ファミレス

この日は「おかん」とエルディストドーターと三人で夕食。

毎度のことながらエルディストドーターが出向いて来れる時間は、
早くても19時頃乙orz

19時と言えば、私は最高潮時なのであります(爆)
シーズン中であれば、やや下火になる時間なのですよ(核爆)

エルディストドーターの家(ほんとは私の家だwww)に迎えに行き、ねごちょしをしてからの出発でありました(爆)

「おかん」は坂上二郎さんに行きたかったみたいですが、駐車場は満車orz

迎えのゴールド太郎さん、激混み超ワロタwwwwwで、お店の外まで待ち客がおりました(笑)

すぐに食べてすぐ帰らなければいけないというエルディストドーターなので
なるべく近くでお店を探します。

こちらのお店にお邪魔する事になりましたが、こちらも激混みワロタwwwであったのです(笑)

皆繁盛で何よりです。

「おかん」とエルディストドーターが並びましたが、私は車内で練習を継続していました。

何とか10分程で案内されました!

焼酎、焼酎…。確かレモンサワー類があった筈です。

近くの「ココス」さんの包み焼きハンバーグは大好きで、以前は、たまにですが
行っていましたが今現在は全然です。

理由はレモンサワー類の焼酎をメニューから外してしまったからです。

ここも廃メニューにしてしまったのか?(大汗;)

間違いなくそうだと確信し、「おかん」とエルディストドーターを置いて、
車内に戻り呑みを継続、業務用スーパーの激安鮭おにぎりで〆ようと考えて、
その事を伝えて席を立とうとしたら、エルディストドーターが違うメニューから見つけてくれました(爆)

ややむんつげそうになった小生ですが、焼酎があると分かれば即機嫌は絶好調に戻ります(爆)

チューハイ2つ!

激混みなので、スタッフに気を使ってのダブルオーダーであります!

そう言えば、この日は激混みの為、お店に配慮して2丁頼みしましたが、
今は昔、こちらのお店ではないのですが、お代わりが来るまで面倒と考えての2丁頼みをする事がこれまで何度もありました。

それこそエルディストドーターがどうみても成人には見えない
セイガク時代だったと思います。ハイスクールのジュニアだったか?シニアになってからだったかな?

私と「おかん」が呑むと思ったのでしょうが、お店の人は「お車で来ましたか?」と打診して来ました。

「おかん」がいて、代行は500%考えられないので、「私が二杯呑みます」と答えたものだったかな?(笑)

又ある時は「お車大丈夫ですか?」と打診して来たのです。

どうやって答えますか?そこのあーた?(爆)

真面目に答えるなら、「今のところどこも調子の悪いところはありません!」と答えるしかないじゃないですか!?(爆)

まあ、車の調子に関しては飲食店が心配する事でも無いですし、調子が悪かったら
個人的には、すぐに水沢自動車整備工場に電話しますよ(核爆)

一番困ったのは、旅行中の観光バス移動中に「お車でお越しになりましたか?」と
打診されたので、「旅行中で運転手さんもガイドさんも一緒です!」と最初に答えました。

お代わりをオーダーした時に、また同じ打診をして来る同一スタッフorz

聞いていた、運転手がネームプレートを見せて「私が運転手で運転して来ました」と説明してくれました。

そして、別の人がお代わりをした時に、また同じ打診をして来る同一スタッフでした。

呆れたというか情けなくなった思い出もあます。

まあ、マニュアル絶対重視で超真面目な店長から指導されたバイトさんだったと分析はします。或いはバイトさん本人が超真面目な人だったかもしれませんね!

酒帯び、酒酔い運転は言語道断。誰にでも分かる事で絶対にやってはいけない事です。

お店側の撲滅協力も分からない訳ではないですが、いかにも怪しく疑わしそうなお客さんとか、せめても帰りの会計時にやんわりと打診する程度で十分だと個人的には思います。

飲酒運転を平気でする人間は、いくらお店側が打診や注意をしても止めませんよ!
私はその様に思います。

入店していきなり、笑顔も全く無い強い口調で言われたら、美味しく呑めないですよorz

今度どこかのお店で「お車でお越しになりましたか?」と打診された時は、「こんなに酔っていて車運転して来る筈が無いじゃん!」と一発冗談をかましてみますかね?(爆)

さて、私は唐揚げ&ポテトをオーダーします。

確か「おかん」のオーダー。何だかメニュー名までは覚えていません(爆)

確かエルディストドーターのオーダー。もしかしたら、「おかん」と逆かもしれません(笑)

隣の席に地元の大金持ちの夫人が知人と来て座りました。

私等と入れ替わりで、地元の財産家の反物屋のご家族も食事をして帰られましたよ。

暫く御夫人等と談笑をしていたら、「おかん」とエルディストドーターはデザートを食べ終わる頃でした(核掛自爆)

私は唐揚げ&ポテトに缶チューハイ4つで退店準備でありました(核爆)

この日は一組に団体様がおり、私等の後ろの席を陣取って食事をしていました。

恐らくは、高校の全国大会出場の為に近くのホテルに宿泊している
羽球部の選手団と分析しました。

食べ残しが全くありませんでした。

同じ高校の男女の「うきゅう」の指導者(先生)と思しき付き添いが一人でありました。

20歳後半~30歳前半と思しき、何か頼りなさそうな先生に見えましたが、さにあらずでありましょう。

全国大会に出場できる選手を指導されているのですから、うきゅうの技術だけ教えれば良い訳ではありませんからね!

当たり前の事かもしれませんが、「他のお客さんに迷惑にならない様に外に出なさい!」と指示されていました。

男女とも一人も食べ残しはありませんでした!

お店側も気持ち良いでしょうね!
関係の無い私も何か嬉しい気持ちになりましたよ。

今回のうきゅう部の鶴岡滞在で各旅館施設等に振り分けられた訳ですが、
実は私のところにも打診がありました。

旅館、ホテルが旅行業者からランク分けされるのから始まります。

私も詳細はまるで分かりませんが、例えば萬ちゃんや亀さんあたりがAランクならば、乙女さんあたりはその下のBとかCに当たるのだと思います。

最低ランクは分かりませんが、私のところみたいな民宿みたいなところだと、
恐らくは、EとかGと分析しています(爆)

女性のバストサイズならそれで最高かもしれませんが、大きくなれば
宿泊料金が自ずと安い訳です(爆)

全くの憶測ではありますが、萬ちゃん亀さん辺りが一泊二食付き1万圓だとするなら、私のところは5千圓程度と分析します。

朝食付きで5000円なら間に合いますが、二食付けて5000円では正直間に合いません。

全国大会でわざわざ山形の鶴岡まで来て、5000円で間に合う様な食事を出したら、
選手は喜ばないどころか、力が出ずに試合にならないでしょうorz

その辺りを事前から考慮して、私のところは断念した経緯がありますorz

熱い物を熱い状態で提供されて、選手達は大満足して帰ったに違いありません!
「おかん」もエルディストドーターも満足で何よりでした。

私は帰り道、コンビニに寄り、鮭のおにぎり2個乙して、
「おかん」にいい加減に四郎、野口五郎と言われたのは言うまでもありません(爆)

外食した帰りに、コンビニで「おにぎり」購入がたまにあるのです(核掛自爆)


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/ishidsuka/sanze.jp/public_html/konpirasou/wp-content/themes/zacklive/library/underscores/template-tags.php on line 27
投稿2件のコメント