定休日のお昼

この日は日吉町のこちらのお店にシャッターしました。

温海にも同名のお店がありますが、関係は無いと思われます。

手元と言うか車内の時計は10時53分でありましたが、既に暖簾が出ています。

前回訪問時にも早めに暖簾が出ていました。

開店時間前に暖簾を出すお店は、私の知る限りではそんなに多くはありません。

準備万端、やる気が伺えますね!(感心)

店内に入ると、11時05分になるところでした(爆)

10分程進んでいるものと分析します。

えっ!?それとも、もしかしたら私の鉄の塊の時計が狂っていたものか?(爆)

以前の車が動かなくなって、婿に出して3万~5万にはなるなと思っていましたが、
ただの鉄くずでゼロ円でした(爆)

そして、今回入手したのは、ほぼ鉄の塊です(爆)

24万円の車を見付けました。24万でも100万でも200万の車でも、私のところだと同じく錆びますからね!(爆)

時計を合わせて納車された訳ですから、いきなりは
狂いませんからお店の時計が先を急いでいたのでしょう(爆)

因みに私のところの厨房はわざと、数分ですが先に進めて設定してあります。

さて、メニューです。

私はデフォ以外一ミリも頼む気持ちがありません。

例外も当然ありますが、余程の事が無い限りはデフォです。
まあ、麺は大体が硬めなのですけどね(笑)

私は中華そば、麺硬めでオーダーしました。

「おかん」は恐らく丼物をオーダーするだろうと予測していました。

しかし、ミソラーメンをオーダーしました(麺硬め)

丼物のメニューです。

城下町管内の食堂でもカツ丼が四桁に突入です。

まあ、致し方ない事だと思います。
ただ、マイルールでお昼は1000円以下と決めています。

遠征した時など、天ざる等を食べると四桁は当然なので例外もあります。

そんな時にケチケチしない様に、日頃節約をしていると言う訳です。

国産豚肉は高いです(苦笑)

だからと言って輸入物を使うのは嫌なのでしょう。

それだけの仕事をしているのならば、四桁でも高くは無いと思いますし、
食べた方には安いと思える程、美味しく感じる方もいるのだろうと憶測します。

鶏肉にしても輸入物であれば、普通のブロイラーの半分値です。それでも二倍美味しくない訳ではありません。

使うか使わぬかですね?

味の付け方次第では結構いけますよ!ブラジル産の鶏モモ肉なんかは価格を考えれば
普通に美味しいと思います。

豚肉にしても、チリやデンマークが多いかもしれませんが、ブラジルの豚肉は、価格を考えれば、それこそ悪くは無いと思いますよ!特有の臭いがそんなにありません。

まあ、それぞれの店主の考え方がある訳ですから、一ナノメートルもどうでも良い事でしたね(爆)

私のところでは、肉は、とことん国産に拘り、小麦粉は逆に、とことん輸入物に拘ります(爆)
サンが跡を継いで中心になってやる時は分かりませんが、私が中心で眼の黒い内は、
国産粉も全粒粉も絶対に使いません(断言爆)

まあ、詳細は書きませんが、国産粉使用は上手く製麺ができなかったと言うトラウマ、
全粒粉は製粉会社を見学した時に聞いた説明で、価格を考慮すると個人的違和感が抜けきれないからであります。私は頭も大きいですが、結構頭が固いのです(爆)

国産粉で中華麺を打つと、非常に美味しいと力説する店主もいますが、
私が国産粉を使用して製麺したのが15、6年前です。

全く駄目でしたorz

「うどん」や蕎麦も打って、旅館のお客さん(一泊四食付き)のお昼ご飯として提供していた事がありましたが、「うどん」は美味しかったです。

今だから言えますが、打ったうどんが自家製と聞いたお客さんが、分けて欲しいと言ったのですよ(仰天爆)

そして、蕎麦は蕎麦粉100%で打ちましたが、長い麺で10cmくらいか?
ボロボロに捥げて繋がりませんでした(核掛自爆)

2:8蕎麦もやりましたが、ほぼ失敗でしたorz

5:5なら上手く打てました(爆)

そんな事で、国産粉は「うどん」には美味しいが、中華麺には合わないとの判断をして、
その固着観念が今でも続いていると言った感じです(苦笑)

頭が本当に固い(苦笑)

