義経伝説?

いやぁ~。久振りでしたよ。一昨日、大河ドラマ義経(第47、48話)を見ました。               (47話は先週)
中々忙しくて見れなかったんですが、是非とも北落ちの場面はということでかなり楽しみに、そして期待していたのですが肩透かしにあった感じです(;´д` )
安宅の関からいきなり平泉はどう考えてもないですよね。安宅から一切カットでは、逃亡の苦労そのものが、ダイレクトに全く伝わって来ないですよね”(ノ_・、)” 
ここ三瀬にも義経が逗留したいう伝承が残っていますし、由良坂(通称)と呼ばれている坂も「弁慶坂」とも云われており、途中に「弁慶清水の跡」もありますが全くでしたね(当たり前かw)o( _ _ )o
この辺は出ないにしても、弁慶、義経伝説を頑なに信じこんでいる最●町やその付近の市町村の方々は、かなり期待してTVにかじり付いていたことと思いますけど。そのあたりには、数多くの弁慶、義経伝説がありますからね。
やはりあくまで伝承であって史実ではないのですから仕方ありません。夢のある話、ロマンのある話もあってもいいですもん。
鼠●関の関所も、安宅のパクリでの伝承というのが否めませんσ(TεT;)ん~?もしかしたら、「義経記」たるものやはりただの物語なのか?太平洋側(福島県)を通り平泉に行ったものかな???
ややしらけた感があり、判官贔屓(義経びいき)を思うよりも、頼朝の大政治家になる過程を、かっこよく見えたへそ曲がりは私だけだったでしょうかね?
次回(最終回)を観れば、又、心が動くんでしょうけど…(’_’、)(;へ:)。悲劇のヒーロー「義経様」ですから…(@´_`@)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です