分頃には
作り始める事のできる段取りで今はやっています。

ほぼ10時45分開店と言っても間違いでは無いのでしょうが、その経緯が
現理事長のシャッターがあったからなのです。

担々麺には「激辛あります」としていましたので、理事長はいつも激辛でした。

自家製のラー油多めとカイエンペッパーガバガバ振って提供しただけですが、
気に入ってくれて、替え玉を二回もしてくれていました(爆)

今だから言えますが、開店当時は麵量が180gでした(爆)

この担々麺をしたシーズンでも200gジャスト。

今はよく分かりません(爆)最低でも240gはあると思います(核爆)

現理事長が、あるシーズンから「替え玉二回はできなくなった歳だのぉ~」と言っていましたが、実はそう言う事だったのです(爆)

そう言えば、あの年にミキティーがパートで働く様になったのでした。
ミキティーも担々麺が好きでした。限定でも全て売り切れる事がなかった時代。

廃棄も勿体ないので、ミキティーに持たせた事も何度かありました。

いやぁ~、本当に懐かしいです。一生懸命に働いてくれましたよ。

陰ひなたなく働いてくれました。他の従業員からも非常に好かれ、
我々経営者からも絶大なる信頼でした。

辞めて山形銀子になると言われた時は、マジで泣きそうになりましたorz

それだけ大事な存在でした。

先だってもお客さんとして顔を出してくれましたので、
「使い込みでもして早く首になって戻って来いよ!」と冗談を言ってやりましたが、定年退職後は必ず復帰させるつもりでいます(核爆)

ミキティーだけはどうしても諦められない(爆)
アキティーにも破滅の盾を買ってあげるから戻っておいでよ!(意味不明爆)

うむっ?っうか、もしかして脱線か?(核爆)

そんな事ではありましたが、川井社長の動きに注目です。

何かが起こるぞ!きっと!!!

大きな動きの詳細が判明したら、またこちらでも紹介させて頂きます。

今のところ、桂小金治です。

さて、桂小金治と言えば今日のお昼もそうでした。

桂小金治なので、画像も撮って来ませんでした。

まあ、週一氏的に言えば、「なまら旨い!」と言うレベルでした!(爆)

マジ、相当に旨いです!少なくとも、私にとっては大好きな味でした。

近いか遠いかは分かりませんが、何れどこかのお店で限定メニューになる事でしょう!

そんな事で今日の「定休日のお昼」の更新はありませんので悪しからず!

 

こちらの投稿もお勧め!