極旨ラーメン

長瀬さんにシャッターしました。

ここも油断のならないお店ですので注意をしながら、
時間の把握が必要のお店です。

『どうやらシャッター長の様だ!』も分かるが、『シャツター長当たり前!』
も捨て難い(爆)

メニューです。

メニューを見るたびに「にごり」かな?と心が動きそうになります。

「にごり」ファンが多くいるのも当然ながら承知しています。

大先輩のブルードラゴン氏のアドバイスも承知の上だ馬の助です(爆)

ブルードラゴン氏は信頼のできる方です。

しかし、万が一があるかもしれません。

やはり、短くなって来た人生失敗はしたくありません。

汗水流して稼いだお金、二度とないその日のお昼。

相当に迷いましたが、デフォで行くことにしました。

やはり、間違いの無い物が一番です。
さて、自家製麺に切り替え暫く経った様です。

これは相当加水を増やした感じです。45%は入っているんじゃないでしょうか?

前回よりもより私の好みの麺になっていました。

相当に良い仕事をしていると分析できます。

私の好み度から言えば、ほぼ満点の麺です。文句の付けようが無いのは言うまでも無いのですが、何か絶対に文句を付けろと言われるならば、もう一割程2等粉を入れればかな?(爆)
或いは粉の配合はこのままで、もう一晩寝かせるかで私にとって好きな100点の麺になるのかな?と言った感じでした。

そして、メンマの食感がかなり変わっていました。

歯応えのあるメンマ。恐らく、乾燥メンマに替えたと分析します。

私が開業をした当時は安かった。30kで3万円程度。
今は約三倍です。乾燥メンマはそれこそ手間暇掛かります。

手間暇掛ければ、いくらかはコスト減にはなりますが、やはり
個性を出した容がベターと私は考えています。

麺も同じです。製麺所から取り寄せれば憶測ですが一玉60円~80円くらいなのかな?

自家製すれば、一玉20円前後で出来ます。

ただ、コスト減の為に自家製麺と言う考え方は宜しくありません!

個性を出す為。自ら手間暇掛けて作ったスープとマッチする麺を作る為に
自家製麺すると言う考え方じゃないといけません!

コスト減は後からついて来るものなのです!

講釈が前後しますし、既出ではありますがこちらが自家製麺を初めて間もない麺を私はいただいています。

店主の五十嵐さんにはそんな気持ちは一ミリもなかったと信じてはいますし、今だから言えますがあたかも自家製麺に
切り替えたらコスト減になると言われて作った麺の様に感じたのです。

それでも、この日の麺は個性あるどこでも食べた事の無い、そして、
スープとのバランスも過去最高にマッチした麺だと頷き、そして、唸りながら
頂きました。

本当に素晴らしいです!

さて、三枚肉巻きチャーシューも最高に良い仕事しています!
これは親方の長瀬氏時代から変わってはいません。

勿論、KKです!

来るたびに旨くなっていると私は思います。

とにかく、真剣に取り組んでいる様が伝わって来るのです。

手間暇掛けての仕込み、段取りをすれば自ずと調理にも集中する筈です。
自ら手間暇掛けて、最後にいい加減な仕事は誰もしません。

片手間の仕込みをしている自体で、調理にも集中力は欠けてくるのではないかと分析します。

今はお客さんのほとんどがラーメンフリークと言っても過言ではないと思います。片手間の仕込みでは誤魔化せなくなって来ているのでしょう!

片手間で一時期は誤魔化せても、必ず飽きられて長続き
しません。

比喩表現が支離滅裂ですが、こちらの店主「五十嵐さん」は、
警察に捕まる懸念じゃなく、より安全性でのシートベルトを締めて運転している様な人だと思います。

まあ、何れにしてもこちらのラーメンは相当に私の好みである事は
間違いないと言う内容でありました。

ご覧の皆さんも是非ご来店していただければと思います。

できればシャッター長、そうでなくともシャッターして下さい!
そして、私の好みは「硬め」ですよ!

いやぁ~、マジ激鬼旨(しつこい爆)


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/ishidsuka/sanze.jp/public_html/konpirasou/wp-content/themes/zacklive/library/underscores/template-tags.php on line 27
投稿4件のコメント