2017年6月23日 金曜日

杜の都滞在


それでは杜の都訪問の続きその子を希望されるコメントがありましたので、
何とか記事にしてみました。

初日、セカンドドーターが遅い帰アパートなら、近くのスーパーで買い物して、
何か料理を作ろうと思っていましたが、4時には解散で、
4時過ぎには帰アパートできると言うので再訪して来ましたよ!

杜の都管内の外れのスプリング管内、『にこにこ島』の『にこにこ仲間』
の一人に行って来ましたよ!(爆)

余りの人気でこれ以上お客様が殺到すると、逆にお店の迷惑になると
いけませんので店名は載せません。

ここをガン見の方はお分かりと思います。

全国津々浦々からお客様が訪れると言う超ウルトラ人気店です(凄;)
宇宙の王氏、世界のマー氏等も訪れているお店であります。

夜オープンは17時ですが、焼肉店なのにシャッター者が多くいると言うのです(大汗;)

前回訪問時も決して油断した訳では無いのですが、それこそセカンドドーターの
都合で営業時間中にお邪魔したのでした。

勿論激混みワロタwwwでありまして、同じ失敗は許されません。

必至、分かっていて同じ事を繰り返すのは、馬&鹿です(爆)

この日はガチンコシャッターをしようと、4時30分を目指して行きましたが、
流石は東北の超都会「杜の都」(汗;)

トラフィックのジャムがかなりでありましたorz

何とか4時40分に到着して、車内で猛練習。5分で三杯を一気呑み。

45分になると、茨城(つくば)だったか?千葉(習志野)ナンバーの
ワゴン車(家族連れ)がセカンドでやって来ました。

焼肉店に来ていたのですが、なぜかラーメン店に来たのと一瞬錯覚してしまい、
いきなり飛び降りて入口前にPP(爆)

するとすぐに超美人?(可愛い)スタッフが出て来て案内をしてくれました(驚;)

あまりの人気で前倒し開店しているお店だと気づきました(凄;)

やはり、ラーメン店以外でもシャッター長は嬉しいものです。

メニューです。

かなりリーズナブルだと私は思います。

杜の都のブン町で同じ肉質の物なら、1.5倍~2倍の価格はすると分析します。
更に華の都のど真ん中なら、それよりも高い価格設定になるのは当然でしょう。

ドリンク類は特に安いと思います。

いつ、どこの焼肉店に行っても「ミノ」は外せないメニューです。

ハラミです。

勿論、これらが私の大好きな部位でもあるのですが、普通は「カルビ」から
入るのが賢明かもしれません。

大昔なら寿司屋のギョク、そして居酒屋のお通しでしょう。

焼肉店は「並カルビ」を食べると、そこのお店の実力が概ねは判断できると分析します。

勿論価格、或いはタレの好みは人それぞれ違いますが、「並カルビ」が口に合わないとか
満足できる物が出て来なかったらば、他のメニューの過大期待はしてはいけないと言う事です。

前回満足度120%、再訪問だったので「カルビ」はオーダーせずに、
好きなメニューばかりをオーダーしました。

しかし、入店着席後に美人スタッフから、780円でいくらも出ない貴重な部位があるとお勧めされたので、リーズナブルでもあったので一人前だけオーダーする事にしました。

次に熟練と思しき男性スタッフ(もしかしたら経営者側)が、まだ4組しかいないのに
「いくらも出ない部位なので、今日はこれで終わりです」と置いていかれました(爆)

一口食べましたが、早い者勝ちの意味が分かりました。

旨いとかの次元を超えた逸品でした。そして、リーズナブルと来れば
尚更です。

シャッターする人達はこれ狙いもあるのかもしれません。
大井商店本店の極上「ハラミ」もそんな感じでしょう。

あの男性スタッフは、やはり違いますね!

私等は一見風に見られた訳であります。旨いかどうか分からないので、
まずは一人前をオーダーしました。

しかし、余りにも旨いので「もう一人前」と頼んだところで
無い訳です。

時間の無駄な訳です。一言断っておいたので、私も再オーダーする事は
当然ありません。

とにかく、知らないでオーダーしたお客さんのほとんどが、
再オーダーする確率が高かいのだと思います。

小さい事ですがファインプレーであると思いますよ。

さて、冷麺を「おかん」とセカンドドーターが分けて食べました。

スープも個性があり、非常に美味ですね!

