『キズナ英さん』&『新店情報』

この日は時間に多少余裕があり、菜の花管内へ行く気が一ミリ程
ありましいたが。まゆ毛ブリッジ前の関所を通り抜ける事ができませんでした(爆)

5分後、10分後のシャッター長になれる保証が無いのに
突き進むよりは、間違いの無いお店で100%シャッター長の方が100倍賢いに決まっています(笑)

「サウザンドストーンや」さんではワンタンメン(ス)以外は
一ナノメートルも興味はないですし、キズナの英さんでも「つけ麺」以外は
一ナノメートルも興味はなかったのです。

しかし、朝ラーの煮干し中華を食べたら、断言ができなくなってしまいました(爆)
つけ麺と共に双璧メニューであります(笑)

それでもお昼営業は「つけ麺」で鉄板でありますよ!

この日も打ち立てを強調します。

「今、切れ刃を通って来たばかりです!」

30分前に打った麺であれば、「今日は自分が製麺した麺です!」とか
自ら打った事を強調します(爆)

まあ、30分前でも1時間前でも当日麺ですから「打ち立て」で誤りではありません!食べても違いは分かりませんし、
お弟子さんも凄腕の持ち主なので
どちらが打った麺でも最高に美味しいと思います(笑)

七味ではなく、レッドペッパーで辛いのでそんなに多くは掛けられません。

日本蕎麦も同じですが、タレに直接入れるよりも麺に直接掛けた方が
美味しく頂けますよ!

そして、割りスープに焼き石です。
これは熱さが完全復活します!

焼け石に水は駄目ですが、焼け石にスープは意味があり最高です(爆)

この日も間違いの無い美味しさで大満足。
チャーシューが以前よりも更に美味しくなっていましたよ!

誤って切ったのか?或いはスライサーの設定をずらしたか?(爆)
やや厚切りに感じましたが、柔らかくなったにも関わらず
肉の旨みを残した調理で完璧チャーシューでした(凄;)

さて、そんな事ではありましたが、英さんのお弟子さんのお店が開店に向けて
急ピッチで進められている様です。

前回訪問時には、試作ができたら試食を是非と言われておりまして、
ついにその時が来たのでありました。

親方の英さんと一緒にお邪魔しました。

関係者以外立ち入り禁止でありますので、一応、私はしゃがんで入店して行きました(核爆)

マウンテンマウス店主です。

丼も以前「つばくろ」時代の成澤さんが使用していたものを
利用するみたいです。

感心ですね。いくら居抜きと言えども、こちらのお店は数百万円は掛かったと分析します。不可欠な事は仕方ありませんが、丼はまだまだ十分使える訳です。

新調は儲かってからでも遅くは無いです。それは自分の好きな形の丼もあるでしょうし、
店名を入れたいとか色々の思いはあるのは誰でも同じです。

そこを我慢した事は立派な判断だと感服ですね。

メインメニューは2種『魚介中華そば』&『中華そば』

まずは『魚介中華そば』です!

スープを注いでいる時から、鯖か秋刀魚か???みたいな
風味がして来ました。

イワシの煮干しの香りで無い事は確信していました。

まずはスープを一口!

いきなり気まくりましたぞ!( ̄Д ̄;)

素晴らしい味です!もとい、アジです(爆)

「山口さん、アジだの?イワシは一匹も入れでいねの?」と打診すると、
「はい、さすがですねぇ~」と持ち上げてくるマウンテンマウス店主(爆)

魚介でも色々混ぜられたら当然ながら全く分かりませんが、単体、或いはその素材がメインで入っていれば何出汁かは私にだって分かりますよ!(笑)

余りの衝撃に麺上げ画像を撮るのを失念orz

親方の英さんから「ブロガー失格じゃないですか?」と弄られます(爆)

麺はやや多加水よりの16番くらい?の助さん、もとい、格さん、もとい角さんの縮れでありました(爆)

さて、チャーシューは?

三枚肉とモモの二種類です。

文句の付けようが無い出来ですね!試食段階でこんなパァーフェクトな出来で委員会?(爆)

マウンテンマウス店主は、モモの硬さの懸念をしていましたが、
私は昔ながらのこのタイプのモモチャーシューが大好きなのです。

低温調理されたモモチャーシューも嫌いでは無いですが、
どちらかと言えば、昔風の炊き方のチャーシューが好きです。

そして、二杯目の「中華そば」です。

これが英さん修行前の親方、G麺7さんのオーナーである「オレゴン島」もとい、
「オリゴ糖」もとい、「俺後藤」氏のセカンド店で修業した経験を生かした
「中華そば」で絶対的な自信作と言います(爆)

麺は?

