過信は禁物

昨日の夕方、弁慶坂を凄いスピードで私の車を追い越して行った車がいた。
ナンバーを見るとS幌ナンバーであった。S幌というかH海道の人は運転が旨いと言われているが、果たしてどうなのだろうか?
やはり、いつも雪道を走り慣れているのだから、上手になることは考えられる。しかし、上手なのと飛ばすのは、違うんではないかと思う。
ここ最近は暖冬の影響で、雪道を走ることが少なくなったが、今年は嫌と言うほど雪道を走らされているので、雪道を走るのが慣れた感じはするが、上手になったという認識はまるで無い。先だっても、板金業の知り合いと、たまたま、某コンビニで立ち話をしたが、この冬は毎日事故車両でいっぱいだそうだ。
事故車のほとんどが、四輪駆動車であることと、驚いた事にタイヤが、スタッドレスタイヤの新品車だそうだ。
タイヤが古ければ、危険だと思い飛ばさない…四駆じゃないので慎重に運転する。まずは、事故を起こすドライバーの「過信」であることに気付いた。
これは良い事を聞いたと思い、ジープに乗っても普通車のつもりで運転する事にしている。そして、タイヤも新しいが、かなりすり減ったタイヤをイメージして運転している。
よくよく天気が悪い日は、夏タイヤを履いたつもりで運転してみてはどうだろうか?きっと事故など起こす事はあるまい。
因みに、タイヤの新品よりも少し走行してからのタイヤの方が効きますので覚えてることにこしたことはないですよ!皆さんも、無事故でこの冬を越してください!


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/ishidsuka/sanze.jp/public_html/konpirasou/wp-content/themes/zacklive/library/underscores/template-tags.php on line 27
投稿コメントする