『コネクト』さん

インターハイ中の記事であります。

マリカ駐車場一階にあります、「コネクト」さんにシャッターしました!

お盆中、或いは土日祭日になれば行列必至、後ろに並ばれると完全アウトの為、
狙って平日のこの日に来たのであります。

お昼にはいませんが、夜営業の三組の虎店主「まっちゃん」が
お昼の限定塩つけ麺を大絶賛していたのを顔本で見て、それを食べに来たと言うのが
正直のところであります。

券売機にフィールドマウス英世氏を入れ、一応、一組の虎さんに打診します。

すると、まっちゃんが大絶賛していた「塩つけ麺」は浸け汁もコールドと言います。

即座に、普通の「塩つけ麺」のところを押します。熱い塩ラーメンは馬鹿旨だったのは
既出ですよね?

さて、塩つけ麺にしたのは、これはマイルールなので仕方ありません。

冷たい(スープ)+冷たい(麺)のパターンは、日本蕎麦以外はお金を支払っては食べないルールなのであります。

理由は損した気分と言うよりも、あくまでも大昔から昔に掛けての話でありまして、
これまで失敗続きで後悔してきたタイガー&ホースなのかもしれません。

過去最高に酷かった例は、「ざる中華」なるメニューで、価格は忘れましたが、
デフォメニューよりも100円増。麺は水道水で洗っただけの常温麺、しかも、浸けダレは既製品と思しきタレを水で薄めたと分析する代物だった事です。

間違いなく、こちらのお店はそんな事が無いのは五百も承知ですが、
マイルールに決められてしまったので、鬼頑固な小生は容易にそれを覆す事ができないのであります。

そんな事ではありますが、着丼された塩つけ麺であります。
こちらのデフォ塩は開店当時にいただいていますが、鬼旨であった事は
既出の筈です。つけ麺はどんな感じでしょうかね?

まずは麺からです!

つけ麺は麺からなのです!

何も浸けずに麺からです!

かなりの腰です。多加水熟成麺でありましょう!

加水は最低でも45%は入っていると分析します。

切れ刃はどうなのか?

12番、平打ちか?
茹で時間も5分~6分くらいは掛かっているのではないでしょうかね?

相当に美味しい麺ですよ!

そして、つけダレです。

ここで麺を一口で啜れない程入れる人をよく見掛けますがNGですよ(苦笑)

日本蕎麦屋でも同じ事ですが、タレを最初に確認しておかないといけません。
どのくらいの麺を浸けるか?これはもう感覚以外にありません。

KKです!完食&完飲の意味合いではなく、この度は感激&感動のKKでありました。
無化調は本当に難しいですし、原価も掛かります。

この価格でこの仕上げなのですからさすがであります。

更には、この日よりも少し以前になりますが、夜営業にもお邪魔していました。

ここではマイルールを破ってしまいます。

〆のラーメンは食べないルールなのですが、この日はどうにもなりませんでした。

店主「まっちゃん」渾身の一杯かな?(笑)

まあ、一番の自負は豚骨ラーメンなのでしょうが、私の好みは清湯スープの中華そば。

そんな事で、夜の「中華そば」を頂いたのでありました。

これが半端では無い次元の旨さでありました。
マジでこれは旨かったです。

この日、誰と何をしていたんだっけ?(爆)

確か二か月程前の話だったと思います。

記憶は曖昧ですが、極上の中華そばを〆でいただき、真っすぐ帰宅したことだけは
確かみたいです(笑)

駅前で呑んだ〆には是非こちらの中華そばをお勧めします。


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/ishidsuka/sanze.jp/public_html/konpirasou/wp-content/themes/zacklive/library/underscores/template-tags.php on line 27
投稿コメントする