羽後遠征①

昨日と今日の二日間、羽後県遠征に行って来ました。

本来は本羽後管内へ行くつもりでありましたが、羽後塾長氏から、
羽後本荘管内で迎撃に合い断念(核爆)

そしてそこまで、何とマタリキ氏に乗せて貰ったのでありました。
あの馬鹿くさい「マ田力」とは別人ですよ(超核爆)

マタリキ氏は、私のオフ会翌日の酒帯び運転を懸念して、自力自動車移動を反対して送ってくれました(感謝)そして自らは、チャイルドが疾病になり、
ドラゴンフライ帰りしました(大汗;)

そして、羽後塾長号に乗り換えて、マタリキ氏の「絶対にシャッター長を取れよ!」との激励を受けて、いざ十文字管内へ車を走らせるのでした(笑)
002 (490x310)

先だっての合宿の時に、達人等から絶対に外せないお店と言う事で
「ラウンドバンブーダイニングホール」さんを挙げて貰いました。

10時30分、楽勝の『長』権利取り成功と思った瞬間に目に飛び込んで来たのは?(核自爆)

001 (437x640)

木曜定休なんぞは、超調査済み。それで初日の水曜突入の段取りをしていたにも関わらずORZ
私は遠征振られの天才かもしれません(爆)

そんな時の為の30分前行動は当たり前!

003 (640x471)

『トライアングルそば』さんのシャッター長の権利取り成功(笑)

004 (640x435)

デフォ硬めでオーダー!

006 (640x479)

着丼!
お待たせしたのでと、とろろをサービスして頂きました。

007 (640x479)

綺麗なスープです。

そして、恐怖のトッピング!もとい、今日麩のトッピングです(爆)

スープは煮干の上品な味で最高です。

硬めの麺は?

噛むとコキコキと音がします。

008 (640x399)

中華麺(かん水)の風味はほとんどしません。
無かん水か?

以前、ゴボウの灰汁水で、遊びで打った麺の風味がしましたが、恐らくは
無添加と謳っているので、ノーかん水なのでしょう。

それでも、麺の色は多少薄い黒味掛かった麺なので、パン用粉でも使用して
数日寝かせているものなのか?

このスープにはこの麺。物足りなさは全く感じません。

非常にバランスの良い「そば」だと思います。

十文字ラーメンと云われていますが、本来は十文字中華そばと言うらしいです。
看板も『十文字中華そば』と謳っていましたからね。

完食してから、とろろ昆布を入れて楽しみます。

いやぁ~、これは最高に旨いです!

009 (640x480)

あまりの旨さにもう一軒行ってしまうのでありました(汗;)

005 (640x480)

これは相当点数高いと思います。

そして、他のラーメンと比較する事自体がナンセンスのオンリーワンの逸品だと個人的に思いました。

二軒目はいつか続く(爆)

こちらの投稿もお勧め!