焼き鳥

この日は「おかん」と焼き鳥を食べに、こちらのお店に向かいましたが
シャッターはできませんでしたorz

まずは小手調べでタンを塩で!

焼肉店にいたのと錯覚した訳ではないのですが、ついつい癖で
「タン塩を塩で!」とオーダーしてしまった事は内緒です(核掛自爆)

いきなりKOされました。

焼き方がパーフェクト。切り方、刺し方も素晴らしい。

大体が儲けを強くする為、薄く切り、しかも焼き過ぎのところが
多い中、私にとっては完璧なタンでありました。

まあ、他の人よりは濃い味好みなのでさっと塩を振って頂きましたよ。

ブラボーですな!

この様に真剣勝負してくれるとこちらもやる気が出て来ます。

勿論、次はタレの調査で定番のダルムをオーダーです。

引き続きKOされました(旨)

私の好きなタレです。

とにかく甘辛いタレが好みです。砂糖の甘さがきついと嫌がる人も
いますが、私は甘いのが大好きです。

ドストライクです!

余りにもタレが旨いので、続いては鉄砲をオーダーします。

こちらも良い仕事していますねぇ~。完璧です(旨過)

調子に乗っても日本酒は頼みませんよ!徳利…じゃなく…(爆)

続いて鶏皮です。

これは仰天です。

焼き鳥を刺して焼いた事がある人なら仰天ですよ!

この大きさなら、生の状態でどれだけ大きかったか?

鶏皮は盗まれた様に縮みます。

これも儲からないネタの代表格かな?(苦笑)

余りの美味しさに5本ずつ頼みたいくらいでしたが、風邪引きと
間違われるといけません(爆)

こちらのお店は奇数のオーダーができるものなのか?

メニューはアメリカ、中国なるものは無く全て日本(爆)

二本で240円と書いてあったと思います。

二本以上ならOKと言う事かもしれませんね!

三本OK、一本NGなのかもしれません。

五本も間違われるかもしれませんが、一本ずつのオーダーされても
バスケのフリースロー時の応援と間違われるかもしれませんね(爆)

タレにどはまり、「つくね」です。

きちんと串に刺しています。

箸とか棒に付くねでは、箸にも棒にも掛かりませんよ(爆)

いやぁ~、マジで旨いです!

その後は再度タンを塩でオーダーしたりと、「おかん」と二人で
36本も食べましたよ(嘘爆)串36(9の段爆)

私の大好物の鶏肉です。
もう、何が出て来ても旨いってば!(爆)

そして、タコ刺しです。

まあ、これを食べたから受験に合格する訳ではありませんからね!(オクトパス爆)

〆の麦切りだってありますよ!

マジで、ずぼらではできない仕事ですよ!
もとい、ずぼらでないとできない仕事ですね(爆)

これは店主の熟練の技です。

とにかく、仕事が完璧なのに加えて早いのに驚きです。

完璧だけど遅いとか、早いけど雑と言うのはどこに行ってあることかも
しれません。

早い、安い、旨い!寿司もそうですが、焼き鳥にしてもカウンター、
できれば店主の正面に座るのが一番旨い食べ方だなと改めて痛感した日でした!

ガチお勧め焼き鳥店ですよ!

↓ こちらの記事も読まれています。


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/ishidsuka/sanze.jp/public_html/konpirasou/wp-content/themes/zacklive/library/underscores/template-tags.php on line 27
投稿
  1. おだづ のコメント:

    こんばんはございます。
    レベルの高い焼鳥焼㌧屋が最寄にあって
    裏山な限りですがししょー!!
    前から気になってましたが・・・
    ダルムて何すか?!
    モツ??

  2. kakke のコメント:

    おだつさん、毎度!暫くで御座います!!!

    いやぁ~、県外ではあまり焼き鳥は食べませんが、地元は旨い焼き鳥屋さんが
    多くありました。ほとんどが廃業してしまって悲しい限りです。

    ここはマジ相当レベル高いですよ!

    ダルムは医学用語で腸の意です!自ずとドイツ語なのですが、医者の焼き鳥通が言い始めたかは
    分かりません(笑)

    焼き鳥屋では「白」とも言いますね!

    モツ、これはモツの煮込みには、大腸&小腸部位が一般的だと思います。

    あとは胃袋は「ガッツ」鉄砲は直腸で、こちらのお店では腸元だったと記憶しています。

    まあ、含めてホルモンとも言いますね!

    ダルムは、私も昔からの屋台焼き鳥屋で覚えた呼称です!

  3. 週一 のコメント:

    掛神社長
    お疲れ様です!
    串36本は、腹一杯です^ ^
    麦切りが入らなかったと思いますが
    それでも入ると言うならば
    相当美味しかったのでしょうね!^ ^
    ダルムと言うドイツ語を知ったのもこのblogからですが
    づぼらと言う店名は、
    お客様に気軽に美味しいものを食べて頂き
    ゆったりとしてほしいと思ったのかな?
    などと勝手に分析してみたりします。

    • kakke のコメント:

      週一さん、毎度です!

      相当のレベルの焼き鳥でした(なまら旨し)

      まあ、飲食店の店名が『律儀』とか『几帳面』だったら入り難いですよね?(爆)

      「ずぼら」だと入り易いですよね?それでも「ずぼら」な部分は一ミリもありませんよ!

週一 にコメントする コメントをキャンセル