現在では、ある程度低価格で中華麺に合った国産粉もあると、回りの話で
聞こえては来ますが、失敗したその日から力説して来て、今更妥協して耳を傾ける事などできません(核掛自爆)

蕎麦も5:5が一番旨いかもしれません(核爆)

さて、デフォ着丼です(麺硬め)

このお店の特徴は、小鉢が一品付いて来る事です。

さて、まずはスープを直丼です。

熱くて旨いです。

甘味もしっかり出ています。

豚ガラや野菜類などから出た上品な甘味だと思います。
どこからか昆布の風味も漂って来る様な気がしましたが、主張がそんな強い訳ではありません。

鶏は私の舌では全く感じられません。

あっさりスープで、どんどんいけます。

麺は、この系では庄内でも随一の極細麺です。

26番11時15分?或いは、24番薄出し(11時30分)くらいでしょうか?(憶測)

そして、「おかん」のミソラーメンです。

私は未食なので語れません。一ミリも興味が無い物を一口でも味見するのはおかしいですよね。

小鉢も美味しく頂きました。

麺がそれこそ個性がありますね。

どこでも食べる事のできない麺です。

極細ですが、のびない感じの麺なのです。

以前は盛んに出前をしていましたので、その為に試行錯誤されたのだと
思います。

米の粉とか二度芋の澱粉でもしのばせているものか?

麺ですから延びるのですが、延びた様な食感になり難い設定なのでしょうかね。

何れにしても工夫されて製麺したと分析できる麺だと思います。

小さい頃からこちらの中華そばを食べて来ましたが、
祖母から聞いた話では、私が生まれた頃からやっていると言うのです。

創業53年?或いは54年?そのくらい長く営業されています。
一代で50年以上の営業と言うのは凄い事です。

25歳で開業されたとしても80歳近い年齢になっているのですからね!

店主はとても良い人柄の方です。

何をしに行くかまで詳細はお聞きしませんでしたが、山伏街道をたまに走り、
黒瀬川の古戦場跡を通り過ぎてどこかに行くと言うのです。

「お前の弟子、当でだの!いづでも大繁盛だぞ!こないだは外まで並んだっけぞ…」と
言ってくれました。

本当に嬉しい事です。

「ゆとり」があるからそんな言葉が自然に出てくるのでしょう。

同業者ならばまだ聞こえが良いですが、基本は商売敵なのですから!

50年以上もお店を継続させたのですから大したものです。
5年どころか3年も持たずに糸偏に冬になるお店も多くある中、50年以上ですからね(凄;)

一財産残した証でもあると思います。

関連記事

「定休日のお昼」への4件のフィードバック

  1. こんばんは。
    実食した感じでは、駅の傍という立地も関係しそうな
     「中華」に思えました。
     肉も粉も適材適所ですね:

    1. 羽後県さん、毎度です!

      この様な老舗の食堂の廃業が続いています。
      倒産ではなく廃業です。後継者がいないと言う理由がほとんどです。

      城下町管内にも指を折るほどしか存続していないのではないでしょうかね?そんなお店廻りをされてみてはどうでしょうか!

  2. 掛神社長、お疲れ様です。

    食堂のお店を見ると、酒田よりも鶴岡をイメージするのは、気のせいでしょうか?

    小さな時からお昼は中華そば。
    それも出前。
    今はなき中町の中華そば屋のワンタン麺を食してました。ここも廃業でなくなったような。

    最近では、主に鶴岡の中華そばをいただいてまが、やはりお昼は中華そば。身体に染み付いてるんでしょうね。

    1. 湊町さん、毎度です!

      全く気のせいではありません!

      酒田はラーメン専門店、鶴岡は食堂メニューの中の一つが「中華そば」でありました(今昔)

      私が勝手に憶測するには、一時期、酒田に40年近く遅れを取っていると分析していました。

      しかしながら、現在は酒田に鶴岡は全くの同レベルまで追い付いて来たのではないかと思っています。

      ただ、ラーメンに掛けると言うか、町おこしへの情熱は酒田に断然軍配団扇でありましょう!

      それは良い方向に行くか悪い方向に行くかは誰にも分かならい事ではあるとは思いますが…。

      今はなき『来々軒』の本店は、、、そのワンタンは?

      極上でしたね!

      それほどのお店が倒産する筈がありません、、、廃業でありましょうorz

      事ほど左様で、そんな港町管内在住の湊町さんご夫妻には週一でお越しになられている事に、感謝感激、恐悦至極に存じる次第です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です