盛岡&北上紀行

この日は半年前からのお約束、羽後県で塾を経営する『徒然人』さんと
遥々陸中管内を目指すのでありました。

元国鉄三瀬駅から始発に乗り、本荘駅9時ジャスト乙の予定でおりましたが、
前日までの豪雨により、港町―新屋間が始発運休を出発前、山新で知り狼狽でしたorz

昨年も別の時期に本荘駅9時ジャストの待ち合わせをしていましたが、
台風7号の影響で村上―港町駅までは多少の遅れで到着しましたが、その先はにわかの運休で代行バス移動した経緯があります。

待ち合わせ人「徒然人」さんは、私の事を逆持っている男と呼びますが、
もしかしたら、お天道様が私と「徒然人」さんを会わせたくない!
今年の再会もさせたくなかったのかもしれません(核爆)

同じ事が二度続くのは普通ではありません!

しかし、約束でありますし、昨年は不可抗力とは言っても時間に
遅れている訳です。

約束を破る事、時間厳守できないのは最低です。

大ちゃんではありませんが、行くと決めたら一歩も退くな!(爆)

自力で運転して直で本荘駅を目指しました。

以前は2時間掛かっていた道程も、全て高速道路を利用すると、1時間45分で行ける様になりました。

徒然人号に乗り換えをして、予定時刻よりも15分程早く、本荘を出発をする事ができました。

これも全て私の執念の賜物と自負しているところであります(核爆)

と言うのは冗談で、徒然人号はねむの花駅でも港町駅まででも迎えに来ると言ってくれていたのです!(感謝)

しかし、全て遠慮し自力で行ったのは最重要な理由があったからです(爆)

全て夜の酒飲み時間からの逆算でありまして、お昼を遅れて取るのが嫌だった!
ただそれだけの事ですが、これは私にとっては最重要な事なのです(マジ爆)

朝、自宅を出発してから、1ccのトイレ休憩もせずに目的地に車を走らす
「徒然人」(爆)

休憩しますか?飲み物は?の打診は一ナノメートルもありませんでした(核爆)

勿論、私がそれが肝心だと分かっていたからでしょう!

2時間30分、ノンストップで走り到着したのが盛岡イオン。

三ジャで駄目なの?駄目なんですよ!(笑)

そして、いきなり昼食です。朝飯も食べずにいきなりですよ!

そうです!

この日のお昼はここで食べる為に執念を燃やしていたのです(爆)

その理由とは、yuten氏の食レポを頂いていたからです。
講釈文は半日掛かりで書いたと思われるほどの詳しい説明内容(核爆)

同じく、徒然人さんもyuten氏のごり押しで心が動いたのでありましょう(爆)
本来は夜の居酒屋メインで、お昼は外内島「ラーメン」の予定であったのですが、
1か月前にお昼の予定だけ変更と相成ったのでありました(爆)

私はyuten氏の全くのお勧め通り、ヒレ300gをオーダーしました。

目の前で切ってくれます。

316gとほぼ完璧な切り方でありました。

掛「お兄さん、やるのぉ~!大したものだ!」と褒めます。
スタッフ「有難う御座います!」と、してやったりの表情でした。

徒然人さんもヒレ300gとか沢山食べたいのなら400gとかオーダーすれば良いのに
「俺はサーロインだす!」と私とはわざと違う部位をオーダーしていました。

他と違う物を食べたい典型か?(爆)

味噌そばを細麺、塩中華そばを太麺で食べても美味しくなんかないんだってば!(核学自爆)

サーロイン400gをオーダーします。

掛「おっと、お兄さん、それはちょいと厚過ぎるんじゃ…」
お兄さん「………」(ゴルゴ13爆)

私が最後まで言い終わらない内に切ってしまいました(爆)

何と重さは450g超(核爆)

「脂のところ少し落としますね?」

脂の多い部位を食べたくて頼んだ徒然人さんは絶句杜甫(爆)

最近大人しくなった徒然人さんは何も言わずにガン見していました(核爆)

本来であれば「あーた?お前だよ!そこのあーた!俺の好きな脂落としてどうすんだよ?どうせ捨てるんだろうからそのままで400gの値段で出せよ!」と言ったに違いありません(超核爆)

