胡椒

持ち帰ったの誰だれですか?というと柔らかい言い方ですが、まずは泥棒の見習いさん?と云ったところでしょうかw
今日の営業前に気づきました。1●テーブルの胡椒が無い。容器ごと持って行かれたようです(´・ω・`; )
まあ、容器も安いものを使用していましたし、中華そばを食べに来てくれたお客様ですから、致し方ない気はします。でもうちの胡椒を持って行ってどうするんでしょうか?(?_?) 
拘った胡椒ならともかく、全くと言っていいほど拘わりの無い胡椒ですから尚更不思議です((乂(゚∀゚;)≡(;゚∀゚)乂))
因みに持って行かれた胡椒は、ブラック6にホワイト4の割合でブレンドしたものです。本来であれば、ミルに入れて擂りたてのものを使用すれば香りも良く、美味しいと思います。
それにブラック、ホワイトに限らず、他にも美味しいスパイスをブレンドすれば、更に美味しいものと思われますが、一杯600円の中華そばにそれらを使用するのは、なんらかの抵抗感があるんですよ(。_゜) ?
それに、胡椒は(特にブラック)臭み消しと言う事で使用されていたと聞きます。
ですから、本来でしたら黒胡椒の置いてあるお店は、自分のスープに自信がないからブラック胡椒を置くと言う事にならないですかね?でも、ほとんどの人が胡椒を掛けて食べているみたいですし、「この店胡椒も置いていないの?」なんて悪く思われても嫌ですしね。
ドバドバ胡椒を掛けて食べてる人がいますが、これはこれで、その人が旨いと思って掛けているのなら、否定はできませんよ…。
だから、私のところでも胡椒を置かないというところまでは、拘れませんし拘らない方が絶対に今のところは正解だと思っています。
蝦夷大陸の●食王氏という、私も師と仰ぐ方からの、本人究極のスパイスのブレンドの割合というものを伝授頂きましたが、それを私の中華そばに掛けて食べるとスープが掛けないで食べた時と掛けて食べた時の二度楽しむ事が出来ます。全体のバランスが尚更よくなり手前味噌ながら最高の逸品と評価したくなるほど旨いスパイスです(゚д゚)ウ-(゚Д゚)マー(゚A゚)イ-…w
恐れながら、自画自賛で大変失礼しましたが、それだけスパイスは奥が深いようです。そして、拘れば拘るほど、私みたいな素人は迷宮入りしていまうものなんでしょうねΨ(・O・)Ψ


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/ishidsuka/sanze.jp/public_html/konpirasou/wp-content/themes/zacklive/library/underscores/template-tags.php on line 27
投稿

コメントを残す