私は〆のユッケジャンスープです(早爆)

滞在時間1時間。ワラワラとお客様が入って来て、外まで溢れます。
長居は無用(笑)

ウーロンハイがたったの4杯なのは、翌日車での移動があるから致し方ありません。

翌日に車を運転する時は、常識で深酒は禁物であります。

地元牛に拘る徹底ぶりです。

こちらの経営者は何代目か分かりませんが、先代から地元牛を使用しているのでしょう(爆)

セカンドドーターのところから近くなので、ついで感はありますが、
わざわざ行っても価値のあるお店ではある事は間違いありません。

素材は勿論なのですが、タレが半端じゃなく私の口に合います。

下がタレですが、見た感じでは分かりませんかね?

是非とお勧めはしたいのですが、あえてお勧めしません。

これ以上お客様増えると、それこそお店の迷惑になる懸念があります。

わざわざ行くのではなく、近くに行く用事があった時にどうぞ!くらいにとどめておきたいと思います(笑)

Yutenさんが行きそうで恐い(謎核爆)

そんな事でナムルはのっけにオーダーしたのは言うまでもありません。
ナムルと言えば「ゼンマイ」です(爆)

このゼンマイの味付けが最高に私の口に合いました。最強のゼンマイの味付けです。

ゼンマイと言えば脱線話の懸念がありますが、脱線というか関連記事を
続けます(爆)

さて、翌日は試合会場が換わる事は既出でしたね。

会場に行くまで車で約30分。そして30分の余裕を見て出発しました。
試合開始時間の1時間前に出発しました。

出発前に、既に到着したセカンドドーターから「おかん」にラインが入りました。

東北Uの会場には駐車場が無いので、インターナショナルセンターの駐車場を利用しろとのメッセ。

インターナショナルステーションはすぐに分かりましたが、
センターを探すのに10分も掛かり、漸く駐車場に納めたまでは良かったのですが、
体育館を探すのに20分も掛かりました(核掛自爆)

新宿駅構内よりも多少ましな程度(核爆)本当に狼狽しました。

試合は既に2Pに入っていましたorz

前半終了残り3秒、セカンドドーターがスリーポイントを狙います。
残り時間を把握して、シュートで終わるのはミニ~プロまで同じです。

な、何とまぐれと言うか奇跡と言うのか?

ノータッチのスパシューでありました(驚;)

しかし、私は少し不安になりました(爆)

準決勝くらいまで来るとスカウトが見ていると思います。

荘銀内定(嘘爆)しているセカンドドーターがライヤーズにスカウトされたらどうすれば良いのか?(超核爆)

もしセカンドドーターが山銀さんに就職すると言うのならば、親子の縁も切らないといけないものか?(超核爆)
会社を救ってくれた池田支店長の荘銀も裏切れない、
セカンドドーターの事だって当然裏切れない。

などと余計な心配も一瞬しましたが、セカンドドーターの実力ではそんな心配も要らないでしょう(核爆)

そんな事で最高の終わり方で前半終了。大体は勝ちパターン。
大体はね…orz

3Pで最初の得点をすれば、相手も諦め掛けるところではないでしょうか?

しかし、最初の得点は相手方(汗;)

その後、徐々に追い付かれて来たところで大エースがファイブファウルで
退場でありました(大汗;)

いやぁ~、これは痛いじょう!(爆)

セカンドドーターも4つのファウルorz

これは過去のジンクスによれば、特に準決勝は逆転負け、或いは準決勝以外で勝利しても
セカンドドーター退場のデータが100%なのです。
特に「おかん」が観戦に行った日、私が観戦に行った時は更に悪いことが起きます。
負傷退場とかorz

そのジンクスを打ち破れと祈る気持ちで観ていました。
3P終了で遠山の僅差まで追い付かれてしまいましたぞ(爆)
49点取るにも四苦八苦でした(爆)

