2017年6月12日 月曜日

O清水

この日も温海管内へ車を走らせました。
「おかん」も一緒でガチンコでは無いにしても、あわよくばQ太さんではありましたが、
既に三台駐車(汗;)

マスモトさんか?矢口さんに戻るか?迷いましたが、定休日が同じこちらの蕎麦を
頂く事に決めました。

特にシャッターに拘るお店ではありませんが、結果11時少し前でシャッター長であります。

私は膝も腰も悪いので、椅子は本当に楽で有難いです。
私のところでも新調できればと安易に考えましたが、小さい子供連れの家族のご利用が多いので椅子はNGでしょうね。

私のところの事情を考えると、半分だけ椅子席にする訳にも行きませんしねorz

そね&天婦羅をオーダーします。

熱いのもありますが、蕎麦の熱いのは一ミリも興味がありません。
逆にうどんは熱いのが好きで、冷やしには一ミリも興味がありません(笑)

「天汁」と「つけ汁」は微妙に違います。

味醂or砂糖が一ミリ程、天汁の方が多いか?

価格からしても車は使用できないでしょうが、大正くらいは使用していると分析します。
蕎麦店に入店すると、天婦羅は勿論食べたいのですが、大体が茄子付きなので
「おかん」と一緒の時以外、天婦羅はオーダーしません。

「おかん」が海老一、茄子、南瓜担当、私は海老一、オクラ、シメジ、ささぎ担当しました。

そして、程なくソネが運ばれて来ました。

唐辛子は直接掛けて食べた方が旨いと思います。

ワサビも本ワサビなら、蕎麦に直接付けて食べた方が旨いですが、
粉ワサビなら、汁に入れて溶いた方が旨いと思います。

「おかん」と二人でちょうど良い量です。

天婦羅抜きで、一人でソネだとちょっと多いです。

蕎麦は満腹少し手前で終えるのが一番です。

蕎麦湯のタイミングも絶妙です。

ほとんどのお店で、蕎麦を完食しても提供されない事がほとんどです。
いくら段取りと言えども、蕎麦と一緒に持って来るところは感心しません。

私の蕎麦喰いの経験値は極わずかですが、これまで食べた蕎麦店では
ナンバーワンの蕎麦です。


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/ishidsuka/sanze.jp/public_html/konpirasou/wp-content/themes/zacklive/library/underscores/template-tags.php on line 27
投稿
  1. 羽後県(愛と勇気と) says:

    掛神様
    こんばんは
    こちらのお店も、小生と相棒のドンピシャ好みです.
     そばの打ち方(加水量)を考えますと、洗い〆てすぐ
     よい水の「ビシャビシャ」感がたまりません.
     私もそばっ喰いは短いですが:

  2. 掛神社長おばんでしたー!
    大清水さん店の前を何度か通ったりもしますが(徒歩も含む)
    そのうち食べます!
    美味そうですよ。
    天麩羅は、茄子が無くては大茄子ですね!
    と言う方もいるかもですが
    今回のblog、
    駄洒落が一つもないじゃ無いですか!(@_@)
    流石でしたー!
    明日も一ナノメートルもダジャレのないblogを期待しております!(嘘爆)
    では、またの更新を楽しみにしております!(つてここのところほぼ毎日ですかね?)

コメントを残す