インスパイア

食べ物商売をしていて、食べ歩くことも大事な仕事の一つと
いつも言っていますが、食べて美味しかった物を結構復習
する事が多いのです。

私のブログをいつもご覧頂いている方にはすぐに分かると
思いますが、まずは豚バラの串焼きです。

かなりインスパイアできたつもりでいますが、少し辛いぞ(爆)
脂身少なめの三枚肉で作る事をお勧めします!

因みに付け合せには、案外とガリ(すし屋さんに置いてあるやつ)が合います。

そして、全く別の日につくねのネギ間とガッツをタレで食べました。
ガッツは豚の胃袋です。英語で胃袋はストマックですが、
内蔵が英語で「Gut 」です。Gutの複数形は「Guts」ですので
そこからの呼称だと思います。

ん?そんな事ははないぞう!orz

何度か継ぎ足しして、タレもまずまず旨くなって来ました。

正直、身体(健康)に問題が無ければ、焼き鳥ひでさんで思いっきり食べて飲みたいですが以前みたいに頻繁という訳にも行かなくなりました(苦笑)

3合や4合で帰って来るなら良いのですが、マスターの顔を見ると
そうもいきませんので(爆)

深酒は必至なので「ひでさん行き」はなるべく自重しています(苦笑)

奇しくも昨日はサンを含め、スタッフY-Y君、元のスタッフ等で
ひでさんで暴れてきたそうです(爆)

羨ましいです(苦笑)

さて、更に別の日ですが、ポークシチューです。
本当に美味しそうな器です(爆)

受けを狙って買った器も一度だけの使用なら、不経済です。
いつも使用していますよ(笑)

私も使用しますし、セカンドドーターも全く気にしません(爆)

既出かもしれませんが、二郎さんまではいかないですが、三郎さんくらいか?(笑)

ルーはハウスのハヤシルウ。

コツは、玉葱を炒めないで揚げる事です。それと、ハウスのみならず、
他社のメーカーのルウとブレンドすると、更に他にない複雑な
良い味になります。

作ってすぐに食べない事も旨く食べるコツです。
一晩は我慢です。後は角を取る為に「蜂蜜」をほんの微量
いれると更に美味しくなりますよ。

そして、餃子です。そんなに酔っていた訳でもないのですが、
呑みながらの蒸しでしたので油断しました(自爆)

何度も言っていますが、餃子は、あん(中の具)、皮、焼き方の3拍子が揃わないとNGな点心です。特に「あん」は重要です。

そして、ラー油は不可欠です。自家製ラー油は手前味噌ながら相当の出来です。
しかし、レシピは無いですし作り方を忘れました(爆)

私が旨いと思った「あん」の作り方をご紹介します。

まずは、白菜。白菜は苦味と水分が出るので、さっと茹でてから
軽く絞ります。旬でキャベツでも可。

「さっと」「軽く」を忘れずに!(笑)

ニラは微塵切りよりも、大雑把に切ります。
玉葱の微塵切り。ニンニク、生姜の微塵切り。

豚のひき肉は塩少々と味の素を入れて、泡が出るまで煉る。

これで下準備完了です。

上記、既出の野菜類と泡が出た挽肉を混ぜます。

ここで煉るように混ぜては行けません!軽く混ぜ合わせる様なイメージです。
混ぜ合わせる時にゴマ油を少々…。

皮と包み方も大事ですが、面倒なので割愛です(笑)

あとは蒸し焼きですが、蒸す時に「水」を入れるか熱湯を
入れるかでも出来が異なります。

私はスープで蒸します。豚骨スープでも良し、鶏ガラスープでも良し。

詳細はいつか暇があった時に書きたいと思います。

味好さんというか、焼き方が失敗したので味悪です(爆)

因みに、翌日の仕事の関係で、ニンニクがNGな方がいるご家庭では
全てニンニク抜きにして仕込んで下さい!

ニンニク抜きの餃子で物足りない人は、生ニンニクを齧りながら
食べても美味しく食べれます。

今日のラーメンは、時間があれば明日アップしたいと思います。

ではでは!


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/ishidsuka/sanze.jp/public_html/konpirasou/wp-content/themes/zacklive/library/underscores/template-tags.php on line 27
投稿

コメントを残す