2017年4月9日 日曜日

いつもの「宇宙戦艦」さん

この日は「宇宙戦艦」さんにお邪魔しました。

まさに「お互い様」の関係であります。

私と「おかん」は、ここの料理、そして店主夫妻が好きで行きますが、
宇宙戦艦夫妻は、ラーメンなんかはあまり好きじゃないだろうし、我々夫婦の事もあまり好きじゃないと分析しますし…(爆)
更には私のところのラーメンもそんなに旨いとは思って食べていないだろうと思います(核爆)

それでも感心にご来館いただいて本当にあり難い事です(爆)

さて、この日のお通しは以下です!
もとい、イカです(爆)

蛍烏賊の汐辛です。余目&外内島自家製です!

エゴ酢味噌も絶品でありました。

馬鹿の一つ覚えみたいにいつも「オクトパス」とオーダー(爆)

この日は「真ダコ」であります。磯ダコがある時や、頭部分がある時は、
黙って頭部分ばかり出て来ます(笑)

講釈不要です。

銀鱈の西京味噌漬け焼きです。
相当に美味であります。

ただ、最近はあまり銀ダラを購入しては食べなくなりました。
ここの西京味噌漬けレベルならある程度のお金を出しても痛ましいと思いませんが、ただの切り身で買ってはこの味では食べる事は当然できません。

これだけの美味しい味付けが出来るからこそ、ある程度の価格が付けられるのは納得できますが、ちょいと高い魚になっていますorz

もうギリギリの価格になっています。これ以上の単価が付くようなら、
もう食べる事のない魚になりそうです。

ノドグロなんかは一番良い例です。

私は死んだら食べる事ができませんが、死ぬまで食べなくても良い魚です(爆)
だいたいが馬鹿げている単価に高騰していますorz

1kを超えたノドグロは最低でも7000円~1万円もする魚になっているのですよ(苦笑)
あとは、価格的には吉次も絶対に食べたくない単価の魚です。
この単価をお店で食べたら、2倍~3倍に化けるのは普通の事ですからねorz

もう少し安ければ…ね(苦笑)

まあ、ノドもキンキも食べなくても死ぬ訳でも無いですし、
こんな価格なら一生食べなくとも諦められます。

これからは、それこそサクラマスの最高の時期に入ります。
天下の仁三郎の定置網で獲れたサクラマスが、宇宙戦艦さんのネタケースに並びます。

余りにも旨過ぎる魚なので、西京味噌に漬けたり、醤油浸けとかしない方が
美味しくいただけると思います。

塩振り焼きも美味しいですが、やはり、素焼きに醤油をたらしていただくのが
一番かなと思います。

いやぁ~、食べたいけど価格を考えると自重してしまうかも…(苦笑)
秋味とは比較にならない程、高いですからね(汗;)

サクラマスも高いは高いですが、昔はそれほどでもなかったのですがねぇ~(苦笑)

弐尺を超えるサクラマスはそれこそ超高級魚の仲間入りできる次元です(汗;)

今月中も来月に入っても宇宙戦艦さんにお邪魔する事があるかもしれませんが、
サクラマスは自重して、秋からの秋味の西京漬け焼きまで我慢しますかねorz

その前に特大秋刀魚があります。北海道産の特大秋刀魚の焼き立ては
半端じゃない旨さですからね!どんなに高くてもサクラマス一切れの半分か三分の一の値で食べる事ができますからね!

特大秋刀魚の焼き立ての旨さは、上記で挙げた超高級魚に勝るとも劣らない
旨さであると私は思いますよ!(マジ)

ノドでもマスでもお医者さん達が喰えば良いじゃないか!と言う負け惜しみでは無く、
北海道で獲れた超特大サンマは最高に美味ですからね!(笑)

今から晩夏が楽しみであります!