とうとう、この日初めてのbehindですorz


ジンクス通り、オーマイガーorz

いやぁ~、晩酌の時間を遅らせても良いから、もう一試合(決勝戦)見たかったと言うのが正気なところです。

セカンドドーターの出ない試合は、晩酌を前倒し呑みながらでも良いと言われても観なくても良いです(核爆)

まさに痛恨の極み、誠に遺憾でありましたorz


二日間、観ていた感想ですが高校バスケとの違いで驚いたのは、
やはりスピードが違いましたね。
早いパスなど、私が受けたら突き指どころか突き腕しそうな恐ろしさでした(爆)

あとは茶髪と言うか金髪に近い様なプレーヤーもいましたよ(苦笑)
プロでは何人か見た事がありますが…。
蹴球の本田選手、野球は中田選手、既に引退しましたが、同じく野球の
中村選手もヘアーをゴールドカラーにしていた時がありますよね。

本田選手に関しては、私の評価は微妙ですが似合ってなくもないかな?
よく回りから聞くのは「ほんだ髪して…」ですね(爆)

中田選手に関しては当時、チームメイトと仲たがいしたんじゃなかったですか?(爆)
有投手に注意されたんでしたっけ?(笑)

中村選手は特に近鉄時代が私は好きでしたが、
悪乗りしただけじゃないですか?(爆)

まあ、上記三名はプロですからね!

それでもどちらかと言えば感心はしませんね!
クルクルパーマの香具師が良く言うよって?(山浩爆)

セカンドドーターのTGUは茶髪&金髪は勿論ですが、パーマネントウエーブ、
そして、カツラも「きん枝」だそうです(爆)

パーマネントウエーブに関してはどうなんでしょうか?

ストレートはOKで縮れはNGですか?

「サウザンドストーンや」さんの麺じゃないんだから!(爆)

大学にもなると、主体性に任せている指導者もいると思いますし、
勿論賛否はあると思いますが、私はセカンドドーターがお世話になっている
先生に賛成であります。

そんな事でありましたが、その日は余りの落胆であまり腹も減らず
家にお土産を少々という事でデパートに30分寄りました。

ラーメンも一ミリも食べる気になれませんでしたorz

「おかん」も全然腹減らずで、喉が渇いたと言うので
喫茶店に入りました。

昔懐かしいとの謳いでしたが、提供時間を考慮するとオーダー後に茹でていたのでしょう。

茹で立て、炒め和え立てと分析しました。

いやぁ~、これは中々旨いです!

しかし、全然懐かしく無いです!(笑)

もう少し旨くない方が私は好きです(爆)

茹で置きが基本です。のびた感じの麺が旨いのです。

茹で置き一晩であれば最高。最悪でも当日茹でて水洗いし、
冷蔵庫で少し寝せて欲しかったです。

昔懐かしいを謳うのであればですよ!

そして、もう少しケチャップを多くした方が良いですね!
あとは、ハムはもう一ランク下の物の方が懐かしいでしょうね!(爆)

かなり美味しかったですが、あまり腹も減らずフォークでちょうど良かったです。
生まれて初めて喉を詰まらせず食べたパスタ料理でありました。

帰りの2時間半、私と「おかん」二人とも無言でした(爆)

まあ、無言の帰宅よりはましです(核爆)

いやぁ~、たかが子供のスポーツの試合と思う人も多くいると思いますが、
相当に悔しいものですよ!

勝っていれば、月山道下りから、「おかん」と運転交代で猛練習。
そして、500%「なるみ」さんでしたが、爽なんか
呑む気になれないほどでした。

これでどれだけ悔しかったかお解りできると思います。

勝負事ですから、勝つか負けるかです。基本引き分けのあるスポーツは好きでは
ありません。

そして、惜敗などと言う言葉は要りません。惜敗でも大敗でも「負け」なのですから!
いやぁ~、今になってもまだ悔しいです(爆)

当の本人は既に忘れて、次の大会の事を考えていると思いますが(爆)

恐らくは、私は10月の準備にスイッチが入るまで悔しいと思います(爆)

前の投稿「« 」  次の投稿「 »」

Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/ishidsuka/sanze.jp/public_html/konpirasou/wp-content/themes/zacklive/library/underscores/template-tags.php on line 27
投稿6 Comments