この日はこのくらい近い事は心で思っていたかもしれませんね(爆)
切り落とした部分が、やや馬場こういちであったに違いありません!(爆)

まあ、現物が出てくれば徒然人さんも機嫌が直ります(爆)

私のヒレです。

本当に懐かしいです。

ステーキ&ご飯は、高校の時に自宅では何度か食べた事はありますが、
お店で食べたのは、中学時代に山王プラザで食べて以来の事です。

38年は軽く過ぎています。ステーキにご飯は本当に美味しいものと改めて認識した次第です(爆)

本来は爽を呑みながら、呑む物と考えていました(爆)
何か素面で落ち着かなく違和感が大有でしたが良い体験をさせて貰いました。

Yutenさんの分析はコンプリートでありました。

何も情報が無かったら、200gのヒレをオーダーしたでしょう!
っうか最初から盛岡まで行きませんし北上でやめておきましたよ(核爆)

恐らく200gをオーダーしたとしたら、撃沈に近いと思いますよ!
調理場で焼き上げられてからも、激熱の鉄板に乗って来ます。

席までの移動、そこからもどんどん火が通って行きます。

300g以下は、はっきり言ってNG商品になる懸念が大と分析します。

食べるなら300g以上のレアーです。っうかyutenさんお勧めの400g、
或いは500gのレアーを頼んで二人で分けて食べるのは最強かもしれませんね!

もしも三ジャに来ても微妙かもしれませんが、紅葉イオンなら成り立って行くかもしれないと分析して来ました。

できれば、三ジャに出店して貰い、爽しながら500gレアーで「おかん」と
分けて食べてみたい気持ちはあります。

さて、ここから即座に北上へと移動。今回のプチ研修旅行最大の目的のお店に向かいます。

まずは当然の事ながら練習です。盛オンで買った鏡月と100円のウーロン茶(安爆)

「そろそろ良いでしょう!」などと言われなくてもやりますよ!(爆)
良いでしょうと言われてからだと、4時45分近くになっていると分析します。
静まる前に呑まなくてはいけません(爆)

しかし、今度は武田徹夜さんが役らしいですが、一ナノメートルも興味が湧きません。
っうか徳川光圀様は東野氏には敵いませんよ!

再放送を何回見ても良いので、個人的には東野氏に限るです。
最初の印象が余程強かったのがあるのでしょうね!

さて、一時間程練習をして、目的の居酒屋まで向かいます。

こちらのお昼はとんでもない事になっている居酒屋なのだそうですよ(大汗;)

お昼の刺身定食に行列が出来ると言います(仰天;)

この日の夜は5時30分開店の6時満席ではありましたが、9割以上が予約のお客様だそうです(大汗;)予約以外は1席だけ空いていただけだったそうです(凄;)

この日はこちらが目玉と言うか出血大サービスです。

まあ、血が出ますから赤字覚悟と言うのはやや理解はできますが、
他で言う見る出血は赤字になっていないのがほとんどです。
商売ですから当たり前と言えば当たり前。

しかし、こちらのこの企画は出血どころか、逆さまにされても鼻血がでない程の企画だと思いますよ(爆)

愛想の良いスタッフに「最初はビールをお持ちしましょうか?」と
言われ、呑みたくないビールをオーダーします(爆)

へそ曲がりの徒然人さんはハイボールでした(爆)

おつまみは、徒然人さんが三か月前から予約をしてくれていたオクトパスです。

吸盤が最高でありました。

このハッスルスタッフの愛想の良い事にはびっくりしました。

名前は松浦さんだったか?いや違うな?その子はマタリキ店のハッスルスタッフの名前だったよな?(爆)

確かラブチャソだったか?藍チャソと言う字だったらごめんなさい!(笑)

徒然人さんは、普通は呑み放題では絶対に呑めない物ばかりオーダーしていました(爆)

ガソリン代、宿泊費4500円程掛けても当てがあると事前に豪語して私を誘ったのであったのですからね!(爆)

このレベルのジャパンを女性スタッフのお酌付きなのですよ!
徒然人さんの損得の計算の緻密さはさすがの一言(核爆)

さて、そんな私はこの時ばかりと、ノドグロも食べる事のできない身分ではありますが、
吉次(キンキ)の唐揚げをオーダーです!