一作目よりは微妙に太く見えますので、前作が16番であるのなら14番とかでしょうか?

角さんではなく丸ちゃんです!

加水は低加水とかではない気がしますが、中加水くらいだと分析します。

魚介中華そばの麺よりは、かなり加水が少なく感じます。

ネギ、ナルトの切り方まで変えている拘りです。

スープは魚出汁がゼロ。動物系のみのスープと言います。

こちらも最高に素晴らしい出来上がりです。

どちらに軍配団扇を上げれば良いかは非常に難しいですが、
へそ曲がりの小生なので、店主自信の「中華そば」じゃなく、
「魚介中華そば」に一応のところ軍配団扇を上げて置くことにします(爆)

商売って面白いというか皮肉なところもあり、自信メニューよりもそうでない方が
売れる事ってよくある話なのです。

まあ、結果オーライであればよい訳ですから、どちらもかなり受け入れられる
期待もありますし、「魚介中華そば」の方が受け入れられる可能性も有りとしておきますね!(笑)

他にもう一種類の醤油ラーメン、そして「つけ麺」、或いは白湯などの引き出しがあると
言いますが、最初は激混みワロタwww必至なので、最初から封印になるでしょうね(笑)

これは凄いお店がオープンしますよ!

水澤ケミストリーまでは行列にはならないでしょうが、水沢オートモービルファクトリーの前くらいまでは行列になると分析します。

並ぶ方はコスモのSSの営業に支障が出ませんように是非とも配慮をお願いしたいところです。

特に8月11日~15日あたりが非常に心配です。

鶴岡警察署上郷駐在所のお廻りさんには、事前に報告しておいた方が賢明かもしれません(爆)

開店日は21日(金)の予定だそうです。

嫌がらせのシャッター長防止をしてやろうかと企んでいましたが、
その日は三瀬海水浴場海開きの神事と直会があり無理の様です。

当初の予定の19日(水)なら嫌がらせシャッター長をしてやろうとかマジで考えていましたよ(爆)

まあ、順当ならあの人がシャッター長でしょう(謎爆)

シャッター長予想をすると、それこそ思わぬ伏兵が嫌がらせシャッター長をしに来る懸念がありますので止めておきますね(爆)

本当に楽しみです。ご覧の皆さんも、事ほど左様に激混みワロタwwwに
なるかもしれませんが是非足を運んでみて下さい!

親方の英さんと一緒に私にまで試食の案内をいただき本当に嬉しく思いました。

↓ こちらの記事も読まれています。


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/ishidsuka/sanze.jp/public_html/konpirasou/wp-content/themes/zacklive/library/underscores/template-tags.php on line 27
投稿
  1. 週一 のコメント:

    掛神社長
    こんばんは。
    今日は、
    英さんでしたか!

    私は、今日味好さんでした。

    新店情報ですが、
    たまたまこの前を通りがかってしまい(嘘爆)

    激写してしまった事は、内緒です。

    実は、英さんのツィートから見に言っちゃいました。
    社長もガッツリ写ってましたからねー^_^

    美味しそうですねー!
    また宜しくお願いします!^_^

    • kakke のコメント:

      週一さん、毎度です!

      私も最近伊藤商店さんに行きましたよ。

      莫大な画像を整理して、何とか色々と更新しては行きたいですが
      激忙過ぎで困っていますよorz

      冬まで掛かっても詳細全てをご紹介するのは無理かもしれないです。

      夏の出来事を秋には駄目でしょ?(爆)

  2. 余目人 のコメント:

    掛神社長さん、ご無沙汰しております!

    新店情報キャッチしていましたが、いまだに店名がなんて読むのかわかりません…(爆)

    しかしながらOPEN時はある程度メニューを絞っての営業と思われますが、社長さんのレポからしてどちらを頂くか今からソワソワしてしまいます(笑)

    それにしても現在の鶴岡市のラーメン事情は新店がマジか?と思うほど出店し、県内屈指の盛り上がりを見せているようで凄いですね!この勢いに乗って今後県外からも沢山のお客さんが足を運んでくれることを願いたいものですね♪

    • kakke のコメント:

      余目さん、毎度です!

      いつも読み逃げだと思っていましたが、珍しくコメント頂きましたね?(爆)

      店名は普通に鶴岡の郵便番号ですよ!

      食券を二枚買えば良いだけです。一杯目が着丼したら、二枚目を渡すタイミングでしょうか?(笑)
      400gくらい余目さんなら楽勝でしょう!!!

      城下町管内は、いつのまにか大激戦区になっていますね!

      酒田のラーメンも昔からの人気です。酒田飽海、鶴岡田川と庄内全体で盛り上がれれば最高だと
      思います。

コメントを残す