越中でのお昼

大雨洪水警報発令の中、直王号に載せて貰い、
美濃国に向かいました。

途中、越中国のこちらのお店にシャッターする為に逆算し、6時に出発しました。

最初から、シャッター長で中々の出だし(笑)

メニューです。

私は醤油ワンタンメン。

直王は塩ネギラーメン。

内儀殿は味噌ラーメンです。

全てを見た目、そして、スープを一口飲んだ憶測です。

トリプルスープになっているものか?

醤油スープの濁り具合で感じましたが、清湯と白湯の中間くらいの火加減と分析しました。

まずは基本スープの豚メインと思しき豚骨スープは中間の火加減と分析しました。

沸点に達してから、レンジの外火を止め、最内火を全開して数時間炊いたものか?

これが基本、味噌のスープ。

そして、塩ラーメンは鶏の味がメイン、豚の風味は皆無ですが、複雑な魚介系の旨みを感じました。

味噌と塩のスープを合わせた物が醤油ラーメンのスープになっているのではないかとの憶測です。

一応、食べ歩き研修ですので、そんな講釈を退店後車内で直王にしました。

「さすがですね!」と直王はあたかも私がスープの分析が当たっているかのごとく感嘆していましたが、多分、外れているでしょう!(核爆)

あと、感じた事は、「サウザンドストーンや」さんが日本国では無く、
サウザンドストーンタウンに店舗を構えていた時の味にどこかしら似ているなと感じました。

いやぁ~、非常に良い勉強をさせて貰ったと痛感しました。

そんな話をしながら、美濃国へと直王号は飛ばすのでありました。

多分、続かないかも(核爆)

関連記事

「越中でのお昼」への2件のフィードバック

  1. 掛神社長
    お疲れ様です。
    暑いですね!
    分析の様子が、楽しいです!
    シャッター長で食べると
    さまざまな煩わしいことが無くなりますから
    中華そばのみに集中出来るのが、
    良いと思ってます。
    当たっていようが外れていようが
    色々と分析して食べるのも楽しみの一つでしょうか?
    なんとも楽しそうでした!(*゚▽゚*)

    1. 週一さん、毎度です!

      分析は全て適当なので、当たっている時もあれば、全然論外の時もあると思います(爆)

      遠征は勉強にもなりますし、本当に楽しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です