卵酒の効果は如何に?

一昨日(金曜)に薬が切れたが、夜の宴会はある。昨日は日帰りのお客様があって行きたくてもお医者さんに行けず。今日は、もちろん日曜でお休みですから。
全て承知で、なんとか実力で治そうと色々考えました。まずは卵酒です。風邪を引いたら卵酒というのはあまりにも知られていますよね。
私がしたのは、天下の爽K龍25度を180cc鍋に入れ、更に水を180ccを鍋に入れ鶏卵2個も入れ火をかける。軽くかき混ぜながら、トローリ半熟状態になるまで待つ。少量の砂糖を入れ完成。
これが金曜の夜に飲んだ作り方。で昨日が更に進化…w
同じく鍋に同量の焼酎と水を入れ加熱。大き目のグラスに5個分の卵白のみを入れ、それを注ぎ完成!
卵黄はどうしたって?次の日のお客様の天ぷらに使いますよ。なぜかって、やはりコレステロールが高めなので気になり、知り合いのお医者さん(内科ではない)に聞いたところ、卵黄は栄養になり体力を回復する作用があり、驚いた事に、卵白には風邪の菌を弱らせる効果の成分があるとかないとか言っていました。
じゃあ、迷わず卵白のみということになりますよね。食欲は凄くあり何でも食べれますから、栄養に関しては問題無いのでコレの高い卵黄をわざわざ混ぜる必要はありませんね。
で、これは間違いなく効くだろうと、Another Glass!Σ( ̄口 ̄;;2杯目を飲み終えた頃には、少し酔ってきたようでした。
知り合いの先生(医者)に教えたら、爆笑されていました。それ以上飲むのなら、飲まないより悪いとか言っていましたし、寝る前に一杯がベストなのではないかと言う事でありましたが、そんな事くらいはわかっているんですよ!
わかっているんだけど、旨かったんで自分に負けて飲んだんですwww
でも、それでほぼ完治したような気がしますが、正しく卵酒のお陰のような気がするのですが…。いえ、お医者さんから頂いた薬で半分治り、後の半分は卵酒が治してくれたのだと思うのが妥当でしょうし無難な考え方ではないでしょうかね。


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/ishidsuka/sanze.jp/public_html/konpirasou/wp-content/themes/zacklive/library/underscores/template-tags.php on line 27
投稿コメントする