サンマは秋の刀ではなく、晩夏の刀なのです(笑)

そして、ヤリイカのゲソ天です。

ネタケースにもありませんでしたし、メニューにもありません。
旬の山菜や鱈の白子の天麩羅は時期で、メニューになる時は
ありますが、イカやゲソの天麩羅メニューはありません。

この料理は余程暇な時しか対応はして貰えません。

それも、店主の方から打診して来ます。

「ゲソあるよ?天麩羅で喰う?」

いつも天汁か塩かを打診して来ますが、いつも塩です。

ただでさえ面倒を掛ける訳ですから、天汁などとは言えません。
天汁は温めなければいけませんし、無ければ出汁を取ってわざわざ作ろうとします。
天汁なら生姜や大根も卸さなければいけませんし、相当に面倒になります。

十分承知という事もありますが、揚げ立ては塩の方が旨いかもしれませんね!

いつもの様に世間話をしていると…。

女将「お店の中に私等の結婚式の写真あるかもよ~!」(爆)
掛「そんな大事な物、店にある訳ないじゃん?」(爆)

マジで探していました!(笑)

な、何と結婚式の写真が見付かりました(爆)

洋装です。女将19歳時!?(謎爆)

和装です。

画像を撮っていると、、、、

女将「ブログに載せないでよ!」
掛「載せられないのなら、撮る意味が無い!!!」(核爆)
女将「やぁだぁ~」(爆)
掛「もう遅い!駄目だとキャンセル料発生すっぞ~!」(爆)

因みに、現在に至るです(笑)

さて、ここまで紹介すると、私と「おかん」の結婚式の写真を
期待している人も10人くらいはいるかなと分析しますが、
今回は紹介せずに、7月の大会で私がしんがり負けした時に、
参加者のみに披露する事にしたいと思います(爆)

因みに、宇宙戦艦女将が19歳、「おかん」は21歳で嫁いで来ましたが、
何と宇宙戦艦女将と同じ歳に衣装を着けて撮影しているのです。

以前、こちらでも触れましたが、私は二回結婚披露宴をしていると書きました(謎笑)

もしかして、「おかん」は三回なのか?(謎爆)

下が「おかん」が19歳の時の写真です。私との写真は21歳になってからです。

まあ、そんな話はどちらでも良い事です(爆)

7月の大会でしんがり負けしたら、上の画像の謎もお話したいと思います(笑)

まあ、いくら遊びと言えども何事にも本気でやりますから、大会で
しんがり負けをする可能性はゼロに近いかもしれません(爆)

    • 羽後塾長、毎度です!

      歌っこ病中によくぞチェックされましたな?(爆)
      強烈な脱線話以外にもコメントくれる訳だすな!?(核爆)

  1. 掛神社長おばんでした。
    お通しから蛸、サクラマスの下足と来て
    まさかの展開。
    宇宙戦艦さんから火が付いたのですね?
    大将も女将も素敵ですねー!^ ^

    奥様齢(よわい)十九の頃の像は、
    楚々として良いですなー。
    この謎を解く為には、
    七月の大会負けられませんねー!
    また来週!

    • 週一さん、毎度です!

      しかし、なぜお店の物置にそんな大事な写真があったか分かりません(爆)
      私がその大会でしんがり負けはまず考えられませんよ!(確信爆)

  2. 羽後県(愛と勇気と) says:

    掛神社長
    こんばんは
    「やまと」さんと御荘の違いは、一部メニューの時価とすべて定価販売という点でしょうか.
     材料仕入れは需要と供給の関係で決まるのでどちらも難しいところがありそう.
     百万にひとつ、中華そば(時価)・・(爆
     先日出会ったマスは、端っこ部位を体育館のステージからジャンプする覚悟でお願いしました:

    • 羽後県さん、毎度です!

      本当に銀鱈は人気の魚になってしまいましたし、某テニスプレーヤーの一言も関係しているのかもしれないですね(笑)

      中華そば時価のお店を一軒知っています(爆)っうかお客さんによって価格が違うお店です(核爆)

      宇宙戦艦さんが仕入れたマスですから、今ひとつと言う代物ではまず無いと思います。
      3k近くの代物だったものか?

      美味しかっただろうと分析します。

      1人で行って、清水の舞台から飛び降りる覚悟のサクラマスでも食べてみたいですね(核爆)

コメントを残す