ケータリング

エルディストドーターが勤務するエレメンタリースクールにケータリングで行って来ました。

ドーターが担任を持つ五年生のクラスの保護者からの打診が切っ掛けです。

親子行事で「琴平荘のラーメンは食べる事はできないのか?」が発端との事。

最初は材料だけの仕出しみたいな話が、徐々にエスカレートし、
ケータリングになってしまったのです(笑)

承諾した理由は、娘が可愛がっている児童等に是非とも食べさせたい。
そして、娘の担任になって良かったなと少しでも思ってくれればと言う事もありましたが、一番は私が親子行事をしてみたかったからです(爆)

いやぁ~、娘が5年生の時は平成12年。土or日の親子行事に参加できる筈も無い。「おかん」も数えるくらいしか顔をだせなかったくらいです。

「おかん」の実家の「大おかん」にいつも代理でお願いしていましたからね。

私53歳、娘28歳で親子行事(爆)

っうか、今だから言えますが、子供が勤務する職場にどのように働いているのか見にいける職業と見にいけない職業がありますよね?

娘の仕事は見に行く事は基本できませんから、どんな風に先生をしているのかも興味があったのも確かです(笑)

いやぁ~、ちゃんとやっているものですね(爆)

私は親だからかもしれませんが、教師に成り立ての頃、子供が子供に勉強教えたり教育できるの?って思っていました(爆)

さて、これまで挙げた画は、娘のクラスの五年生の児童が書いてくれたものです。

マジ上手でびっくりです。

私は今になってもこれだけの画は描く事ができませんよorz

1班~5班に分かれて調理をして貰う段取りです。

1班~4班は、勿論ラーメン。5班もラーメンで委員会?(爆)

児童等に一ミリも通じませんでしたが、保護者の一部には多少通じました(爆)

この日は140g。10玉程余分にありましたが、替え玉をした児童が数人もいました(驚;)

五年生で280g食べるのですね(凄;)

この箱の中を見て驚きでした(謎爆)

保護者が購入して、児童の代表から手渡しされた事を
断っておきます(笑)


いやぁ~、本当に嬉しかったです。

今年は色々な事情が重なり、酒調のラーメン講座の講師は首になりました(謎爆)

その代わりでは勿論無いのですが、とても有難いと感激しました。

事ほど左様に箱の形、重さで即座に確信しました。

開けて当然正解!(爆)

手渡された瞬間に嬉しくなり、結びの挨拶では…。

途中一部分「もし、娘が悪い事をして首になるか!?或いは、保護者の皆様が急変してモンスターにならない限りは、持ち上がりで6年1組の担任を持たせて貰う確率が高いと思います。その時は、来年も是非呼んで下さい!平日限定、更に20食限定の味噌味の中華そばを作りますから!」と冗談を含んでの挨拶をしました(爆)

講師時代は、学校に行くのが「おもやみ」みたいな事を言っていた事もありましたが、担任を持ってからは人間が変わりましたね。

責任感なのかな?

何よりも担任する児童等が可愛くて仕方がない、学校に行くのが楽しみになっていると言います。

年間で、職員室シャッター長を何度も取ったらしいですよ(爆)

順調に行けば、卒業式も体育館に入場シャッター長になるのですよ!(爆)

新採も一小だけにシャッター長で新聞に記載(爆)

シャッター長の娘は、やはりシャッター長が似合うか!?(核爆)


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/ishidsuka/sanze.jp/public_html/konpirasou/wp-content/themes/zacklive/library/underscores/template-tags.php on line 27
投稿4件のコメント