忘年会

久し振りの七番地さんでした。

この日は直王夫妻、「おかん」と四人での忘年会になりました。

二日前に決定したのですが、よくぞ予約を取れたものだと本当に驚きました。
直王、どんな頼み方をしたものか?(爆)

5時30分開店のお店ですが、6時到着で既に満席の札が出ています(爆)

入店してもガラガラ状態です(核爆)

一見さんなら、掲示を見て当然ながら引き返します。

常連さんは暗黙の承知で入店して来ます。

それに予約の御客さんで、6時30分にはほぼ満席になってしまう恐ろしいお店です。

お通しは、自家製ジャンボロールキャベツでありました(凄;)

いやぁ~、マジ恐ろしい程の旨さです。中身の挽肉の旨い事!(驚;)

餃子は外内島四枚(全員分)オーダーですよ!

この餃子も旨い!

餡の挽肉量が絶妙です。

オーダーしてから、皮に餡を包みます。

港町管内のハーフムーンさんも夫婦だけでの営業で、
ワンタンメンオーダー後に餡を皮に包むのとどこかしら似てはおります。

そして、こちらのお店の目玉商品と言っても過言ではありません。

こちらもオーダーしてから、庄内豚の上背ロースのブロックが冷蔵から
登場し、適当な大きさに切る店主(笑)

常連さんになれば、切る寸前で「マスター、2,3mmで良いから厚く!」と
言えば、手元が狂い5mmくらい厚くなる事もあるかもしれませんよ(核爆)

そんな中、直王から驚くべき報告&打診がありました(仰天;)

私にとっては、マジで腰を抜かす程の驚きでしたよ(大汗;)
まあ、ご覧の皆さんにとっては特別驚く事ではないかもしれませんけど…(爆)

それは極々近い将来には分かる事なので、その時になったら
「今だから言えますが…」でお知らせ、或いは余裕があれば炸裂できればと思います。

いやぁ~、マジですかねぇ~?本当に…。

折角の焼き鳥が出て来ましたが、余りにも驚いて唐辛子を掛けるのも忘れる程でした。

掛けるのも忘れるどころか、味さえ感じないと言うか覚えていないみたいな感覚になる程でした!(仰天爆)

いやぁ~、マジですかねぇ~。本当に…(爆)

因みに、私は猛反対もしませんでしたし、大賛成もしませんでした(謎爆)

この日は、ヒッパレ病には掛かりましたが、余りにも驚いて本気で酔えませんでしたよ(核爆)

まあ、普通なら感心すべきことなのですが…。

一年以内には分かる事だと思いますが、もしかしたら分からずに終わる可能性も一ミリ程はあるんじゃないかと分析しています。

その時まで御機嫌好う、さようなら!(爆)

気になる方は、直接直王に打診されて下さい!

多分、今は教えてくれないと思います。

私への打診も固くお断りします(笑)

ただ、私と「おかん」直王夫妻以外にも既に知っている人が
約二名いるのが気になります。その二名は私よりも早く知りましたからね。

そんな事ではありましたが、非常に楽しく、驚いた忘年会になりました。
来年、美酒探訪にオファーがあれば、直王夫妻が助っ人に来てくれるでしょう!(多分)

自ずとプチ打ち上げがありますから、そこに参加される人は聞けるかもしれませんし聞けないかもしれません(爆)


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/ishidsuka/sanze.jp/public_html/konpirasou/wp-content/themes/zacklive/library/underscores/template-tags.php on line 27
投稿
  1. 週一 のコメント:

    掛神社長。
    こんばんは。
    直王夫妻はとても気持ちの良い方々ですので。
    一緒に忘年会をすると
    とても楽しそうだなー^ ^
    と言うくらいに思って読んでます。
    とても楽しそうですし!^ ^
    あとはサッパリ分かりませんけど。
    串に七味を振りかけるのを忘れると言うのは余程のことなのか?
    でも。
    詮索するつもりは
    一ナノメートルもありません!^ ^
    この間琴のさん食べさせてもらいましたけれども。
    なまらうまかったです。
    琴平荘、琴のさん
    益々のご活躍を楽しみにしている次第です!
    おやすみなさいませ。

    • kakke のコメント:

      週一さん、毎度です!

      週一さんも「琴の」ファンでありますからね!
      まあ、私にとっては相当な事だと認識していますよ。

      美酒探訪で一緒する事になったら、週一さんには教えてくれると思いますよ!

  2. yuten のコメント:

    掛神 社長
    いつもお世話になっております。

    高田馬場に行かなくとも食べれるんじゃないですか・・・
    鶴岡の「ナリクラ」、私は知りませんでした。

    調べるとなにやら信じられない価格設定のお店だとか。
    楽しそうな忘年会、焼き鳥も美味しそうで羨ましいです。

    こちらのお店の「爽」のボトルは一升瓶なんですね。

    「驚くべき報告&打診」が、何の事か分からず眠れませんでした(笑)

    金曜日だけど、今日は直王さんの所に行って聞いてみようかとも考えました。
    でも、教えてもらえないと思うので聞くのはやめておきます。

    直王さん、予約の取れないお店の入店方法だったら、教えてくれますでしょうかね?

    • kakke のコメント:

      yutenさん、毎度です!

      鶴岡の「ナリクラ」とは中々上手い表現ですね!(笑)

      成蔵さんとは調理は逆で、高温で揚げていますから食感が違います。
      yutenさんの好みからすると、七番地に軍配団扇かもしれませんね!(爆)

      まあ、高田馬場は「ナリクラ」と言う食べ物の様な気がします。

      価格は、付け忘れしたかの様な安さです(爆)
      ロールキャベツが無料だったとか?(核爆)

      yutenさんも直王とは仲良くしているので、近々それらしきは教えてくれるかもしれませんよ。

      七番地さんの予約の取り方は簡単に教えてくれると思いますよ!(爆)

コメントを残す