決起大会

決起大会は城下町駅前「奥田会館」内のこちらのお店で行われました。

6時30分集合でしたが、人生初の大遅刻6時45分でありましたがシャッター長でした(核爆)全員大遅刻でありました。

記者会見等が長引いたので、不可抗力と言う事でどうにもならなかったと思います。

最初の料理が提供されました。

回りではサワラとかなんとか言っていましたが、ワラサの間違いです。

奥田シェフのお店ですから、庄内にいて今の時期「サワラ」は提供されないでしょう。

春から初夏に掛けて旬とされる地方もあるかもしれませんが、庄内では
「おばこ鰆」と言い冬に掛けて脂が一番のり旨いとされています。

これは間違いなく、初夏に多く獲れる「ワラサ」です。

まあ、ここでは天下の仁三郎の話は割愛しますが、
切り身に「仁三郎」と刻まれています(核爆)

初夏は黙って「ワラサ」です。

サワラには手を出してはいけません!触らぬ神に祟りなしと言うでしょ?(爆)

そして、オイスターのフライが出て来ました。

吹浦付近は分かりませんが、地元庄内浜ではオイスターの不漁が数年続いている様です。

サザエやアワビと違い移動できない貝なので、岩に付いているのですが
ミルクの入りが最悪と言います。

8月の盆頃になると自ずと水温が上がり、ミルクを噴出してしまうのは誰にでも
分かる事ですが、庄内浜での素潜り漁が始まる7月1日でさえミルクの入りが
最悪と言います。

冬から春に掛けての水温のせいでしょうかね?

私もそのあたりは素人なので憶測ではありますが、
地球温暖化が原因と分析します。

庄内浜の夏と言えば、生食での岩ガキです。

本当に、この書き入れ時に困った話です(爆)

ポテトフライです。

このポテトフライは相当に良い味をだしていましたよ!

生ハムサラダです。

パスタ料理。初めて食べた味です。
キャベツの甘さに驚きでしたよ!これが奥田シェフの味付けなのですねぇ~(驚;)

ここまで料理が出て来て、漸く全員集合で乾杯できます。

しかし、乾杯後30分で呑み放題ストップ、予算オーバーでした(核皆自滅爆)

因みに私のせいではない事をことわっておきます(笑)

実はこの日は焼酎が売り切れを出していました(超核掛自爆)

生ビールを1杯だけ呑んで、あとはジュースみたいなアルコールが入った物を数杯呑んだだけです(爆)

エンジンが掛かる前にお開きになったのでありました。
しかし、それなりに盛り上がった宴会。いつもの宴会はテンション上がり過ぎと自己分析し、この様な落ち着いた宴会も有りだなと改めて感じたのでありました(核爆)

奥田シェフが、皆を出口のところまで送ったシェフ(爆)

事ほど左様の事情で、会場駐車場まで車移動して来た為、
代行待ちですが、何といつもの運転手さんが遠出の為、30分も掛かるとの事。

向かいのお店で待機です。

ウーロンハイです!

まさに、水を得た魚ではありましたが、すぐに代行到着でした(早っ!)

奥田会館共々、またの機会にお邪魔したいと思います。

何かこの日の私の呑み方ではないのですが、不完全燃焼ぽい終わり方でもあれですので、
試食会の時にご挨拶させていただいた芸人三名の画像を紹介させていただき終わりにします。

「よしもと」の関好江氏です。

いやぁ~、凄いテンション、3秒で圧倒されました(爆)

喋るのが仕事なのは分かりますが、スイッチが入ると凄まじいです!

トウシロウで呑めばできる人もいるかもしれませんが、素面で容易にこなすのですから
正にプロであります。

当日、喋り過ぎて咳をするのはよしえ!と言ったところでしょうか?(爆)

癒庵「三浦」さん、羨ましいなぁ~(笑)

そして、このコンビもまさに立て板に水とはまさにこの事(爆)

盛り上げ隊のお二人です。

三浦友加氏&うっほ菅原氏です。

酒を呑むとテンションが落ち着く人達を初めて見ました(爆)

三浦氏は私のところにも食べに来てくれただけでなく、店名入りのタッチペンまで
購入して帰られたと言う大変有難い御客様であったと言います(笑)

当日、彼等二人の盛り上げにも是非期待しましょう!

こちらの投稿もお勧め!