定休日のお昼

この日は「おかん」と一緒です。

宿題店となっていたこちらのお店です。
10時55分、シャッター長です。

さて、宿題と言うのは、「おかん」の「いとこ殿KAZU殿」から、
知らされた事がありました。

こちらのお店に「琴平荘が描かれた絵があった!」と言われました(仰天;)
おっ!?

まずはオーダーです(爆)

「おかん」はデフォ、私はいつもデフォ以外一ミリも興味無しと力説していますが自ずと例外もあり、こちらのお店は裏メニューのチャーシューメンで食べた方がバランスは良くなる不思議な中華そば。

あえて、講釈や分析は割愛します。

店内に入って行くと、普通の食堂とは違う香りがします。

何とも言えぬ醤油の良い匂いです。

チャーシューを浸け込んだ汁の匂いでしょうか?
或いは、煮返しの匂いでしょうか?

チャーシューを浸け込んだ汁が基本のタレとなっている可能性はありますね!

ラーメン専門店にやってきたなと言う香りです。

ここではまずは肉からです。

そして、スープ。野菜、特にタマネギの甘味を強く感じました。

麺もグルテンが良く効いたと思われる、非常に力強い麺です。

肉、スープ、麺と三角食べで一気にKKです。

さて、それでは画です。

やはり、ここは大筒場址なのか?

赤い屋根は琴平荘なのか?

一番奥に見えるは端山(葉山)か?

道路脇にはガードレールがあると言う事は、そんなに大昔では無いです。

カモメ!?を描いたと思われるものは、まさかフジコちゃんでは無いでしょ?(核爆)

ジモティ海猫でしょうね。

大変上手に描かれていて素晴らしいとは思いますが、この判断はやや難しいと思われます。

屋根が大筒場址よりも高く描かれている事です。琴平荘を強調してくれたものか?(爆)

ある神様のお告げで、建物は絶対に大筒場址より高くはしては倒産と言われて
いたそうです。

言われなくとも、5階や6階建てにはなる筈も無いので意味の無い予言だったと思います(核爆)っうか、2階建てでも倒産寸前になったと言うのに…orz

まあ、それは描かれた方は一ミリも知らない事でありますからね(爆)

そんな事よりも、オーバーゼアーに描かれた船は?(大汗;)

恐らくは『仁豊丸』だと思いますよ(ガクブル;)

天下の仁三郎の建網(爆)

いやぁ~、一応念を押しますか?(核爆)

由良港から数名を乗せて、三瀬沖方面に出港して、さっと網を引き上げると
500万ですよ(憶測核爆)
10日で5000万、100日で5億ですか?(憶測爆too)

そんな網と喧嘩できますか?(核爆)

大間の鮪釣り漁師とは比較はできません。それこそ、大間違いです(爆)

大間の鮪は、それこそ一攫千金です。

しかし、非常にリスキーと言わざるを得ません。

仁三郎の建網は、まさに一網打尽です!どちらが良いと思いますか?(爆)

そんな事ですが、今夏も安く飛魚を分けてくれると切に願うばかりです。
っうか豊漁かどうかが問題ですね(苦笑)

いやぁ~、お店の方には打診しないで来ましたが、恐らくは、
KAZU殿の言う通りに三瀬潮汲み場から見た琴平荘である可能性は高いと診ました。

関連記事

「定休日のお昼」への8件のフィードバック

  1. 掛神社長、お疲れ様です。

    文下食堂さん、懐かしいですね。
    むかーし1度食べてから、すっかり伺ってませんね。

    文下地方は、井岡学校の仲間が多い地方。今はなきどさん子さんには通いましたね。味噌ダレ餃子のためにチャリンコで、、、

    文下食堂さん、近々伺ってみたいですね。

    1. 港町さん、毎度です!

      いやぁ~、収容所から文下ですか?(仰天;)布目や新形と合った訳ですが仲間とご一緒する為に…、しかもとん太さんをスルーしたのですから大したものです(爆)

  2. 掛神社長^ ^
    これは、紛れも無く
    紅いお屋根の〜♫
    にしか見えません!^ ^
    このラーメンは、
    チャーシュー麺といっても良い
    チャーシューの量ですね!^ ^
    本当にうまそうです!
    あと、
    11日です。
    お疲れ様です!

    1. 週一さん、毎度です!

      どう見ても『琴平荘』なのかもしれませんね!

      しかし、これまで見逃していた事に猛省ですね(苦笑)

  3. こんばんは。
    道路がしたに見えるので、高い位置から描いた絵と分析
     赤い屋根は当時からシンボルだったのでしょう:

    1. 羽後県さん、毎度です!

      もしかしたら、笠取峠からの写生かもしれませんね!

  4. コメント御無沙汰です。
    確認頂きありがとう御座います
    あの店とは若干縁がありますので、今度何気なく
    確認しておきます

  5. KAZUさん、毎度です!

    是非とも宜しくお願いします。

    間違い無く、潮汲み場、大筒場址だと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です