な、何と600円乙ですよ(激安爆)

小振りですが最高に美味でありました。

一尾は塩振りで、一尾はポン酢で頂きました。

ブラボーでした!

松浦さん、もとい、ラブチャソがレモンサワーを運んで来ると「もう一つ!」とやるものですから、一気に三杯を作って来てくれました(核爆)

結局は1Lジョッキで呑むことになりました。そこからは直接ジャンボジョッキに
作ってくれる大サービスをしてくれます。
しかし、いつもの調子で酔えないのです(苦笑)

まあ、普段徒然人さんと呑む時はふざけた話でしか呑まないのですが、
この日は真面目な話になりました!

話の内容は割愛しますが、私は結局「信じる心」と言う重要アイテムを彼に渡しました(謎爆)

彼がいつどこでどのように使うかは分かりませんが、きっと役立ててくれる事と
思います(爆)

最後は徒然人さんが「ハマグリの酒蒸し」とオーダーしてくれたメニューで〆でありました。
いくら出血と言ってもこのハマグリの大きさ、個数から分析しても
限度を遥かに超えていると一瞬思いました。

出汁、貝の表面を分析、調査すると「ハマグリ」ではない事が即座に分かりました。

徒然人さんからわざわざ連れて来て貰った事は非常に感謝するのは当然ですが、
一応指摘しなければいけません!

しかし徒然人さんは、これは「本美之主貝」ですよ!と全てをお見通しであったのです!(驚;)

慌ててメニューを見直すと「白ハマグリ」と書いてあった事に気付きます(超核掛自爆)

本美之主貝(通称白ハマグリ)はハマグリの半分値~三分の一近い価格の貝ですが、
味は中々美味しい出汁も出ますし美味しい身でもあるのです。

ハマグリに比べて身は硬いと言えば硬いですが、歯応えがあるのは事実です。

因みに、ムール貝と地元産「ムラサキイガイ」を比較したら、
ムラサキイガイの方が歯応えはあり、ムール貝の身は軟らかいのです。

どちらが旨いか?野暮な話しでありますね(苦笑)

地元のムラサキイガイを家族で腹一杯食べられるご家庭は、地元でも何軒も無い事だけは断言しておきます。それだけ貴重になった貝なのであります。

徒然人さんは主婦同然で、スーパー等買い物をしてすべての商品等をガン見している様ですね!価格にも非常に敏感で感服でした。

ここの白ハマグリの価格と量を考えればかなり良心的ですよ。

一度、こちらのお店とは違いますが「ハマグリ」とメニューにありオーダーして、本美之主貝が提供された事がありました。

価格はハマグリ並に高かったです。これはいけませんよね!

「大浅利」とかで本美之主貝が提供されたなら、まだ許される次元ではありますが、
高級素材「ハマグリ」と謳って別の貝を提供は言語道断です。

そんな詐欺に近い様なお店の話はどうでも良いのですが、本当に素晴らしい
お店に案内いただき最高に嬉しく、更には勉強にもなりました。

翌日は徒然人さんが再度長距離の運転になる為に、9時30分には最後のオーダーをして、10時にはホテルへと戻りました。

翌日の車の運転が無かったら、間違いなく二次会で転倒画像もあったと
思いますが、やはり、マイルールは厳しいのであります。

本当に意義ある2日間を過ごさせて貰いました。

徒然人さん、本当に有難う御座いました。

また来年、機会がありましたらナビ宜しくお願いします(完結爆)

さて、明日から商談&見学の為、出張です。

暫くこちらの更新はお休みです。帰宅後もお盆で多少は忙しいと分析しています。

その子は機会があったら書くかもしれませんが分かりません。
一応完結としておきます(核爆)

何か明日は、この日の様に予定通りに進まない懸念を感じます。

超大事な商談&見学であります。あとは祈るだけです!


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/ishidsuka/sanze.jp/public_html/konpirasou/wp-content/themes/zacklive/library/underscores/template-tags.php on line 27
投稿8件のコメント